メインメニューを開く

ラブファイト』は、2008年11月15日公開の日本映画。原作はまきの・えりの『聖母少女』。

ラブファイト
Love Fight
監督 成島出
脚本 安倍照雄
原作 まきの・えり
出演者 林遣都
北乃きい
大沢たかお
音楽 安川午朗
主題歌 FUNKY MONKEY BABYS
希望の唄
撮影 藤澤順一
編集 洲崎千恵子
製作会社 「ラブファイト」フィルムパートナーズ
配給 東映
公開 日本の旗 2008年11月15日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

北乃きい林遣都のダブル主演による青春ラブストーリーである。また、本作の出演者でもある俳優の大沢たかおが初の映画プロデュースを務めた[1]

キャッチコピーは「世界でいちばん、痛い恋。

ロケ地は大阪府豊中市にある大阪府立豊島高等学校仏光幼稚園服部緑地公園千里川の土手、大阪市北区本庄東の本庄ビル(2016年の初め頃に取り壊し済み) 等。

ストーリー編集

幼馴染の稔と亜紀。いじめられっ子の稔はケンカの強い亜紀に幼い頃から助けられてきた。高校生になり稔は強くなろうと決心しボクシングジムの門を叩く。ボクシングの事は亜紀には知られたくなくて内緒でやっていたがばれてしまい、亜紀もボクシングを始める。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

出典編集

  1. ^ ラブファイト | 東映[映画](インターネットアーカイブ2013年9月4日分キャッシュ)

外部リンク編集