メインメニューを開く

ラディッツ

ドラゴンボールの登場人物

ラディッツは、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』に登場する架空のキャラクター。

ラディッツ
Raditz
ドラゴンボールのキャラクター
登場(最初) 其之百九十五「謎の異星人戦士」
ドラゴンボールZ・第1話「ミニ悟空はおぼっちゃま! ボク悟飯です」
ドラゴンボール改・第1話「闘いの幕開け!帰ってきたぞ孫悟空」
作者 鳥山明
声優 千葉繁
プロフィール
種類 サイヤ人
親戚 バーダック(父)
ギネ(母)
カカロット(孫悟空)(弟)
孫悟飯(甥)
孫悟天(甥)
チチ(義妹、弟の妻)
テンプレートを表示

キャラクター概要編集

宇宙最強の戦闘民族サイヤ人の戦士であり、孫悟空の実兄。実の甥である孫悟飯を人質に取って地球人100人を殺すよう要求したり、自身が窮地に陥ると命乞いや騙し討ちを試みるなど、冷酷にして卑劣な性格の持ち主。一方でできることなら身内は殺したくないと悟飯に告げており、彼なりに同族に対する仲間意識や気遣いを見せている。M字型の生え際と、膝あたりまで伸びている細かく尖った長髪が特徴。エイジ737年の惑星ベジータ消滅の際は、他の星を侵略していたため命拾いし、ベジータナッパ、カカロット(孫悟空)とともに数少ないサイヤ人の生き残りとなった。しかし実力では二人より劣ることから見下されている。

名前の由来はハツカダイコン英語読みであるラディッシュ[1]

ストーリーへの絡み編集

ベジータ、ナッパとともに高値で売れそうな惑星を攻めることになったが[注 1]、苦戦が予想された。そこで悟空の存在を思い出し、地球へ赴く。悟空に仲間に加わるよう要求するが、拒否されたため戦いとなる。しかしラディッツは軽く悟空を打ち倒すと悟飯を人質に取り、「明日までに地球人100人の死体を用意しろ」と告げて立ち去る[注 2]

その後、悟空、ピッコロという呉越同舟の状態で組まれた当時の地球最強コンビと戦うことになるが、ラディッツは悟空とピッコロの2人がかりでも全く相手にならないほどの圧倒的な強さを見せつけた。

ピッコロが新たに習得した技・魔貫光殺砲を紙一重で避け、反撃に転じようとするが、その瞬間にサイヤ人の弱点である尻尾を悟空に掴まれて力を失う。しかし、言葉巧みな命乞いで悟空を騙して尻尾から手を離させると、悟空を殴り飛ばして痛めつける。そのとき、父の危機に激しい怒りを見せた悟飯が、怒りに任せて強烈な頭突きをラディッツに喰らわせた。これにより、ラディッツは大ダメージを受けて戦闘力が大幅に低下、悟飯を殺そうとしたところで悟空に羽交い絞めにされ、ピッコロが再び発動した魔貫光殺砲によって、悟空もろとも腹部を貫かれた。その後、2人にベジータとナッパ(自分よりも遥かに強い2人のサイヤ人と表現していた)が1年後にやってくることを告白し、嘲り笑いながらもピッコロに止めを刺された。原作ではそれ以後は登場していない。死ぬ間際にドラゴンボールでベジータとナッパに生き返らせてもらえることを望んでおり、ナッパもベジータに対し「ドラゴンボールを集めたらラディッツを生き返らせるのか?」と問うたが、当のベジータからは「役に立たん奴はいらん」という理由で却下し見放された。

その後はあの世で大暴れするも閻魔大王に取り押さえられ、地獄に送られたことが語られた。ナメック星編においては死の淵から戦闘力を上げた悟飯を見てサイヤ人と勘繰ったフリーザが「ラディッツの子か。面影がある」と名前を上げている。

アニメではベジータの回想シーンに登場したり、人造人間編での悟飯とセルとの会話で悟飯の口からラディッツの名前が出ている。

戦闘力編集

息子・悟飯を助けるためとはいえ、本来フェアな勝負を好む悟空がライバルのピッコロと手を組んで2人がかりで奇襲を仕掛けるといった手段を選ばざるを得ず、さらには「今度ばかりはワクワクしない、恐ろしくてガタガタくる」と、強い相手との戦いを何よりも楽しむはずの悟空に弱音を吐かせる程の圧倒的な実力差を誇っていた。

後に明かされた戦闘力は1500[2][3][4]。『ドラゴンボールマンチョコ超[5]ラディッツのシール裏面の説明では「成人となり地球赴き悟空&ピッコロを圧倒した戦闘力は1600」[6]。『ドラゴンボール大全集 7巻』では「一人前のサイヤ人の実力としては最低レベルで、ラディッツは最下級戦士の生まれで、さらには強敵との戦闘経験が不足している」と解説されている[3]。『最強ジャンプ2018年1月号』付録冊子のQ&Aで鳥山明は「サイヤ人は生まれてすぐに測定された戦闘力数値が基準より高ければ上級戦士と見なされるが、ラディッツは上級戦士だったため正規の戦闘員としてナッパのいるグループに配属され子供の頃から闘っている」と答えている[7]。ナッパとベジータはそれぞれ4000、18000とラディッツを遥かに凌いでおり、生き残ったサイヤ人4人の中では、弱点である尻尾を唯一鍛えておらず、ナッパから「よわむしラディッツのバカ」と呼ばれるなど馬鹿にされていた[8]。ラディッツの戦死を聞いたベジータが「情けないヤツ」と発言していることから、仲間からの評価は比較的低い。

ゲームでのラディッツ編集

ゲームでの初登場はファミリーコンピュータ用RPGソフト『ドラゴンボール3 悟空伝』。エンディングでボタンを押すことによって対戦できる隠しキャラクターとなっている。『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』ではゲーム序盤のボスとして登場する。スーパーファミコン用ゲームソフト『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では、原作に準ずる登場のみならず、ピッコロの界王星での実戦修行の相手としてナッパと一緒に現れ戦うことになる。その際、界王が「こいつらを閻魔から借りるのは苦労した」と語っている。戦闘力は変わらず、ナッパは4000でラディッツは1500。

ゲームボーイ用ソフト『ドラゴンボールZ 悟空飛翔伝』ではラディッツの戦闘力1200。

スーパーファミコン用ソフト『ドラゴンボールZ 超悟空伝 -覚醒編-』では2周目以降のスペシャルエンドに、「もし悟空がラディッツの尻尾を握ったままだったら」というifストーリーが存在する。原作で言及されたようにラディッツは自ら尻尾を切り離し悟空から逃れ、悟空は魔貫光殺砲の誤射により死亡、ピッコロが意図的に悟空を殺したと勘違いした悟飯の頭突きによりピッコロも敗北してしまい、それを見たラディッツは悟飯の高い潜在能力に目を付け、サイヤ人として育て上げることを決意する。数年後、ラディッツに育てられた悟飯が笑いながら都を焼き払うというバッドエンディングとなる。

格闘ゲームでの初登場はPlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ』。ラディッツに魔貫光殺砲を命中させるミニゲームが存在する。

PlayStationおよびWiiの『ドラゴンボールZ Sparking!NEO』では悟空の界王星での修業における最終テストの相手として登場。未だに弟である悟空を見下していたが、結局倒される。また、「運命の兄弟編」と題した、ラディッツを主人公としたifストーリーも収録されている。ピッコロとの戦いで記憶を失ったラディッツが悟空らと仲良くなる内容で、成長した悟空の姿を見て「お、親父!」「ば、バーダック…?」などと驚いている。とくに悟飯と親しくなり、記憶を取り戻して悟空たちの敵に回ったあとも悟飯にだけは本音を曝け出している。なお、記憶を失う原因は不良品の栽培マンを掴まされて自爆を食らったため。以降のシリーズでは栽培マンに嘗めた目で見られている。ナッパやベジータと闘わせると、その際に「いつまでも俺をナメていると後悔するぞ!」と言い放つ。

『ドラゴンボールZ Sparking!NEO』および『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR』ではゲームオリジナルの大猿となったラディッツが登場する。

ドラゴンボールZ バーストリミット』ではゲーム上悟空を援護した際や、仙豆を与えた際など悟空に好意的な発言をするが、悟空からは邪険に扱われる。

ニンテンドーDSソフト『ドラゴンボールZ 遥かなる悟空伝説』では地獄から抜け出し、蛇姫のもとにいたり、占いババの宮殿にて悟飯と再戦するストーリーが展開され、悟飯から「お前が来なければ、お父さんが死ななかった」と怒りをぶつけられる場面もある。

ニンテンドーDSソフト『ドラゴンボール改 サイヤ人来襲』では原作通り悟空と戦い、さらに死亡した後地獄に落ちたラディッツと2回再戦するイベントがある。1回目の戦闘力は1800、2回目は3000。地獄に落ちたラディッツはまったく反省しておらず、円生樹の実や元気の結晶を手に入れて、閻魔大王を超える力を身につけ地獄の王者になろうとしている。

ドラゴンボール タッグバーサス』ではバーダックが主役のifストーリーに登場する。自分より先に地球に来襲したバーダックが孫(悟飯)可愛さに地球側についたことに怒り悟飯を誘拐しバーダックと戦うが、返り討ちにされてしまう。

ドラゴンボールフュージョンズ』ではラディッツとターレスがメタモリングを使ったEXフュージョンにより誕生した合体戦士「タッツ」が登場している。下級戦士同士の合体のため相性が良い[9]。また、ラディッツとナッパのEXフュージョンにより誕生した合体戦士「ラッパ」も登場する。漫画『ドラゴンボールフュージョンズ the MANGA!!』ではラディッツとナッパのフュージョンにより誕生した合体戦士「ナッツ」が登場しており、ゲーム版にも登場している。ゲームではラディッツの技であるダブルサンデーを使用している。

ドラゴンボール ゼノバース』では歴史改変の影響により邪悪な気を宿し、より強力になった状態で登場。本来なら倒されるはずだったが悟空の羽交い絞めを振り解き脱出。悟飯の体当たりも避け、攻撃直後で無防備だったピッコロを気功波で倒している。後に主人公(プレイヤー)が現れたことで改変され、倒された。また同ゲームでは「悟空がラディッツに協力していたら」というif展開があり、その際は「分かり合えると思っていたぞ弟よ!」と悟空を歓迎している。なお、この時の悟空は主人公たちを「地球を狙う悪党」と認識しておりクリリンから「悟空がおかしくなった」と困惑されている。このゲームでパンと戦わせるとラディッツは「奇妙な感覚」を覚え、パンからは不思議がられている。

スーパードラゴンボールヒーローズ』、スマホアプリドラゴンボールZ ドッカンバトル』などでは超サイヤ人3のラディッツが登場した。

ラディッツの主な技編集

原作では技に名前は付いていない。ゲームによっては、技名には原作での台詞に準ずるものもある。ディンプス製作のゲームでは、下記のサタデークラッシュやダブルサンデーのように、月日に関する単語が入っている[10]

エネルギー波[11] / サタデークラッシュ[12] / プレゼントしてやる![13]
片手で放つ電撃のように迸る形状の気功波。悟空が上空から放ったかめはめ波を受け止めた後に、「今度は俺がプレゼントしてやる」の言葉の後に放ち、命中した悟空を墜落させた。
両手から衝撃波[14] / ダブル気功波[15] / ダブルエネルギー波[11] / ダブルサンデー[12] / フルパワーエネルギー波[16] / 愚か者には死あるのみだ![17]
両腕から2発の気功波を放つ。上空で下から向かってくる悟空とピッコロを迎撃するために使用した。悟空は間一髪避けたが、ピッコロは左腕を失い、それぞれの流れ弾が山々を破壊した。
強力エネルギー波[11] / くたばれ![13]
片手で放つ渾身の気功波。ピッコロの魔貫光殺砲を避けたものの右肩に傷を負わされたことに怒り、ピッコロに向けて放とうとしたが、悟空に尻尾を掴まれてしまい不発に終わった。
オレは一流の戦士だ![13]
相手の正面から突っ込んで、一瞬で背後を取って重い一撃を決める。悟空とピッコロとの戦い冒頭で、2人の背後を取り背中に同時に肘鉄を浴びせた。
後ろ![17]
両手を広げて大の字になって前に倒れ、空中で背後の敵に蹴りを浴びせる。悟空とピッコロの同時攻撃をしのぐ最中に、背後に回り込んだ2人を「後ろ!」の言葉と共に迎撃した。

その他編集

惑星ベジータの消滅については、「巨大隕石の衝突によって爆発した」と信じており、フリーザによって消滅させられたという真相は知らなかったようである。ただし、アニメでは死後に『Z』104話におけるベジータの回想シーンの中でわずかに登場し、惑星ベジータがフリーザに破壊されたという噂に驚いている。自分の父・バーダックが、そのフリーザにただ1人立ち向かって死んだことは知らなかったようである。悟空に対して「俺たちの父も母も巨大隕石の衝突によって死亡した」と語っている。

バーダックが主人公のTVスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』においても、登場せず名前も呼ばれていない。アニメオリジナルの話では過去の悪役が再登場しているが、彼は出ていない。

劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』のメインビジュアルでは地獄からよみがえる悪役たちの中に紛れている。

ドラゴンボールGT』では、二人の17号の共鳴反応により、あの世とこの世が接合したことで地獄からよみがえり、悟空が見ていたテレビに人造人間19号やかつての悪人たちと飛んでいる姿が映っていた。その後、地獄に送り返されている(閻魔宮にて行列に並んでいる)。ベジータやナッパを含むサイヤ人来襲時に、共に死んだ悟空を生き返らせた時のマイナスエネルギーによって邪悪龍の一体・五星龍が誕生したとされているが、劇中でラディッツの存在に触れられることはなかった。

ドラゴンボール超』第76話では、クリリンの記憶が生み出した過去の強敵たちの幻影の一人として、悟空とクリリンの前に立ちはだかった。

銀河パトロール ジャコ』のオマケ漫画『DRAGON BALL- 放たれた運命の子』では幼い頃の姿が登場。戦闘員としてベジータと組んでいる。王子のベジータとは「キミ」と対等の口調で話している。父親であるバーダックはラディッツがベジータ王子と組まされたと聞いて渋い顔で「やっかいなやつと組まされたな…」と彼を案じている様子を見せた。

劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』では上記の『DRAGON BALL-』に準拠した設定で登場。ベジータと組み、ナッパたち数名のサイヤ人と星を攻めている最中に惑星ベジータの消滅を知る。下級戦士と判定され、家庭用の育児カプセルで育てられていたカカロットを「みっともない」と評し、彼がポッドで地球に送られたことを思い出してもそっけない態度を取っていた。悟空がブロリーとの戦いの中で過去を回想した際、悟空と共にピッコロの魔貫光殺砲に貫かれるシーンが描かれた。

ナメック星編の時期に行われた鳥山明の漫画全般を対象にしたキャラクター人気投票では第20位にランク入りしている[18]

家系図編集

バーダック
 
ギネ
 
孫悟飯
(育ての親)
 
牛魔王
 
ミスター・サタン
 
ミゲル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラディッツ
 
 
 
孫悟空(カカロット)
 
チチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孫悟飯
 
 
孫悟天
 
 
 
ビーデル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代不明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孫悟空Jr.
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アニメ『ドラゴンボールZ』では、その前にフリーザの命令でベジータ、ナッパとともに惑星シャーツを3日で滅ぼしている。
  2. ^ 悟空たちに会う前に、ピッコロとも会っており、ひと悶着を起こしていた。

出典編集

  1. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  2. ^ 後藤広喜編「創刊21周年記念奇蹟イベント2 究極戦士大集合!!カード」『週刊少年ジャンプ 1989年31号』集英社、平成元年7月17日、雑誌29933-7/17、6-8頁。
  3. ^ a b 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、117-118頁。
  4. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL SECRET FILE 週刊少年ジャンプ なつかしの特集ページ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、52頁。
  5. ^ ビックリマンと『ドラゴンボール』が夢のコラボ!!「ドラゴンボールマンチョコ」ついに発売!”. 2018年10月23日閲覧。
  6. ^ 『ドラゴンボールマンチョコ超』 ロッテ、2018年10月23日、ラディッツのシールNo「超-08」裏面より
  7. ^ 「鳥山明先生に聞いてみた! SS Q&A」最強ジャンプ2018年1月号ふろく『ドラゴンボールS サイヤ人超最強COMICS』集英社、2017年12月1日、116頁。
  8. ^ 鳥山明「其之二百十四 ベジータのゲーム」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月15日、ISBN 4-08-851615-X、138頁。
  9. ^ ゲーム『ドラゴンボールフュージョンズ』 タッツのプロフィールより。
  10. ^ 「エキサイティングイヤー」「シャイニングフライデー」「ウィークエンド」など。
  11. ^ a b c ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
  12. ^ a b PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ』シリーズ
  13. ^ a b c PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR
  14. ^ 渡辺彰則編「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その7 サイヤ人編」『ドラゴンボール大全集 2巻』210頁。
  15. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』133頁。
  16. ^ PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  17. ^ a b PlayStation 3Xbox 360ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト
  18. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「わくわくBIRD LAND キャラクター人気投票-おもしろ番外編!!」『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、108頁。