ラングレー空軍基地

ラングレー空軍基地(Langley Air Force Base)は、バージニア州ハンプトンに所在するアメリカ空軍空軍基地である。航空戦闘軍団(ACC)の第1戦闘航空団の本拠地でもある。2010年に近隣のフォート・ユースティスと編合され、ラングレー・ユースティス統合基地英語版の一部となった。

ラングレー空軍基地
Langley Air Force Base
Air Combat Command.png
IATA: LFI - ICAO: KLFI
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 バージニア州ハンプトン
種類 軍用
運営者 アメリカ空軍
開設 1916年
所在部隊 Col. Donald "Gene" Kirkland
標高 3 m (11 ft)
座標 北緯37度04分58秒 西経076度21分38秒 / 北緯37.08278度 西経76.36056度 / 37.08278; -76.36056
公式サイト www.langley.af.mil
滑走路
方向 長さ (m) 表面
8/26 3,480 コンクリート
出典: 公式サイト[1]およびFAA[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

1916年12月、アメリカ陸軍航空部飛行場として開設。アメリカ合衆国空軍が創設された1947年に移管され、現在に至る。基地名はアメリカの天文学者で、スミソニアン天体物理観測所を創設したサミュエル・ラングレー(Samuel Pierpont Langley, 1834年8月22日1906年2月27日)に因む。現在、航空戦闘軍団である第1戦闘航空団等が常駐している。

第一戦闘航空団は、アメリカ空軍で初めてF-22が実戦配備された部隊としても知られ、2006年には初陣として対テロ戦争におけるアメリカ合衆国防衛作戦「気高き鷲作戦」(Operation Noble Eagle)に参加している(配備されたのは2005年12月15日で、第27飛行隊と第94飛行隊の2つの部隊に配備された。また、2007年1月には第27飛行隊に所属するF-22A(12機)が沖縄県嘉手納基地に暫定的に配備された。

なお、第1戦闘航空団の第71飛行隊にはF-15C/Dが配備されており、こちらは2003年イラク戦争における「イラクの自由作戦」でイラク空軍のミラージュF1を撃墜する戦果を挙げている。

脚注編集

  1. ^ Langley Air Force Base Archived 2007年1月24日, at the Wayback Machine., official site
  2. ^ FAA Airport Master Record for LFI (Form 5010 PDF), effective 2008-06-05