地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

ラディニアン: Ladinian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。約2億4200万年前から約2億3700万年前にあたる、中期三畳紀後期である。前の期は中期三畳紀前期のアニシアン、続く期は後期三畳紀の最初の期カーニアン[1]。名称は南アルプスドロミーティ地方に暮らした民族ラディナー英語版に由来し、模式地はイタリアにある[2]

ラディン期とも呼ばれる[3]。ラディンやラディニアンという表記もあるが、「階」とは時代を示すものではなく地層に対して当てられる単位(層序名)であり、層序名「 - 階」と地質時代名「 - 期」は対を成す関係である。詳しくは「累代」を参照のこと。

層序学的定義編集

ラディニアンの基底はアンモナイトの種 Eoprotrachyceras curionii あるいはコノドントの種 Budurovignathus praehungaricus が層序記録に初めて出現する場所であると定義されている。基底の国際標準模式層断面及び地点(GSSP)は北部イタリアブレシア県バゴリーノカッファロ川英語版川底露頭である[4]

日本において編集

北海道蝦夷層群ナイ沢層では石灰岩から後期ラディニアン - 前期カーニアンのコノドント化石が報告されている[5]

熊本県神瀬帯に分布する神瀬層群の大瀬累層と告累層はラディニアン - カーニアンにあたるサンゴ化石が産出するほか、Tardogondolella abneptisEnantiognathus ziegleri および Ozarkodina tortilis といったコノドント化石からもラディニアン - カーニアンに相当することが支持されている[6]

出典編集

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年3月20日閲覧。
  2. ^ 地質調査総合センター研究資料集 No.486 地質図─地質用語(TS図案:2008)”. 地質調査総合センター. p. 13. 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ 鈴木寿志「地質年代区分2012」『日本地質学会第120年学術大会講演要旨(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_629
  4. ^ Brack, P; Rieber, H; Nicora, A; Mundil, R (2005). “The Global boundary Stratotype Section and Point (GSSP) of the Ladinian Stage (Middle Triassic) at Bagolino (Southern Alps, Northern Italy) and its implications for the Triassic time scale”. Episodes 28 (4): 233–244. 
  5. ^ 蟹江康光、竹谷陽二郎、酒井彰、宮田雄一郎「北海道浦河地方における蝦夷層群直下の下部白亜系」『地質学雑誌』第87巻第8号、日本地質学会、1981年8月15日、 527-5633頁、 doi:10.5575/geosoc.87.527
  6. ^ 小池敏夫、渡辺耕造、猪郷久治「日本産三畳紀コノドントによる新知見」『地質学雑誌』第76巻第5号、日本地質学会、1970年5月25日、 267-269頁、 doi:10.5575/geosoc.76.267