メインメニューを開く

ラブ・アンド・ウォー』(In Love and War)は、1996年アメリカ合衆国恋愛映画アーネスト・ヘミングウェイの友人だったヘンリー・S・ヴィラード英語版がジェイムズ・ネイグルとともに執筆した書籍『ラブ・アンド・ウォー 第一次大戦のヘミングウェイ』を原作とし、第一次世界大戦に従軍して大怪我を負ったヘミングウェイと、ヘミングウェイの代表作の1つ『武器よさらば』のヒロイン「キャサリン・バークレイ」のモデルとされる7歳年上の従軍看護師アグネス・フォン・クロウスキー英語版との結ばれなかった恋を描いている。第47回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映された[2]

ラブ・アンド・ウォー
In Love and War
監督 リチャード・アッテンボロー
脚本 アラン・スコット英語版
クランシー・シーガル英語版
アンナ・ハミルトン・フェラン
原案 アラン・スコット
ディミトリ・ヴィラード
原作 ヘンリー・S・ヴィラード英語版
ジェイムズ・ネイグル
『ラブ・アンド・ウォー 第一次大戦のヘミングウェイ』
製作 ディミトリ・ヴィラード
リチャード・アッテンボロー
製作総指揮 サラ・ライシャー
出演者 サンドラ・ブロック
クリス・オドネル
マッケンジー・アスティン
マーゴット・スタインバーグ
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ロジャー・プラット
編集 レスリー・ウォーカー英語版
製作会社 ディミトリ・ヴィラード・プロダクションズ
ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年12月18日
日本の旗 1997年10月10日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
興行収入 $25,372,294[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ In Love and War”. Box Office Mojo. 2012年10月31日閲覧。
  2. ^ Berlinale: 1997 Programme”. berlinale.de. 2012年1月8日閲覧。
  3. ^ 外出許可を取って3人で湖に行き、ヘミングウェイが詩を朗読すると、ヴィラードが後半を続ける詩はアラン・シーガーの「死との密会」I Have a Rendezvous with Deathで、ヴィラードは「ハーバードの学生なら誰でも暗唱できる」という。ジョン・F・ケネディが大好きだった詩でもある(ケネディ博物館)。

外部リンク編集