メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモンテロ第二姓(母方の)はケサダです。

ラファエル・モンテロ・ケサダRafael Montero Quezada, 1990年10月17日 - )は、ドミニカ共和国バニカ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ傘下所属。愛称はフガッラFugarra[1]

ラファエル・モンテロ
Rafael Montero
テキサス・レンジャーズ (マイナー)
Rafael Montero on September 25, 2016.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2016年9月25日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 バニカ英語版
生年月日 (1990-10-17) 1990年10月17日(28歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 アマチュアFA
初出場 2014年5月14日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとメッツ時代編集

2011年1月20日にニューヨーク・メッツと契約を結んだ[2]。ルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツ1でプロデビュー。4試合に先発登板して1勝1敗、防御率1.00、20奪三振を記録した。6月20日にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツへ異動。4試合に先発登板して2勝1敗、防御率4.24、9奪三振を記録した。8月6日にアパラチアンリーグのルーキー級キングスポート・メッツ英語版へ異動。7試合(先発4試合)に登板して1勝2敗1セーブ、防御率1.45、32奪三振を記録した。8月31日にA-級ブルックリン・サイクロンズへ昇格。2試合に登板して1勝0敗、防御率3.60、5奪三振を記録した。

2012年はA級サバンナ・サンドナッツ英語版で12試合に先発登板して6勝3敗、防御率2.52、54奪三振を記録した。6月21日にセントルーシー・メッツへ昇格した。8試合に先発登板し、5勝2敗、防御率2.13、56奪三振を記録した。

2013年に『ベースボール・アメリカ』の有望株ランキングではチーム内で5位にランクされた[3]。このシーズンはAA級ビンガムトン・メッツでプレーし[4][5]、11試合に登板。7勝3敗、防御率2.43と好投し、6月にAAA級ラスベガス・フィフティワンズに昇格した[6]。AAA級ラスベガスでは16試合に先発登板して5勝4敗、防御率3.05、78奪三振を記録した。

2014年はAAA級ラスベガスで開幕を迎え、8試合に登板。5月14日にメッツとメジャー契約を結んだ[7]。同日のニューヨーク・ヤンキース戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を投げ、ヤンガービス・ソラーテマーク・テシェイラに本塁打を打たれるも、5安打3失点に抑えたが、相手先発の田中将大に打線は完封され、メジャー初黒星を喫した[8]。この年は先発で8試合、リリーフで2試合に登板し、計44.1イニングを投げた。防御率は4.06だったが、勝ち運に恵まれずに1勝3敗と負け越した。

2015年は出番が減少し、5試合に投げた(うち1試合が先発登板)だけだった。防御率は4.50まで上昇したが、10.0イニングで13の三振を奪い、奪三振率11.7という優秀な数値をマークした。

2016年は9試合に登板、うち3試合で先発登板したが、防御率8.05・WHIP2.05とキャリアワーストの炎上だった。ただ、その中でも9.0超の奪三振率をマークし、三振を奪える力は持っている事を垣間見せた。マイナーでは、AA級ビンガムトンとAAA級ラスベガスの2チームで、計25試合に先発登板。8勝9敗、防御率5.30、WHIP1.59というイマイチの成績だった。

2017年は34試合(先発18試合)に登板して5勝11敗、防御率5.52、114奪三振を記録した。

2018年は開幕前の3月にトミー・ジョン手術を受けたため[9]、シーズンを全休した。オフの11月2日にFAとなった[10]

レンジャーズ傘下時代編集

2019年1月4日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 NYM 10 8 0 0 0 1 3 0 0 .250 194 44.1 44 8 23 0 0 42 0 0 21 20 4.06 1.51
2015 5 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 46 10.0 9 0 5 3 0 13 0 0 6 5 4.50 1.40
2016 9 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 93 19.0 23 4 16 1 0 20 2 0 17 17 8.05 2.05
2017 34 18 0 0 0 5 11 0 0 .313 550 119.0 141 12 67 5 5 114 6 1 75 73 5.52 1.75
MLB:4年 58 30 0 0 0 6 16 0 1 .273 883 192.1 217 24 111 9 5 189 8 1 119 115 5.38 1.71
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2014 NYM 10 2 6 0 1 1.000
2015 5 2 1 0 0 1.000
2016 9 0 2 0 0 1.000
2017 34 4 13 0 1 1.000
MLB 58 8 22 0 2 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 50(2014年 - 2017年)

脚注編集

  1. ^ Explaining Mets Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月28日閲覧
  2. ^ Mets' Rafael Montero realizing a lifelong dream”. Nj.com. 2014年3月18日閲覧。
  3. ^ Eddy, Matt (2012年12月14日). “Baseball America New York Mets top 2013 prospects”. Baseballamerica.com. 2014年3月18日閲覧。
  4. ^ Lehman, Jonathan (2013年4月14日). “Young gun could give Mets trade leverage”. Nypost.com. 2014年3月18日閲覧。
  5. ^ Rafael Montero continues strong start for Binghamton Mets”. Pressconnects.com. 2014年3月18日閲覧。
  6. ^ New York Mets prospect Rafael Montero was promoted to Triple-A Las Vegas on Friday | MLB.com: News”. Mlb.mlb.com (2013年6月14日). 2014年3月18日閲覧。
  7. ^ Mets Roster Moves”. MLB.com Mets Press Release (2014年5月14日). 2014年5月15日閲覧。
  8. ^ Scores for May 14, 2014”. ESPN MLB (2014年5月14日). 2014年5月15日閲覧。
  9. ^ Jeff Todd (2018年3月23日). “Rafael Montero Will Undergo Tommy John Surgery, Miss 2018 Season” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月15日閲覧。
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年3月15日閲覧。
  11. ^ T.R. Sullivan (2019年1月4日). “Rangers add Farrell, sign Montero, Sampson” (英語). MLB.com. 2019年3月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集