ラピスラズリ (lapis lazuli) は、方ソーダ石グループの鉱物である青金石(ラズライト)を主成分とし、同グループの方ソーダ石藍方石黝方石など複数の鉱物が加わった類質同像の固溶体半貴石である。和名では瑠璃(るり)といい、サンスクリット語のヴァイドゥーリャないしパーリ語のヴェルーリヤの音訳である。深い青色から藍色の宝石で、しばしば黄鉄鉱の粒を含んで夜空の様な輝きを持つ。

ラピスラズリ
ラピス・ラズリの原石
分類 変成岩
化学式 青金石(ラズライト)を主成分とするミネラルの固溶体。
結晶系 ラピスは岩石ではない。主成分であるラズライトは12面体の結晶としてしばしば発生する。
晶癖 コンパクトで重い
断口 不規則な貝がら状
モース硬度 5–5.5
光沢 dull
青、白い方解石と真鍮の黄鉄鉱の斑
条痕 ライトブルー
比重 2.7–2.9
屈折率 1.5
その他の特性 組成の違いは、上記の値に大きなばらつきを引き起こす。
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

概要編集

人類に認知され、利用された鉱物として最古のものとされている[1]エジプトシュメールバビロニアなどの古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきた。日本ではトルコ石と共に12月のほかに9月誕生石とされる。主成分にもラピスラズリとは異なる日付が誕生石として設定されている。

ラピスはラテン語で「石」 (Lapis)、ラズリはトルキスタンにあるペルシア語地名 "lazhward"(ペルシア語: لاژورد‎、現在のアフガニスタン・イスラム共和国バダフシャーン州en:Kuran wa Munjan DistrictにあるSar-i Sang鉱山の古名)が起源で、それがアラビア語に入って "lazward"(アラビア語: لازورد‎、ラズワルド: 天・空・青などの意でアジュールの語源)で「群青の空の色」を意味する。ラピスラズリ (lapis lazuli) は、ラテン語で「lazhwardの石 (lapis)」となる。

古代ギリシャでサプフィールといったのは、今のサファイアではなく、ラピスラズリであったという説もある。

旧約聖書出エジプト記の、祭司の装飾品のひとつである胸当てにはめ込む石として青い石(Sappir)は、ラピスラズリだといわれている。また新約聖書ヨハネ黙示録では、世界が終末を迎えた後現れるとされる新エルサレムの都の神殿の東西南北12の礎にはそれぞれ12種類の石で飾られ、そのうちの2番目がサファイア、11番目が青玉と記述されているが、青玉は現在ではサファイアのことを指すので、もしそうであれば2番目のサファイアはラピスラズリのことを指している可能性がある。この他にも旧約聖書モーセシナイ山にて、神より授かったとされるモーゼの十戒が刻まれた石版はサファイアとされていたが、これもラピスラズリであったといわれている。

日本では、ラピスラズリは瑠璃と呼ばれ、仏教の七宝のひとつとされ、仏典『無量寿経』や『法華経』に瑠璃の記述がある。

奈良正倉院の宝物庫には、紺玉帯と呼ばれるラピスラズリで飾られた黒漆塗の牛革製ベルトが収められている。


石言葉は「尊厳・崇高」など。

性質・特徴編集

方ソーダ石グループの数種類の鉱物間の固溶体である。青金石・方ソーダ石・藍方石・黝方石の4つに限っては、同じ方ソーダ石鉱物グループであり、類質同像の多結晶体をなしうる。方解石黄鉄鉱は「混合」または「混入」するのみである。

時折ラピスラズリが、複数の鉱物の混合物岩石)であるとの説明を見かけることがあるが、あくまでラピスラズリは固溶体solid solution)であって混合物集合体mixture)ではない。もしラピスラズリが混合物岩石)であれば結晶が出来るはずはないが、ラピスラズリは十二面体の結晶でしばしば産出する。

固溶体solid solution)は結晶構造を持つが、混合物集合体mixture)は化学的結合をせずに混じりあっているだけなので構造を持たない。従って結晶をなさない。

市場で流通しているラピスラズリの大部分は塊状のものであるが、最近では母岩付きの結晶体のものもかなり見られるようになった。


成分編集

主成分の4種類の鉱物に他のいくつかの微量鉱物が入り混じって固溶体をなしている。主成分となる4種類の鉱物はいずれも等軸晶系のテクト珪酸塩・準長石である方ソーダ石グループの鉱物である。化学組成は珪酸アルミソーダで、さらに硫黄塩素を含む。そのためハンマーで叩くと硫化水素臭を発する。

主成分編集

青金石(lazurite、ラズライト)
Na8-10Al6Si6O24S2
方ソーダ石(方曹達石、sodalite、ソーダライト)
Na8Al6Si6O24Cl2
藍方石(hauyne、アウイン)
(Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2
黝方石(nosean、ノゼアン、ノーゼライト)
Na8Al6Si6O24SO4

副成分編集

微量、含まれない場合もある。

方解石(カルサイト)
白い筋。
黄鉄鉱(パイライト)
金色の斑点状に入る場合もある。多く含まれる硫黄の内、過剰に余ったものが鉄と合わさって黄鉄鉱を形成する[1]。ただし、バイカルで産出されるラピスラズリは黄鉄鉱を伴わない[1]
その他
柱石斜長石燐灰石ジルコンなどを含む場合もある。

生成・産出編集

ラピスラズリは接触変成作用でできる鉱物で、結晶質石灰岩、つまり熱変成を受けた石灰岩スカルン)中に産出する。ただ珪灰石と違い、それができるためには、硫黄塩素など、スカルンの条件としては特殊な元素を必要とするし、温度が高いとか、珪酸が少なめであるとかいう特殊な条件が必要であるため、ラピスラズリは世界に産地が少ない。

古代の原産地は、Sar-i Sangアフガニスタンバダフシャーン州en:Kuran wa Munjan District)がほとんどで、そのほかロシアバイカル地方)、タジキスタンパミール高原)、チリコキンボ地方)、カナダバフィン島)、アメリカコロラド州ニューヨーク州カリフォルニア州)、イタリアベスビオス火山)などに限定されていたが、近年ではミャンマーマンダレー管区カチン州)などでも産出している。日本では産出しない。

(一部に産地としてアルゼンチンアンゴラブラジルパキスタンインド等を挙げているのを見かけることがあるが、これらは国名として見かけるのみでこれらの国の産地に関する記述や解説などは見当たらず詳細は不明)

実際に市場で流通しているのは、アフガニスタン、チリ産の物が多く、ロシア、ミャンマー産の物もわずかにみられ、稀にタジキスタン産の物もみられる。

ただ昭和20年代に、岐阜県金生山でラピスラズリを発見した人がいたという。金生山石灰岩の山で化石を産出することで有名であるが、スカルン鉱物であるラピスラズリが未変化の石灰岩中に出るのはおかしい。ラピスラズリは本物であったが、産状に疑問の声が出て、結局これは誰かがそこにラピスラズリを捨てたのだろうということになったということがあったという[2]

歴史編集

ラピスラズリは新石器時代からアフガニスタンで採掘され、地中海世界と南アジアに輸出された[3]パキスタンにある紀元前7千年期のインダス文明-アフガニスタン間の重要な交易路であった新石器時代の遺跡メヘルガルからはラピスラズリのビーズが発見されている[4]。これらのビーズは紀元前4千年紀のメソポタミア文明北部の入植地などでも発見されている。

古代社会でラピスラズリを特に高く評価したのはエジプトで、ファラオ、王族、神官などの祭司階級しかこの石をつけられない時代もあったという。歴代のファラオに尊ばれ、黄金に匹敵するほどの価値を与えられることもあった。

このアフガニスタンのラピスラズリの鉱山をキリスト教徒として初めて訪問したのは、フビライ汗とローマ法王の親書をたずさえた1271年マルコポーロ一行であった。ここの採掘はバラシャン国の王の直轄でなされており、外国人は入山禁止になっていて実際、潜入しようとして警備兵に殺された者もあった。史上に残るその後の外来訪問者はイギリスの地理学者ジョン・ウッドで、1838年のことであった。

用途編集

天然ウルトラマリン編集

 
天然ウルトラマリン

ラピスラズリを原料とした青色顔料に天然ウルトラマリンがある。天然ウルトラマリンはラピスラズリを精製して製造する。ウルトラマリンとは「(ラピスラズリの場合は地中海)を越えて」きたものという意味。なおウルトラマリンの内、青色のものをウルトラマリンブルーと呼ぶ。19世紀にはウルトラマリンは人工顔料として合成されるようになる。

装飾品編集

 
ラピスラズリの象

民間信仰・呪術編集

パワーストーン信仰においてラピスラズリは世界でパワーを最初に認識された石、「最強の聖石」とされる[5]。地面の属性で第6チャクラ(額)、第7チャクラ(頭部)を活性化させるとされ[5]、効能として人間関係の改善、頭脳を明晰化させる、強運を導く、頭痛の軽減、喉の痛みの軽減などが科学的根拠はないが信じられている[6]

かつてラピスラズリがパワーストーンとしてブームと言えるほどの盛り上がりがあったことがあったが、その要因の一つにエドガーケイシーのラピスラズリについてのリーディングが引用されたことも大きかったと思われるが、後の研究によってエドガーケイシーの言ったラピスラズリとは、実はアズライトのことであると判明したということがあった[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 堀・189頁
  2. ^ 『楽しい鉱物学』
  3. ^ Moorey, Peter Roger (1999). Ancient mesopotamian materials and industries: the archaeological evidence. Eisenbrauns. pp. 86–87. ISBN 978-1-57506-042-2. https://books.google.com/?id=P_Ixuott4doC&pg=PA86&dq=Lapis+lazuli+++mines+in+the+Badakhshan#v=onepage&q=Lapis%20lazuli%20%20%20mines%20in%20the%20Badakhshan&f=false 
  4. ^ Monthly, Jewellery (2015年4月2日). “A complete guide to Gemstones” (英語). Jewellery & Watch Magazine | Jewellery news, jewellery fashion and trends, jewellery designer reviews, jewellery education, opinions | Wrist watch reviews - Jewellery Monthly. http://www.jewellerymonthly.com/what-is-a-gemstone/ 2017年8月28日閲覧。 
  5. ^ a b パワーストーン大事典・168頁
  6. ^ パワーストーン幸せ事典・90頁
  7. ^ 『宝石の神秘力』

参考文献編集

  • 『楽しい鉱物学』堀秀道 草思社
  • 『宝石の神秘力』林陽 中央アート出版社

関連項目編集

外部リンク編集