メインメニューを開く

ラモーナのおきて』(原題:Ramona and Beezus)は、2010年アメリカファミリー映画ビバリー・クリアリーの小説『ビーザスといたずらラモーナ』を原作としている[4][5]日本ではDVDスルーとして、2011年11月23日DVDが発売された。

ラモーナのおきて
Ramona and Beezus
監督 エリザベス・アレン
脚本 ニック・パステイ

ローリー・クレイグ
原作 ビバリー・クリアリー
『ビーザスといたずらラモーナ』
製作 アリソン・グリーンスパン
デニーズ・ディ・ノヴィ[1]
出演者 ジョーイ・キング
セレーナ・ゴメス
音楽 マーク・マザーズボー
撮影 ジョン・ベイリー
編集 ジェーン・モーラン
製作会社 ウォルデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年7月23日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[2]
興行収入 $27,293,743[3]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ラモーナは、両親と姉と妹と飼い猫とともに暮らす、幸せな少女だった。

だが、あるとき父が失業し、引っ越すかどうかという話が出た。

環境が変わってほしくない自分のためにも、彼女は父のために職を探そうとする。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ラモーナ・クインビー ジョーイ・キング 大谷育江
ビーザス・クインビー セレーナ・ゴメス 根本圭子
ヘンリー・ハギンズ ハッチ・ダーノ 成瀬誠
ベアトリス(ビー)おばさん ジニファー・グッドウィン 高木礼子
ホバート・ケンプ ジョシュ・デュアメル 高橋広樹
ドロシー・クインビー ブリジット・モイナハン 藤本喜久子
ロバート・クインビー ジョン・コーベット 東地宏樹
ミーチャム夫人 サンドラ・オー 沢海陽子
トリプレットの母 リンダ・ボイド

脚注編集

  1. ^ Ramona and Beezus - IMDb Credits”. IMDb.com. 2009年6月22日閲覧。
  2. ^ Siegel, Tatiana (2010年7月17日). “Female power pushes 'Ramona'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118021858.html?categoryid=2520&cs=1 
  3. ^ Ramona and Beezus (2010)”. Box Office Mojo. IMDb (February, 18 2011). 2010年11月1日閲覧。
  4. ^ Vena, Jocelyn."Selena Gomez To Star In 'Ramona and Beezus' Movie." MTV.com, 2009-02-06.
  5. ^ Kilday, Gregg. "Young actresses cast for 'Beezus and Ramona.'" Reuters, 2009-02-05.

外部リンク編集