メインメニューを開く

ラルビ・ベンバレク(العربي بن مبارك, Larbi Benbarek、1914年6月16日 - 1992年9月16日)は、モロッコカサブランカ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元フランス代表。1940年代から1950年代にかけて活躍し、ヨーロッパの舞台で活躍した最初のアフリカ出身の選手である。

ラルビ・ベンバレク Football pictogram.svg
名前
愛称 黒い真珠
ラテン文字 Larbi Benbarek
アラビア語 العربي بن مبارك
基本情報
国籍 モロッコの旗 モロッコ
フランスの旗 フランス
生年月日 1914年6月16日
出身地 カサブランカ
没年月日 (1992-09-16) 1992年9月16日(78歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1934-1935
1935-1938
1938-1939
1940-1945
1945-1948
1948-1953
1953-1955
モロッコの旗ICカサブランカ
モロッコの旗USMカサブランカ
フランスの旗オリンピック・マルセイユ
モロッコの旗USMカサブランカ
フランスの旗スタッド・フランセ
スペインの旗アトレティコ・マドリード
フランスの旗オリンピック・マルセイユ
代表歴
1938-1954 フランスの旗 フランス 17 (3)
監督歴
1958 モロッコの旗 モロッコ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ベンバレクは20歳のときにフランスのオリンピック・マルセイユへ移籍すると、優れたボールテクニックで攻撃陣をリードし、サポーターの支持を得た。第二次世界大戦の勃発により1940年にモロッコへ帰国したが、戦後は再びフランスリーグへ活躍の場を求め、スタッド・フランセへ移籍した。

1948年からはスペインのアトレティコ・マドリードへ移籍。同年9月19日のアスレティック・ビルバオ戦でリーグデビューを飾った(試合は4-1でアトレティコの勝利)。アトレティコではリーグ通算113試合に出場し56得点を記録。1950年と1951年のリーグ連覇に貢献した。1954年にフランスのマルセイユに復帰し、翌1955年に40歳で現役を引退した。

1938年にフランス代表に選出され、同年9月4日のイタリア戦で代表デビューを飾った(試合は0-1でイタリアの勝利)。1954年10月16日の西ドイツ戦で代表から退くまで、国際Aマッチ17試合に出場した。

引退後はモロッコへ帰国し、1958年にフランスからの独立後として初のモロッコ代表監督を務めた。

1992年9月16日、故郷のカサブランカで死去。78歳没。彼の死から6年後の1998年に、生前の功績が認められ、国際サッカー連盟からFIFA功労者表彰が贈られた。

外部リンク編集