ラモン・ガルシア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はイラレスです。

ラモン・ガルシア・イラレスRamon Garcia Hirales1982年9月10日 - )は、メキシコプロボクサー。元WBO世界ライトフライ級王者。

ラモン・ガルシア
基本情報
本名 ラモン・ガルシア・イラレス
通称 Principe(貴公子)
Cuate
Zurdo
階級 ライトフライ級
身長 174cm
リーチ 180cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1982-09-10) 1982年9月10日(38歳)
出身地 バハ・カリフォルニア・スル州ラパス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 20
KO勝ち 12
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

来歴

2012年4月28日、アメリカ初登場。カリフォルニア州ポモナにてWBA世界ライトフライ級王者ローマン・ゴンサレスと対戦した[1]。試合は4回ゴンザレスの右アッパーでガルシアはダウン、その後も王者ゴンザレスの追撃でガルシアは再度ダウンし、主審のノーカウントストップにより4回2分9秒KO負けとなった[1]。この時点でガルシアの戦績は16勝9KO4敗1引き分けだった[1]

2014年9月20日、IBF世界ライトフライ級王座決定戦をハビエル・メンドーサと行い、序盤から終盤に至るまで積極的攻勢を行ったメンドーサが116-109に115-110が2者の3-0判定となりガルシアの判定負けとなった[2]

2014年10月18日、IBFは最新ランキングを発表し、ガルシアはIBF世界ライトフライ級9位にランクインした[3]

獲得タイトル

脚注

  1. ^ a b c “ロマゴン”痛烈KO防衛 WBA・Lフライ級戦”. Box On (2012年4月30日). 2016年12月8日閲覧。
  2. ^ ハビエル・メンドサがIBF・L・フライ級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月21日
  3. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2014年10月18日

関連項目

外部リンク

WBO世界ライトフライ級暫定王者
在位期間
前暫定王者:ジョンリル・カシメロ2010年7月24日 - 2011年2月5日次暫定王者:王座統一戦により消滅
WBO世界ライトフライ級王者
在位期間
ヘスス・ゲレス2011年4月30日 - 2011年10月8日ドニー・ニエテス