メインメニューを開く

ラモン・ピーターソンLamont Peterson1984年1月24日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサーワシントンD.C.出身。元WBO世界スーパーライト級暫定王者。元WBAIBF世界スーパーライト級スーパー王者。元WBA世界ウェルター級王者。

ラモン・ピーターソン
基本情報
通称 Havoc(混乱者)
階級 ウェルター級
身長 175cm
リーチ 183cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1984-01-24) 1984年1月24日(35歳)
出身地 ワシントンD.C.
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 35
KO勝ち 17
敗け 5
引き分け 3
テンプレートを表示

実弟アンソニー・ピーターソンもプロボクサー。兄弟揃って幼少の頃に路上生活を送っていた経験を持つ。TGBプロモーションズ所属。

来歴編集

アマチュア時代編集

2001年、ナショナル・ゴールデングローブライト級(60kg)優勝[1]

2002年、全米選手権にライトウェルター級出(63.5kg)で出場、準々決勝でアンドレ・ディレルを破るが、準決勝でロック・アレンに敗退[2]

2003年、2回戦でマイク・アルバラードを破り全米選手権のライトウェルター級(64kg)で優勝[3]

2004年、アテネオリンピック国内予選選考会にライトウェルター級(64kg)で出場、決勝でデボン・アレキサンダーを破り勝ち抜くが[4]、国内最終選考会でロック・アレンに敗れ出場権を逃した[5]

プロ時代編集

2004年9月25日、プロデビュー。

2006年2月17日、ホセ・レオ・モレノ(  アメリカ合衆国)とUSNBCスーパーライト級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年9月7日、フランキー・サントス(  プエルトリコ)とNABO北米スーパーライト級王座決定戦を行い、6回終了TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年11月1日、レイナード・タイナー  アメリカ合衆国)とNABF北米スーパーライト級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2009年4月25日、WBO世界スーパーライト級4位のウィリー・ブレイン(  フランス)とWBO世界スーパーライト級暫定王座決定戦を行い、7回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年12月12日、正規王者ティモシー・ブラッドリー  アメリカ合衆国)と王座統一戦を行い、プロ初黒星となる12回0-3(110-118、108-119、107-120)の判定負けを喫し王座から陥落した[6]

2010年12月11日、ビクター・オルティス  アメリカ合衆国)と対戦し、1-0(95-93、94-94、94-94)の判定で引き分けた[7]

2011年7月29日、ビクトル・マヌエル・カージョ(  ドミニカ共和国)とIBF世界スーパーライト級挑戦者決定戦を行い、初回から優勢的に進め12回KO勝ちを収めIBF王座への挑戦権獲得に成功した。

2011年12月10日、ワシントンD.C.DCアーモリーWBA・IBF世界スーパーライト級スーパー王者アミール・カーン  イギリス)と対戦し、12回2-1(113-112×2、110-115)で判定勝ちを収めWBAスーパー王座の獲得に成功、IBF王座の獲得にも成功した[8]

2012年5月19日、カーンと再戦する予定だったが、試合前のドーピング検査によりピーターソンから合成テストステロンが検出され試合中止となった。試合前のドーピング検査はピーターソンからカーンへ要請したものだったが、結果的にピーターソン自身のドーピング違反が判明することとなってしまった。ピーターソンは正当な医療行為として2011年11月にテストステロンを摂取したと主張したが、テストステロンを使用する旨を事前に届出をしていなかった[9][10]。これによりピーターソンが保持していたWBA世界スーパーライト級スーパー王座は剥奪されたが、IBF世界スーパーライト級王座は剥奪されることはなかった。

2012年7月11日、WBAから休養王座に認定されたがその年の12月に剥奪された[11]

2013年2月22日、DCアーモリーで元WBO世界スーパーライト級王者でIBF世界スーパーライト級3位のケンドール・ホルト  アメリカ合衆国)と対戦し、8回1分42秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[12]

2013年5月18日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホールでWBC世界スーパーライト級暫定王者のルーカス・マティセー  アルゼンチン)と対戦し、3回2分14秒TKO負けを喫した[13]

2014年1月25日、DCアーモリーでIBF世界スーパーライト級1位のディエリー・ジャン  カナダ)と対戦し、3-0(115‐113、116‐112、118‐111)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[14]

2014年8月9日、ニューヨークバークレイズ・センターダニー・ガルシアVSロッド・サルカの前座で、IBF世界スーパーライト級13位のエドガル・サンタナ(  プエルトリコ)と対戦し、10回2分48秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した[15]

2015年1月9日、ゴールデンボーイ・プロモーションズからプロモート権を破棄されたことで、同プロモーションから離脱した[16]

2015年4月11日、バークレイズ・センターでWBA・WBC世界スーパーライト級スーパー王者のダニー・ガルシア  アメリカ合衆国)と143ポンド契約12回戦を行い、0-2(114-114、113-115、113-115)の判定負けを喫した[17]。 なお王座は懸けられなかったが、試合前にIBFがピーターソンが敗れた場合には王座を剥奪すると通告していたため、ピーターソンはIBF王座を剥奪された[18]

2015年10月17日、バージニア州フェアファックスイーグルバンク・アリーナフェリックス・ディアス  ドミニカ共和国)とノンタイトル12回戦を行い、2-0(114-114、116-112、117-111)の判定勝ちを収め再起を飾った[19]

2016年1月12日、WBCはWBC世界ウェルター級5位のアンドレ・ベルトとWBC世界ウェルター級挑戦者決定戦を行うよう指令を出した[20]

2017年2月18日、1年4ヶ月ぶりの試合をオハイオ州シンシナティザビエル大学構内にあるシンタス・センターエイドリアン・ブローナーVSアドリアン・グラナドスの前座で、WBA世界ウェルター級王者のダビッド・アバネシヤンと対戦し、12回3-0(115-113、116-112×2)の判定勝ちを収め2階級制覇を達成した[21][22][23]

2017年10月3日、WBA世界ウェルター級王座を返上した[24]

2018年1月20日、バークレイズ・センターでIBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンス・ジュニアと対戦し、ピーターソンが7回終了時に棄権した為WBAに続きIBFでの王座獲得とはならなかった[25][26]

2019年3月24日、1年2ヶ月ぶりの試合をメリーランド州オクソン・ヒルのMGMナショナル・ハーバーでセルゲイ・リピネッツと対戦し、10回TKO負けを喫すると、試合後に引退を発表した[27]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 74.US National Golden Gloves - Reno - April 30 - May 5 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ Unites States National Championships - Las Vegas - April 2-6 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 113.Unites States National Championships - Colorado Springs - March 24-28 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ US Olympic Trials Tunica February 17-21, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ US Olympic Box-Offs Cleveland February 27-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ ダルチニヤン、ブラッドリーとも暫定王者に圧勝 ボクシングニュース「Box-on!」2009年12月13日
  7. ^ カーン熱闘制す マイダーナに小差の判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」2010年12月12日
  8. ^ カーン負けた! ピーターソン熱闘制す ボクシングニュース「Box-on!」2011年12月12日
  9. ^ Lamont Peterson-Amir Khan canceled”. ESPN.com (2012年5月10日). 2013年6月4日閲覧。
  10. ^ WBA strips Peterson of its 140-pound title”. The Ring (2012年6月27日). 2013年6月4日閲覧。
  11. ^ Amir Khan reinstated as WBA super champion”. Fightnews.com (2012年7月11日). 2013年6月4日閲覧。
  12. ^ ピーターソンTKOで1年2ヵ月ぶりのV1 ボクシングニュース「Box-on!」2013年2月23日
  13. ^ マティセー、ピーターソンを轟沈 ボクシングニュース「Box-on!」2013年5月19日
  14. ^ ピーターソン、11ヵ月ぶりの防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月26日
  15. ^ ガルシア余裕の2回KO勝ち、ピーターソンはV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月10日
  16. ^ Oscar De La Hoya gets settlement”. ESPN.com (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  17. ^ ガルシアがSL級対決判定勝ち、ミドル級はドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月12日
  18. ^ Cuenca, Yang ordered by IBF to fight”. ESPN.com (2015年4月12日). 2015年4月13日閲覧。
  19. ^ 再起戦のピーターソン、五輪金ディアス下す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月18日
  20. ^ Garcia-Guerrero Set For WBC Title, Winner Faces Khan”. Boxing Scene.com (2016年1月12日). 2016年1月21日閲覧。
  21. ^ Peterson dethrones Avanesyan to win WBA ‘regular’ welterweight title Fightnews.com 2017年2月18日
  22. ^ ピーターソン2階級制覇、ブローナーは2-1判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月19日
  23. ^ Inside Game: Peterson Edges Avanesyan WBA公式サイト2017年2月20日
  24. ^ WBA Welterweight Title is vacant WBA公式サイト 2017年10月3日
  25. ^ IBF welter champ Spence crushes Peterson Fightnews.com 2018年1月20日
  26. ^ スペンス初防衛成功、ピーターソンをストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月21日
  27. ^ D.C. boxer Lamont Peterson announces retirement after loss to Sergey Lipinets”. Washingtonpost (2019年3月25日). 2019年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
ウィリー・ブレイン
WBO世界スーパーライト級暫定王者
2009年4月25日 - 2009年12月12日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前WBA・IBFスーパー王者
アミール・カーン
WBA世界スーパーライト級スーパー王者
2011年12月10日 - 2012年6月27日(剥奪)
休養:2012年7月11日 - 2012年12月(剥奪)
次スーパー王者
剥奪により消滅
前王者
アミール・カーン
IBF世界スーパーライト級王者

2011年12月10日 - 2015年4月11日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
セサール・レネ・クエンカ
前王者
ダビッド・アバネシヤン
WBA世界ウェルター級王者

2017年2月18日 - 2017年10月3日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ルーカス・マティセー