ラリー・ウィリアムズ (歌手)

ラリー・ウィリアムズLarry Williams1935年5月10日 - 1980年1月7日)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のシンガーソングライターである。1957年から1959年にかけてスペシャルティ・レコードから発売された「ボニー・モロニー」、「ショート・ファット・ファニー」、「スロウ・ダウン」、「ディジー・ミス・リジー」、「バッド・ボーイ」、「シー・セッド・イェー」などで知られる[1]

ラリー・ウィリアムズ
生誕 1935年5月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1954年 - 1979年
レーベル

来歴編集

1935年5月10日にルイジアナ州ニューオーリンズで生まれる。幼少期に家族とともに西武へ引っ越し、シカゴにある親戚の家でしばらく生活した後、カリフォルニア州オークランドに移る。幼少期よりピアノを習っていて、10代の頃にレモン・ドロップスという名のR&Bグループに参加した[2]

1954年にニューオーリンズに戻り、ロイド・プライスのバック・バンドでピアノを弾く[1]。1955年にリトル・リチャードと出会い、親交を深めた[3]。プライスとリトル・リチャードは、共にスペシャルティ・レコードに在籍していた。ウィリアムズは、プロデューサーのロバート・ブラックウェルに紹介され、スペシャルティ・レコードと契約[1]

1957年、ロイド・プライスのカバー曲「Just Because」でデビュー。1957年から1959年にかけてスペシャルティ・レコードにて、「Bony Moronie」や、後にビートルズがカバーした「ディジー・ミス・リジー」「スロウ・ダウン」「バッド・ボーイ」などといったロックンロールスタンダードを発表する。

スペシャリティ・レコードを離れてからは、チェスやデッカなどのレコード会社を転々とする。

1980年1月7日、ロサンゼルスの自宅で、頭に受けた銃弾により死亡。死因については様々な憶測がなされるが、逮捕あるいは検挙された容疑者が一人も出なかったため自殺と考えられている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Erlewine, Stephen Thomas. “Larry Williams | Biography & History”. AllMusic. All Media Group. 2021年5月27日閲覧。
  2. ^ Giles, Jeff (2015年1月7日). “Why Rock Fans Should Know the Name Larry Williams” (英語). Ultimate Classic Rock. 2021年5月27日閲覧。
  3. ^ White 2003, p. 77-78.

参考文献編集

  • White, Charles A. (2003). The Life and Times of Little Richard: The Authorized Biography. Omnibus Press. p. 186. ISBN 0-7119-9761-6