ラベンダー・ヒル・モブ

ラベンダー・ヒル・モブ』(原題:The Lavender Hill Mob)は、1950年に撮影され、1951年に公開されたイギリスのクライムコメディ映画。チャールズ・クライトン監督、出演はアレック・ギネススタンリー・ホロウェイなど。オードリー・ヘプバーンが端役で出演する。日本未公開。

ラベンダー・ヒル・モブ
The Lavender Hill Mob
監督 チャールズ・クライトン
脚本 T・E・B・クラーク
製作 マイケル・バルコン
出演者 アレック・ギネス
スタンリー・ホロウェイ
オードリー・ヘプバーン
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 ダグラス・スローカム
編集 セス・ホルト
製作会社 イーリング・スタジオ
配給 イギリスの旗 ジェネラル・フィルム・ディストリビューターズ
公開 イギリスの旗 1951年6月28日
日本の旗 日本未公開
上映時間 78分
製作国 イギリスの旗イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

概要編集

「イギリスのコメディの最高傑作」とも評される作品[1][2]。1951年度の英国アカデミー賞最優秀英国作品賞を受賞したほか、アカデミー賞脚本賞も受賞しており、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞(作品賞)にもノミネートされている(同年の金獅子賞は黒澤明監督の『羅生門』)。

オードリー・ヘプバーンが冒頭にワンシーンの一言だけで出演している。

日本では未公開のままであるが、2007年にDVDが発売されたほか、1975年8月5日に東京国立近代美術館フィルムセンターで『ラヴェンダー・ヒル・モッブ』として1日だけ特別上映[3]、2019年6月15日に『BS10スターチャンネルpresents オードリー・ヘプバーン映画祭』で109シネマズ二子玉川にて1回のみ特別上映された[4]

キャスト編集

  • ヘンリー・ホーランド:アレック・ギネス
  • ペンドルブリー:スタンリー・ホロウェイ
  • ラッカリー:シドニー・ジェームス
  • ショーティ:アルフィー・バス
  • ミセス・チョーク:マージョリー・フィールディング
  • ファロー:ジョン・グレッグソン
  • ミス・イーヴスハム:エディー・マーティン
  • 巡査:クライヴ・モートン
  • ターナー:ロナルド・アダム
  • クレイトン:シドニー・タフラー
  • 役人:ジャック・ブルニアス
  • P・C・エドワーズ:メレディス・エドワーズ
  • ゴッドウィン:ギブ・マクロフリン
  • 監査役:パトリック・バー
  • セニョーラ:ガラルド:マリー・バーク
  • チキータ:オードリー・ヘプバーン

エピソード編集

  • この映画での共演でオードリー・ヘプバーンを気に入ったアレック・ギネスは、マーヴィン・ルロイ監督の『クォ・ヴァディス』のヒロインのリジアにヘプバーンを推薦したという[1][2][5]。ヘプバーンはローマ時代のコスチュームを着てテストを受けたが、結局デボラ・カーに回った[1][2][5]。のちにマーヴィン・ルロイ監督はなぜヘプバーンを不採用にしたのか、うんざりするほど何度も説明することになる[6]。「当時オードリーは経験が不足していたから」[6]。これに対して、ウィリアム・ワイラー監督は「『ローマの休日』を撮った時にも彼女にはたいした経験はなかったが。」と応じている[6]
  • 1951年夏、日本で英国映画を配給していたNCCヘラルド映画の前身)でこの作品の試写が行われたが、出演者が中高年ばかりという渋さで、商売になりそうもないと公開されずに終わった、と当時NCCで働いていた映画評論家の日野康一が書き記している[7]。また日野康一は、目がやけに大きく、それでいて清楚そのものという独特のパーソナリティを持つオードリー・ヘプバーンを見てドキリとした、と書いている[7]

賞歴編集

アカデミー賞
  • 受賞
  • ノミネート
英国アカデミー賞
  • 受賞
  • ノミネート
全米監督協会賞
  • ノミネート
ヴェネツィア国際映画祭
  • 受賞
  • 最優秀脚本賞:T・E・B・クラーク
  • ノミネート
ナストロ・ダルジェント賞
  • 受賞
  • 最優秀外国男優賞:アレック・ギネス

脚注編集

  1. ^ a b c バリー・パリス (1998年5月4日初版発行). 『オードリー・ヘプバーン』上巻. 集英社 
  2. ^ a b c イアン・ウッドワード (1993年12月25日初版発行). 『オードリーの愛と真実』. 日本文芸社 
  3. ^ 『フィルムセンター29』パンフレット. 東京国立近代美術館. (1975年7月11日) 
  4. ^ 『オードリー・ヘプバーン映画祭』上映作品”. BS10スターチャンネル. 2020年12月18日閲覧。
  5. ^ a b ロビン・カーニー (1994年1月20日初版発行). 『ライフ・オブ・オードリー・ヘップバーン』. キネマ旬報社 
  6. ^ a b c アレグザンダー・ウォーカー (2003年1月20日初版発行). 『オードリー リアル・ストーリー』. 株式会社アルファ・ベータ 
  7. ^ a b 『スクリーン5月号臨時増刊 オードリー・ヘプバーン特別号』近代映画社、1963年5月15日発行、p126。

外部リンク編集