ラルヴィクLarvik)はノルウェーヴェストフォル県の都市。オスロの南西105キロにある。面積530平方キロメートル、人口23,100人。周辺人口を含めて約4万人の都市圏を形成する。経済は農業、商業、サービス業、運送業に依存している。ラルヴィクはミネラルウォーターFarriskildeneの水源として知られ、ファリスのブランド名で売られている。また、世界最北のブナFagus sylvaticaがある。

ラルヴィクの紋章
ラルヴィクの位置

歴史編集

ラルヴィクは、1671年に初代ラルヴィク伯ウルリクによって建設された。今日、ラルヴィクはトレショウ荘園からなっているが、この荘園の所有者はノルウェー屈指の大富豪ミレ=マリーエ・トレショウである。1820年代に最後のラルヴィク伯が破産した後、トレショウ家が買い上げたためである。

名前の由来編集

ノース語*Lagarvíkに由来する。logrは水や川、víkは入り江を意味する。すなわちニュメダール川河口という意味となる。1889年までデンマーク語Laurvikというつづりだった。

紋章編集

1989年より使用している。三本の帆がついたマストを表す。

姉妹都市編集

著名な出身者編集