株式会社ラリーアート: RALLIART INC.) は、三菱自動車工業子会社。三菱自動車のワークス・チームとしてモータースポーツへの参画などを行っている。

株式会社ラリーアート
RALLIART INC.
Ralliart Logo.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-8410
東京都港区芝5丁目33番18号
設立 1984年4月
業種 サービス業
主要株主 三菱自動車工業(100%)
関係する人物 アンドリュー・コーワン英語版(創設者)
テンプレートを表示

概要編集

設立以来、モータースポーツ(世界ラリー選手権ダカール・ラリー等)へワークスチームとしての参加と、それらのイベントに参加するプライベーターへの支援活動、コンペティション用及びスポーツパーツの開発・販売などを行っていた。

しかし、経済状況の変化から経営環境が悪化。2010年3月31日をもって業務の大幅な縮小が図られ、主要業務の大半が終了することとなり、その後ワークスチームの運営はMMSP GmbH[注釈 1](初代社長:スヴェン・クワント、2代目社長:鳥居勲)が行っており、ラリーアートパーツの販売は株式会社テストアンドサービス(創業者:益子治、代表取締役:益子タヱ子)が行っている。

かつては日本以外に欧州などにも拠点を持っていたため、一部の拠点は業務縮小に伴い、三菱から独立する形でモータースポーツ活動を継続している(後述)。

2021年5月11日、ブランドの復活および純正アクセサリーとしての幅広いモデルへの展開が発表された[1]

2022年3月、同年のアジアクロスカントリーラリー三菱・トライトンで出場を予定している、タイの「タント・スポーツ」が「チーム三菱ラリーアート」を名乗ることが発表された。また同チームの総監督に増岡浩が就任する[2]

ロゴ編集

ロゴは「RALLI」と「ART」の間に赤とオレンジの5本ずつの縦線をはさむもの。このデザインは「ADVAN」(横浜ゴムのタイヤブランド)を手がけたデザイナーによるものである。

沿革編集

  • 1983年 - ラリーアート・ヨーロッパ設立。
  • 1984年4月 - 株式会社ラリーアート設立。創設者はアンドリュー・コーワン。
  • 2002年11月 - MMSPの設立に伴い、ヨーロッパ各国のラリーアートが統合される。
  • 2010年3月10日 - 業務縮小に伴い、一部業務の廃止を発表[3]
  • 2018年11月30日 - 日本語公式ウェブサイトが閉鎖される[4]
  • 2019年3月31日までにグローバルオフィシャルサイトも閉鎖。
  • 2021年5月11日 - ブランドの復活を発表。

RALLIARTグレードのあった車及び現在設定されている車編集

現在の設定車種編集

過去の設定車種編集

かつての拠点編集

スウェーデン
旧ラリーアート・スウェーデンを母体とするMpart ABが2022年現在も活動を継続している。2017年には三菱・ミラージュ(欧州ではスペーススター)をR5規定相当に改造した「ミラージュR5」を独自に開発し、アジアパシフィックラリー選手権(APRC)に参戦を開始[7](ただしメーカーの協力を得られていないため、正式なホモロゲーションは受けていない)。チームでは将来的にエボリューションモデルの開発も計画している[8]

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2002年11月設立の三菱自動車のモータースポーツ統括会社。その他イギリスにあるWRC開発拠点のMMSP.Ltdやクロスカントリーラリーの開発拠点でフランスにあるMMSP SAS.が存在する。

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集