ラリー・ヤング (ミュージシャン)

ラリー・ヤングLarry Young)もしくはハリド・ヤシン(Khalid Yasin、1940年10月7日 ニューアーク - 1978年3月30日 ニューヨーク)は、アメリカ合衆国ジャズキーボード奏者(オルガニストならびにピアニスト)。ソウル・ジャズ寄りのジミー・スミスとは対照的に、モーダル・ジャズの先駆者として知られるが、その実ソウル・ジャズも手懸けた。ジミ・ヘンドリックスとのジャム・セッションによってレコードを残したことから、ジャズ愛好家だけでなく、ロック愛好家にも名前が知られている。イスラム教改宗してハリド・ヤシン・アブドゥル・アジズ(Khalid Yasin Abdul Aziz)に改名した。

ラリー・ヤング
Larry Young
別名 Khalid Yasin
生誕 (1940-10-07) 1940年10月7日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ニューアーク
死没 (1978-03-30) 1978年3月30日(37歳没)
ジャンル ジャズソウル・ジャズジャズ・ファンクモーダル・ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン、ソングライター
担当楽器 オルガン、ピアノ
レーベル ブルーノート

略歴編集

1950年代にさまざまなリズム・アンド・ブルースのバンドと共演した後、ジミー・フォレストルー・ドナルドソンケニー・ドーハムハンク・モブレイトミー・タレンタインとの共演でジャズの経験を積んだ。

1960年よりプレスティッジ・レーベルでリーダー・アルバムの録音を開始し、『テスティファイイング』や『ヤング・ブルース』、『グルーヴィー・ストリート』など多数のアルバムを作った。1964年ブルーノートに移籍した頃には、ジョン・コルトレーンの顕著な影響が見えるようになった。ヤングの最良の作品が作り出されたのもこの頃である。ギタリストのグラント・グリーンやドラマーのエルヴィン・ジョーンズとしばしばトリオを組んでおり、時にはその編成に多少の増員を行なった。このような手順を踏んだアルバムは、ほとんどがグリーンの名義で発表されたが、(サクソフォーンにサム・リヴァースを迎えた)アルバム『イントゥ・サムシン』は、ヤングのブルーノートにおけるデビュー盤となった。1965年に録音されたアルバム『ユニティ』は、ヤングの代表作であり、ジョー・ヘンダーソンや若き日のウディ・ショウを最前線に押し出している。

その後のブルーノートにおけるアルバム(『ラブ・アンド・ピース』『コントラスツ』『ヘヴン・オン・アース』『マザー・シップ』)は、1960年代アヴァンギャルド・ジャズの要素を取り入れたり、ヤングの地元ニューアーク出身のミュージシャンを起用したりするなどしている。

その後、トニー・ウィリアムズのグループ、ライフタイムの『エマージェンシー!』に参加したり、ジョン・マクラフリンと共にマイルス・デイヴィスの『ビッチェズ・ブリュー』にも参加した。ジミ・ヘンドリックスと共演した音源は、ヘンドリックスの死後(1980年)にアルバム『ナイン・トゥ・ジ・ユニヴァース』中に「Young / Hendrix」として含まれている。

ラリー・ヤングに特徴的な響きは、ハモンドオルガンストップに起因し、霊妙で幽玄な効果を生み出している。つまりこの音色こそ、主役にして背景なのである。

肺炎を放置したため37歳で早世した。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『テスティファイイング』 - Testifying (1960年、New Jazz)
  • 『ヤング・ブルース』 - Young Blues (1960年、New Jazz)
  • 『グルーヴィー・ストリート』 - Groove Street (1962年、Prestige)
  • 『イントゥ・サムシン』 - Into Somethin' (1964年、Blue Note)
  • 『ユニティ』 - Unity (1965年、Blue Note)
  • 『ラブ・アンド・ピース』 - Of Love and Peace (1966年、Blue Note)
  • 『コントラスツ』 - Contrasts (1967年、Blue Note)
  • 『ヘヴン・オン・アース』 - Heaven on Earth (1968年、Blue Note)
  • 『マザー・シップ』 - Mother Ship (1969年、Blue Note)
  • 『ローレンス・オブ・ニューアーク』 - Lawrence of Newark (1973年、Perception)
  • 『フューエル』 - Fuel (1975年、Arista)
  • 『スペースボール』 - Spaceball (1976年、Arista)
  • The Magician (1977年、Acanta/Bellaphon)
  • 『イン・パリ:ORTFレコーディングス』 - Larry Young in Paris: The ORTF Sessions (2016年、Resonance) ※フランスのラジオのために1964年&1965年録音

参加アルバム編集

ジョー・チェンバース

  • Double Exposure (1978年、Muse)

マイルス・デイヴィス

ジミー・フォレスト

  • Forrest Fire (1960年、New Jazz)

グラント・グリーン

  • 『トーキン・アバウト』 - Talkin' About! (1963年、Blue Note)
  • 『ヒズ・マジェスティ、キング・ファンク』 - His Majesty King Funk (1965年、Verve)
  • 『抱きしめたい』 - I Want to Hold Your Hand (1966年、Blue Note)
  • 『ストリート・オブ・ドリームス』 - Street of Dreams (1967年、Blue Note) ※1964年録音

エタ・ジョーンズ

  • Love Shout (1963年、Prestige)

ギルド・マホネス

  • 『アイム・シューティング・ハイ』 - I'm Shooting High (1963年、Prestige)
  • The Great Gildo (1964年、Prestige)

ジョン・マクラフリン

ポニー・ポインデクスター & ブッカー・アーヴィン

  • 『ガンボ!』 - Gumbo! (1963年、Prestige) ※1999年再発CD盤ボーナストラックのみ

ウディ・ショウ

  • 『イン・ザ・ビギニング』 - In the Beginning (1965年、Muse)

ソーネル・シュワルツ & ビル・レスリー

  • Soul Cookin' (1962年、Argo) ※「Lawrence Olds」名でクレジット

バディ・テリー

  • Natural Soul (1968年、Prestige)

トニー・ウィリアムス・ライフタイム

  • 『エマージェンシー!』 - Emergency! (1969年、Polydor)
  • 『ターン・イット・オーバー』 - Turn It Over (1970年、Polydor)
  • 『エゴ』 - Ego (1971年、Polydor)

Love Cry Want (Nicholas/Gallivan/Young)

  • Love Cry Want (1997年、Newjazz.com) ※1972年6月録音

外部リンク編集