ラブストーリー (映画)

ラブストーリー』(原題:클래식(→クラシック))は、2003年公開の韓国映画。監督・脚本は映画『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン。母と娘、過去と現代、時を越えて続く感動のラブストーリー。原題のとおり、サウンドトラックにクラシック音楽を使用している。

ラブストーリー
클래식
監督 クァク・ジェヨン
脚本 クァク・ジェヨン
製作 パク・ジュンソク
アン・ホワン
イ・ジェスン
チ・ヨンジュン
出演者 ソン・イェジン
チョ・スンウ
チョ・インソン
音楽 チョ・ヨンオク
撮影 イ・ジュンギュ
編集 キム・サンボム
キム・ジェボム
配給 大韓民国の旗 シネマサービス
日本の旗 クロックワークス
公開 大韓民国の旗 2003年1月30日
日本の旗 2004年1月24日
上映時間 132分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
ラブストーリー
各種表記
ハングル 클래식
発音 クrレシッk
題: The Classic
(Keulraesik)[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

母の手紙を整理していた女子大生のジヘ(ソン・イェジン)は、数々の手紙と古い日記を見つける。その日記には、母であるジュヒ(ソン・イェジン)の若かりし日の、今の父ではない人との初恋の思い出が記されていた。一方、ジヘは同じ大学の演劇クラスを取り仕切るサンミン(チョ・インソン)に想いを寄せるが、友人スギョン(イ・サンイン)にサンミンへのメールの代筆を頼まれ、自らの想いを隠してスギョンとしてのメールを送る。ジヘはスギョンのためにサンミンと距離を置こうとするが、偶然に何度も顔を合わせる事となる。

ジュヒの日記には、早くに亡くした父であるテス(イ・ギウ)と無二の友人であるジュナ(チョ・スンウ)との3人のクラシックな愛が記されていた。1968年の夏、ジュナは田舎の叔父の家に遊びに来たジュヒと出会い、一目惚れする。しかし、親の勧めでジュヒとの親交を深めようとするテスから手紙の代筆を頼まれたジュナは、その手紙に自らの想いをしたためる。幽霊屋敷事件や親からの妨害、果てはベトナム戦争への派兵など、数々の困難が何度もお互いを遠ざけようとするが、より一層強く想いを募らせる2人。

35年の時を超えた奇妙な符号と、ふとしたきっかけでサンミンの気持ちに気がついたジヘは、サンミンへの気持に正直になることを決意する。

キャスト編集

音楽編集

サウンドトラック編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 클래식 (クラシック) KMDb 2011年8月12日閲覧。

外部リンク編集