ラファエル・シルバ

ブラジルの柔道家

ラファエル・シルバ(Rafael Carlos da Silva 1987年5月11日- )は、ブラジルマットグロッソ・ド・スル州アキダウアナ出身の柔道選手。階級は100kg超級。身長203cm。体重146kg[1][2]。愛称は「ベイビー」

獲得メダル

ラファエル・シルバ
ブラジルの旗 ブラジル
柔道
オリンピック
2012 ロンドン 100kg超級
2016 リオデジャネイロ 100kg超級
世界柔道選手権
2013 リオデジャネイロ 100kg超級
2014 チェリャビンスク 100kg超級
2017 ブダペスト 100kg超級
世界団体
2010 アンタルヤ 90kg超級
2011 パリ 90kg超級
2019 東京 90kg超級
パンアメリカン競技大会
2011 グアダラハラ 100kg超級

ブラジルポルトガル語の発音の関係で、ハファエル・シルヴァとも表記される。

人物編集

15歳の時に柔道を始め[3]、2010年の世界選手権では準々決勝でフランスのテディ・リネールと対戦し送襟絞で敗れるなどして5位に終わった[2]。その後の世界団体ではブラジルの準優勝に貢献した[2]。2011年の世界選手権では2回戦で敗れたが、世界団体では決勝でリネールに敗れたもののブラジルの2年連続準優勝に再び貢献することとなった[2]。2012年のワールドマスターズでは決勝で上川大樹を指導2で破り優勝を遂げた[4]。続くグランドスラム・パリでは決勝でリネールの片手絞で敗れて2位だったものの、パンナム選手権では優勝を飾った。7月のロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得している[1]。2013年の地元ブラジルで開催された世界選手権では決勝でリネールに合技で敗れて2位だった。翌年の2014年の世界選手権では準決勝でリネールに送襟絞で敗れて3位だった[5]。2016年に地元で開催されたリオデジャネイロオリンピックでは準々決勝でリネールに技ありで敗れはしたものの、その後敗者復活戦を勝ち上がって前回に続く2度目の銅メダルを獲得した[6]。2017年の世界選手権では準々決勝でリネールに横四方固で敗れて3位だった[7]。2019年の世界選手権は準々決勝で日本の原沢久喜に反則負けするなどして5位に終わったが、世界団体では3位になった[8]

IJF世界ランキングは1862ポイント獲得で5位(19/4/22現在)[9]

主な戦績編集

(階級表記のない大会は全て100kg超級での成績)

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集