メインメニューを開く

ラデスアラビア語: رادس‎、Radès)はチュニジアベンナラス県にある港湾都市。同国の首都・チュニスの南東9キロメートルに位置し、チュニスの郊外を形成するほか、チュニス港の入り口付近はラデスに所在する。

ラデス
Radès
—  コミューン  —
ラデス港
ラデス Radèsの位置(チュニジア内)
ラデス Radès
ラデス
Radès
チュニジアにおける位置
座標: 北緯36度46分 東経10度17分 / 北緯36.767度 東経10.283度 / 36.767; 10.283
チュニジアの旗 チュニジア
ベンナラス県
標高 164ft (50m)
人口 (2007)
 - 計 75,893人
等時帯 CET (UTC+1)
郵便番号 2040
民族 アラブ人
宗教 イスラム教

概要編集

ラデス市内はRadès Medina、Radès Méliane、Rades Forêt、Chouchet Radès、El Malleha、Noubou、The Olympic cityから形成され、Farhat Hached高校が所在する。

チュニス湖の対岸にあるラグレットとの間には、日本の海外経済協力基金(OECF)からの貸付と政府開発援助(ODA)により、ラデス・ラグレット橋が建設された[1][2]。また、チュニジア最大の発電所であるラデス発電所には、丸紅が3割の出資を行っている[3]

スポーツ編集

市内にあるスタッド・オリンピック・ドゥ・ラデは65,000人収容の競技場で、サッカーチュニジア代表試合で使用する。同競技場は2002年アフリカ陸上競技選手権大会の会場としても利用された。

サッカー選手のヤシン・シハウィFCチューリッヒ)は、ラデス出身である。

脚注編集