ラルース百科事典

ラルース百科事典(ラルースひゃっかじてん、: Grand Dictionnaire universel du XIXe siècle)は、フランスの代表的な百科事典である[1][2][3]。創始者は文法学者ピエール・ラルースであり、彼は1852年ラルース書店ラルース出版社とも)を創立した[2]。そのため、ラルース書店によって刊行されている[4]。百科事典ではあるが、辞典的な事項を加味した小項目主義が特色である[2]。現在、「20世紀ラルース」や「百科大ラルース」「3巻カラー・ラルース」「小ラルース」などが存在。

ラルース百科事典

歴史編集

ピエール・ラルースは1850年に「フランス語辞典(Dictionnaire de la langue franaise)」を出版[1]。これが好評であったため、1952年に友人とともにラルース書店を設立し、国語の教科書文法書などに新たな工夫を盛り込んだものなどを発行して、人気を集めた[1]。彼はこれをもとに、国民教育的発想から百科事典の大衆化を計画[1]。自身の経験を生かし、小項目主義で図版を多く使用した「19世紀世界(万有)百科事典(Grand dictionnaire universel du XIX siècle)」を刊行し、完成する1年前にラルース自身は逝去となったものの、後継者によりその意志が受け継がれ、現在に至るまでの発展の基礎を築いた[1]

大ラルース百科事典と大百科事典編集

ラルース百科事典の代表的なものは、第二次世界大戦後に出版された、「大ラルース百科事典(Grand Larousse Encyclopdique)」と「大百科事典(La Grande Encyclopdie)」の2種の新改訂版である[1]

大ラルース百科事典は、全10巻(1960~1964)と補遺2巻(1969、1975)で小項目主義となっており、収録項目は16万5000。挿画や写真地図などを多く使用し、簡潔な記述となっているのが特徴。1982年からはまた新たに改訂版が編集されている[1]

大百科事典は、20巻(1971~1976)と索引(1978)および補遺(1981)で構成され、知識を総合的または評価的に知らせることが趣旨である[1]。大ラルース百科事典とは対照的に、大項目主義となっており、収録項目の数は8000余と少ないものの、それらの項目に関連した重要事項を掲載し、体系的に解説や挿画、地図や年表等もより大きく楽しいものとなっている[1]。学際的な知識や最新の学問の水準などを伝えるために、項目の執筆陣も、国立科学研究センターの研究者を中心とし、協力者を広く募集している。人名項目も同じシステム[1]

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]