ラルフ・ベアード

ラルフ・ミルトン・ベアード・ジュニア (Ralph Milton Beard Jr., 1927年12月2日 - 2007年11月29日) は、アメリカ合衆国の元プロバスケットボール選手。身長178cm、体重79kg。ポジションはガード1948年ロンドン五輪金メダリスト。

ラルフ・ベアード
Ralph Beard
Ralph Beard.jpg
故人
ポジション G
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1927年12月2日
没年月日 (2007-11-29) 2007年11月29日(79歳没)
出身地 ケンタッキー州ハンティンバーグ
身長(現役時) 178cm (5 ft 10 in)
体重(現役時) 79kg (174 lb)
キャリア情報
出身 ケンタッキー大学
ドラフト 1949年 8位
選手経歴
1949-1951 インディアナポリス・オリンピアンズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1948
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1948 ロンドン バスケットボール

経歴編集

ベアードはケンタッキー州ハンティンバーグで生れ、進学したケンタッキー大学ではアレックス・グローザらとともに2度のNCAAトーナメント制覇を果たした。自身は3年連続でオールアメリカ1stチームに選出されている。また、1948年にはロンドン五輪アメリカ代表に選ばれて金メダルを獲得した。

1949年、ベアードはBAAドラフト全体8位でインディアナポリス・オリンピアンズに入団した。同期入団したグローザとともに1年目から活躍し、平均14.9得点でオールNBA2ndチームに選ばれた。翌1950-51シーズンは平均16.8得点(リーグ7位)4.8アシスト(同5位)の好成績でオールNBA1stチーム入りを果たし、この年開催された第1回オールスターゲームにも出場した。

しかし、1951年に発覚したカレッジバスケットの八百長疑惑に関して告発され、罪を認めたため、グローザらとともにNBAより永久追放処分を受けた。NBAでの成績は、126試合の出場で通算2,006得点551アシスト(平均15.9得点4.4アシスト)であった。引退後は製薬会社で働いた他、ABAケンタッキー・カーネルズでスカウトも務めた。2007年、ケンタッキー州ルイビルにて79歳で死去。

個人成績編集

レギュラーシーズン編集

Season Team GP FG% FT% RPG APG PPG
1949–50 INO 60 .363 .762 3.9 14.9
1950–51 66 .368 .775 3.8 4.8 16.8
Career 126 .366 .770 3.8 4.4 15.9
All-Star 1 .375 .000 3.0 2.0 6.0

プレーオフ編集

Year Team GP FG% FT% RPG APG PPG
1950 INO 5 .314 .786 4.4 13.2
1951 3 .443 .706 4.0 4.3 22.0
Career 8 .374 .756 4.0 4.4 16.5

外部リンク編集