ラハティ交響楽団フィンランド語: Sinfonia Lahti)は、フィンランドラハティ市・シベリウスホールに本拠を置くオーケストラである。

ラハティ交響楽団
Sinfonia Lahti
本拠地のシベリウス・ホール
基本情報
出身地  フィンランド
パイヤト=ハメ県 ラハティ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1910年 -
メンバー 首席指揮者
ダリア・スタセヴスカ

歴史

編集

1910年に設立。1949年にラハティ市の管轄に入る。

1988年に首席指揮者に就任したオスモ・ヴァンスカにより、オーケストラ活動が活発になる。レパートリーの中心であるシベリウス作品のレコーディングは高く評価され、フィンランドの一地方オーケストラから国際的なシベリウス・オーケストラへと変貌した。

世界で初めて、シベリウスのヴァイオリン協奏曲交響曲第5番、交響詩『エン・サガ』などの初稿版による演奏を録音している。ヴァイオリン協奏曲のCDは1991年に英グラモフォン賞を受賞、交響曲第5番および交響詩『エン・サガ』のCDは1996年に同じく英グラモフォン賞と仏カンヌ・クラシカル・ワードを受賞した。

1999年に初来日し、金沢・大阪・東京などで公演した。東京(すみだトリフォニーホール)では、4日間にわたりシベリウスの交響曲全曲演奏を行い、交響曲第5番の最終版に加えて初稿版による演奏も披露した。

ラハティ市の中心地にあるフェリックスクローンホールを本拠地としていたが、2000年3月、市の中心から徒歩20-30分程のヴェシヤルヴィにシベリウスホールが完成し、新たな本拠地とした[1]

2003年・2006年に再来日し、雑誌『音楽の友』誌上で、2003年のベスト・コンサート第1位に選ばれた。

2008年から2011年までユッカ=ペッカ・サラステが首席客演指揮者[2]、2011年から2016年までオッコ・カムが首席指揮者兼芸術監督[2]、2016年から2021年までディーマ・スロボデニュークが首席指揮者[3]、2021年からダリア・スタセヴスカが首席指揮者を務める[4][5]

シベリウス作品のほか、カヤヌスラウタヴァーラの作品を録音している。また、1992年以降楽団のレジデンス・コンポーザーを務める、カレヴィ・アホの交響曲・管弦楽曲の録音を行っている。
シベリウス生誕150周年にあたる2015年に東京と札幌で公演、東京(東京オペラシティ)ではシベリウス交響曲全曲演奏を行った。

脚注

編集

出典

編集
  1. ^ 新田ユリ「ラハティとシベリウス」(演奏会冊子『フィンランド・ラハティ交響楽団 生誕150周年記念 シベリウス交響曲サイクル』掲載)
  2. ^ a b 世界のオーケストラ(2)上 ~パン・ヨーロピアン 編~ 2017, p. 115「ラハティ交響楽団」.
  3. ^ アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー”. 月間音楽祭. オランダ 楽壇ニュース. 2024年4月19日閲覧。
  4. ^ ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者にクがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー”. 月間音楽祭. フィンランド 楽壇ニュース. 2024年4月19日閲覧。
  5. ^ ラハティ発 〓 市が指揮者のダリア・スタセヴスカとの契約を延長”. 月間音楽祭. フィンランド 楽壇ニュース. 2024年4月19日閲覧。

参考文献

編集
  • 上地 隆裕著『世界のオーケストラ(2)上 ~パン・ヨーロピアン 編~』株式会社 芸術現代社、2017年。ISBN 978-4-87463-206-2 

外部リンク

編集