ラトビアの大統領

ラトビアの大統領(ラトビアのだいとうりょう、ラトビア語: Latvijas Valsts prezidents)は、ラトビア共和国元首たる大統領である。

 ラトビア共和国
大統領
Latvijas Valsts prezidents
Flag of the President of Latvia.svg
大統領旗
Egils Levits.jpg
現職者:
エギルス・レヴィッツ
(第10代)
就任日: 2019年7月8日
官邸 リーガ城
任期 4年(3選禁止)
職務代行者
初代 Jānis Čakste
創設 1922年11月14日
テンプレートを表示

概要編集

ラトビア共和国軍最高司令官である。大統領官邸はリーガ城

主として儀礼上の役職であり、行政権は政府が行使する。議会によって選出され、任期は4年(1997年以前は3年)。選出された大統領は首相を任命する。大統領が不在の場合はラトビア議会議長がその責務を負う。例えば、ラトビアがソビエト連邦から独立を回復した直後は、Anatolijs Gorbunovsが臨時大統領となった。

大統領の一覧編集

大統領 所属政党 在任期間 備考
0- ヤーニス・チャクステ英語版   民主中央党 - 1918年12月17日
- 1922年11月14日
3年 + 332日 暫定元首(憲法議会議長)
01 1 1922年11月14日
- 1927年3月14日
4年 + 120日 在任中に死去
0- パウルス・カルニンシュ英語版   ラトビア社会民主労働党 1927年3月14日
- 1927年8月4日
143日 大統領代行(サエイマ議長)
02 グスタウス・ゼムガルス英語版   民主中央党 2 1927年8月4日
- 1930年9月4日
3年 + 31日
03 アルベルツ・クヴィエスィス英語版   ラトビア農民連合 3 1930年9月4日
- 1934年5月16日
6年 + 61日
03 無所属 1934年5月16日
- 1936年11月4日
04 カールリス・ウルマニス   無所属 4 1936年11月4日
- 1940年7月21日
3年 + 260日
- 不在
ラトビア・ソビエト社会主義共和国
1940年7月21日
- 1993年7月8日
05 グンティス・ウルマニス英語版   ラトビア農民連合 5 1993年7月8日
- 1996年7月8日
6年 + 0日
6 1996年7月8日
- 1999年7月8日
06 ヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ   無所属 7 1999年7月8日
- 2003年7月8日
8年 + 0日
8 2003年7月8日
- 2007年7月8日
07 ヴァルディス・ザトレルス   無所属 9 2007年7月8日
- 2011年7月8日
4年 + 0日
08 アンドリス・ベールジンシュ   緑と農民連合 10 2011年7月8日
- 2015年7月8日
4年 + 0日
09 ライモンツ・ヴェーヨニス   ラトビア緑の党 11 2015年7月8日
- 2019年7月8日
4年 + 0日
10 エギルス・レヴィッツ   無所属 12 2019年7月8日
- (現職)
2年 + 23日