メインメニューを開く
日月潭とラル島
ラル島

ラル島中国語拉魯島、元名:珠仔山玉島光華島)は、台湾南投県魚池郷日月潭(湖)に浮かぶである。日月潭周辺に多く住む台湾原住民サオ族聖地となっている[1]。島の周りを囲む人工島から眺められるが、上陸できない。

本名はラル島だが、漢民族が珠仔山と、日本統治時代玉島と、戦後中華民国が台湾を領有し、島を光華島と名付けた。1999年に「921大地震」が発生した後、サオ族に敬意を表すため、光華島を正式にラル島と名づけ直した[2]

かつては今よりも大きな島であったが、1934年にダムが竣工して日月潭の水位が上昇したために、最上部を除いて水没し、現在のような小島になった[3]

脚注編集