メインメニューを開く

ラピオは、愛知県小牧市に存在する複合商業施設。小牧市によって建設された。

ラピオ
Lapio
Lapio in Komaki ac.jpg
2018年8月のラピオ
地図
店舗概要
所在地 485-0041
愛知県小牧市小牧3丁目555番地[1]
座標 北緯35度17分24.1秒 東経136度55分31.1秒 / 北緯35.290028度 東経136.925306度 / 35.290028; 136.925306座標: 北緯35度17分24.1秒 東経136度55分31.1秒 / 北緯35.290028度 東経136.925306度 / 35.290028; 136.925306
開業日 1995年(平成7年)9月21日[1]
施設所有者 小牧都市開発(株)
施設管理者 小牧都市開発(株)
敷地面積 9,863[1]
延床面積 49,159[1]
商業施設面積 14,066 m²
中核店舗 イトーヨーカドー小牧店[1]

アル・プラザ小牧(核店舗)[2]
ファニチャードーム小牧店(副核店舗)

Mikawaya ラピオ小牧店
店舗数 40店
営業時間 10:00 - 21:00
駐車台数 475台
最寄駅 名鉄小牧線小牧駅[1]
外部リンク www.me.ccnw.ne.jp/komaki-ud/index.html
テンプレートを表示
2012年のラピオ

概要編集

小牧駅西側の再開発事業の中核施設として開業[1]。建物は地下2階・地上5階[1]。再開発前の敷地は栄屋百貨店を中心に、多くの商店が存在していた。「ラピオ」名の由来は、Life People Oasysの合成語で、人々の生活のオアシスとしての場という意味が込められている。1階から4階までが商業施設で5階に女性センターとスポーツセンターという公共施設が入居する形で開業した[1]。開業時に商業施設部分の核店舗として出店していたイトーヨーカ堂は、小牧市からラピオ内の1-4階部分の権利を約55億円で購入すると共に、ラピオの運営母体である第三セクターの小牧都市開発にも10%を出資していた[3]

イトーヨーカドー小牧店は1996年(平成8年)度には約76億円の売上を記録したものの、近隣にある大型店との競合が影響して食品以外の売上が伸び悩み、売上が最盛期の約60%に落ち込んだため、2007年(平成19年)で閉店することになった[3]。代わりに2007年(平成19年)11月8日に平和堂東海が愛知県内初出店となる「アル・プラザ小牧」を新たな核店舗として出店[2]。しかし3・4階部分に大きな空床ができたため、2010年11月に中野直輝小牧市長(当時)が図書館移転先とする考えを表明したが、2011年2月の選挙で破れたため実現されなかった。その後新たに市長となった山下史守朗小牧市長は「市民の意見を聞く」と公約[4]していたが聞かずに同年9月ファニチャードームのオープンを発表[5][6]。同年12月に同店はオープンした。

しかし2015年10月にファニチャードームは4階から撤退し3階のみとなり、さらに2015年10月の住民投票[7]後2016年4月に新たに設置された審議会[8]で新たな図書館建設について審議がなされてた2016年7月6日に、小牧市議会でファニチャードームの年内閉店が発表[9]された。同店は発表通り同年12月で閉店。そしてアル・プラザ小牧も2017年(平成29年)11月7日に賃貸契約の更新を行わず、2018年(平成30年) 1月20日に閉店した[10]。その後1階部分には同年2月9日に「Mikawaya」がオープンした[11]

沿革編集

  • 1995年(平成7年)9月21日 - ラピオ開業。同時に「イトーヨーカドー小牧店」開店[1]
  • 2006年(平成18年)9月 - イトーヨーカ堂が翌年秋に同店を閉店すると発表[3]
  • 2007年(平成19年)
    • 9月2日 - イトーヨーカドー小牧店閉店
    • 9月〜11月 - 5階と地下駐車場の一部を除く、施設内改装工事
    • 11月8日 - 平和堂が運営する、「アル・プラザ小牧」開店[2]、再び全面開業
  • 2008年(平成20年)7月19日 - えほん図書館が4階に開館
  • 2011年(平成23年)12月 - 安井家具が運営する「FURNITURE DOME(ファニチャードーム)小牧店」が3-4階に開店
  • 2015年(平成27年)10月10日 - 「ファニチャードーム小牧店」が改装[12]。4階から撤退して3階のみの営業に縮小[13]
  • 2016年(平成28年)12月31日 - 「ファニチャードーム小牧店」が閉店[14]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月20日 - 「アル・プラザ小牧」閉店。
    • 2月9日 - 「Mikawayaラピオ小牧店」開店。
    • 9月1日 - 子育て包括支援センター開設[15]

フロア構成編集

フロア概要
5F まなび創造館(小牧市運営)
4F えほん図書館(たぶのきランドよむよむ)、学習広場、ラピオ専門店街
3F 子育て包括支援センター
2F ダイソー、ゲームセンター
1F Mikawayaラピオ小牧店、ラピオ専門店街、キャッシュコーナー
B1F 市営駐車場
B2F 市営駐車場

※2018年(平成30年)8月時点

交通手段編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j “イトーヨーカ堂、愛知県「小牧店」開店 再開発の核店舗に”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): p. [要ページ番号]. (1995年8月30日) 
  2. ^ a b c “平和堂東海、「アル・プラザ小牧」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): p. [要ページ番号]. (2007年11月19日) 
  3. ^ a b c “ヨーカドー小牧店閉店 業績不振で来年秋”. 中日新聞 (中日新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月21日) 
  4. ^ 山下しずおの 小牧市政マニフェスト(1)”. 2011年2月6日閲覧。
  5. ^ “小牧の「ラピオ」3、4階 ファニチャードーム進出 - 中日新聞”. (2011年9月13日) 
  6. ^ 小牧市内 ラピオの新規テナントにファニチャードームで合意 - 建通新聞”. www.kentsu.co.jp. 建通新聞社. 2019年6月4日閲覧。
  7. ^ “ツタヤ図書館、なぜ「ノー」に? 愛知・小牧の住民投票”. 朝日新聞”. 2015年10月20日閲覧。
  8. ^ 第1回新小牧市立図書館建設審議会|小牧市」『』。2018年8月12日閲覧。
  9. ^ “小牧「ラピオ」:大型家具店が撤退 一時図書館候補地 空き床議論再燃 /愛知 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20160707/ddl/k23/020/355000c 2018年8月12日閲覧。 
  10. ^ “アル・プラザあす閉店 小牧 営業10年 住民惜しむ声 - 中日新聞”. (2018年1月19日) (2018-1-19発行) 
  11. ^ “新スーパー あす開業 小牧「ラピオ」に三河屋出店”. (2018年2月8日) (2018-2-8発行) 
  12. ^ ファニチャードーム小牧店ホームページ
  13. ^ 小牧駅前再開発ビル 4階にテナント募集|建通新聞社 (2015年8月7日)
  14. ^ ファニチャードーム小牧店 移転のご案内 | FURNITURE DOME 小牧店ブログ” (日本語). www.furnituredome.jp. 2018年8月12日閲覧。
  15. ^ 子育て世代包括支援センターパンフレット”. 小牧市. 2018年9月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集