ラムゼイ・ハント症候群

ラムゼイ・ハント症候群またはラムゼー・ハント症候群: Ramsay Hunt Syndrome)とは、帯状疱疹ウイルスの感染により、耳介とその周辺(頚部、後頭部)、外耳道にヘルペスが生じ、耳痛、顔面神経麻痺、内耳神経の症状(難聴耳鳴り眩暈)をきたしたもの。

脚注・参考資料編集

関連項目編集