ラブラブショー

ラブラブショー
ジャンル トーク番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 疋田拓
プロデューサー 疋田拓
出演者 芳村真理
宮尾すすむ
オープニング 「ラブラブショーのテーマ」
1973年9月まで
放送時間 日曜 21:00 - 21:30(30分)
放送期間 1970年4月5日 - 1973年9月30日
1973年10月以降
放送時間 日曜 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 1973年10月7日 - 1979年9月30日
テンプレートを表示

ラブラブショー』は、1970年4月5日から1979年9月30日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のトーク番組である。

目次

概要編集

毎回当時の若手歌手や若手俳優などのカップル1組を招き、司会の芳村真理とその他のゲスト、そしてリポーターの宮尾すすむが2人を盛り上げる趣向の番組。夜のヒットスタジオ』の人気コーナーだった「コンピューター恋人選び」のテイストを基本としていた[独自研究?]

出場カップルの大半は番組側が決めた演出上でのカップルだったが(例:第1回のゲスト「カップル」は堺正章いしだあゆみ)、関口宏西田佐知子石坂浩二浅丘ルリ子郷鍈治ちあきなおみ三浦友和山口百恵などのように、本当に結婚した、あるいは交際に発展したカップルの出場例もある。また、高島忠夫寿美花代加山雄三松本めぐみのように、既に夫婦になっている芸能人カップルや婚約を発表した芸能人の特集を組まれるケースもあった。1975年5月以降はタレント同士だけでなく、タレントと視聴者という組み合わせのカップルも出場するなど、視聴者参加型番組の要素を持たせた回もある。

当初は日曜21:00枠で放送されていたが、日曜21:30枠に編成されていた『白雪劇場』(関西テレビ)が1973年秋の改編で日曜21:00枠へ移動することになったため、以後は日曜22:00枠で放送されていた。また、途中から武田グループの一社提供で放送されるようになった。

後番組は山城新伍司会の『アイ・アイゲーム』で、スポンサーの武田グループは引き続き同番組のスポンサーを務めていた。番組はレギュラー放送の終了後も、特別番組という形で数回[要追加記述]にわたって復刻版を放送。1980年代前半[いつ?]に『火曜ワイドスペシャル』枠など[要追加記述]で放送された。復刻版でも同様に、芳村真理が司会を、宮尾すすむやおりも政夫がリポーターを務めていた。

番組のアーカイブは制作当時のVTR事情などから数が限られており、映像そのものが放送局側に残されていない回が多数ある。神奈川県横浜市にある放送ライブラリーには、前述の高島忠夫と寿美花代が出演した1973年7月22日放送分の記録映像が保存されているが[1]、番組中に流されていたスポンサーCMは著作権・肖像権の関係からカットされている。1988年3月31日にフジテレビ系列局で放送された『フジテレビ30年史 〜秘蔵VTR一挙大公開〜』では、前述の関口宏と西田佐知子、千昌夫ジョーン・シェパード、加山雄三と松本めぐみが出演した回のオープニングと、三浦友和と山口百恵が出演した回のお見合いならびにエンディングの映像が流された。

番組で共演し、実際に結婚したタレント編集

結婚までには至らなかったが、この番組での共演が縁となり、実際に交際に発展したカップルも数多く存在したと言われている[誰によって?]

主題歌編集

「ラブラブショーのテーマ」
作詞:塚田茂 / 作曲:宮内國郎
歌は各回の出場カップルが歌唱していた。オープニングでは、この曲をBGMに司会者2人が手を取りあいながら階段を降りていた。曲のイントロ箇所は、時期によってアレンジが異なっていた。

脚注編集

  1. ^ 検索結果 ラブラブショー - 放送ライブラリ公式ページ”. 放送ライブラリー. 2016年9月25日閲覧。
フジテレビ系列 日曜21時台前半枠
前番組 番組名 次番組
ラブラブショー
(1970年4月5日 - 1973年9月30日)
【ここまでフジテレビ制作枠】
白雪劇場 大久保彦左衛門
※21:00 - 21:55
【ここから関西テレビ制作枠】
フジテレビ系列 日曜22時台前半枠
白雪劇場 若さま侍捕物手帖
※21:30 - 22:25
【ここまで関西テレビ制作枠】
ミニ番組
※22:25 - 22:30
ラブラブショー
(1973年10月7日 - 1979年9月30日)
【ここからフジテレビ制作枠】
アイ・アイゲーム
※22:00 - 22:30