メインメニューを開く

ラミア戦争 (紀元前323年 - 紀元前322年)はマケドニア王国とその同盟国ボイオーティアとそれらに敵対するアテネアエトリア同盟を含むギリシャの都市連合の間で起きた戦い。戦争にはマケドニアが勝利した。

ラミア戦争
The Macedonian Empire at the time of the Lamian War.
紀元前323年 - 紀元前322年
場所ギリシャ
結果 マケドニアの勝利
衝突した勢力
アテネ,
アエトリア同盟,
ロクリス,
フォキス,
アルゴス,
テッサリア
マケドニア,
ボイオーティア,
アンフィサ
指揮官
Leosthenes 
Antiphilus
メノン4世
Phocion
アンティパトロス
レオンナトス 
クラテロス
クレイトス

紀元前323年アレクサンドロス3世は彼の将官らによって収められていた帝国をまだ生まれていなかった息子、アレクサンドロス4世に遺して死亡した。アテネマケドニア王国の支配を脱すべく、反乱を起こし、それを機にマケドニアを切り離したギリシャの都市連合を作ろうと試みた。レオステネス率いるギリシャ軍は北進する前の初期にボイオーティアをプラテイアで破っていた。そしてテルモピュライの戦い摂政たるアンティパトロスを破った。破られたマケドニア軍はアンティパトロスアジアからの援軍を待っている間にギリシャに包囲されていたラミアへ逃亡した。

しかしながら、陸上でのギリシャの勝利はダーダネルス海峡アモルゴス島でアテネ艦隊がマケドニア海軍に負けたことで相殺された。制海権を得たマケドニアはヨーロッパへ軍を送ることが可能になり、ギリシャはマケドニアの援軍をラムヌスの戦いで破ったものの、マケドニアはラミアから撤退し、敗北した軍の残りを吸収することができた。そしてそのマケドニア軍はアジアからの援軍に助けられ、クランノンの戦いにてギリシャを破り、ギリシャの反乱を終わらせた。