メインメニューを開く

ランゲンザルツァの戦い (1761年)

背景編集

1760年の苦戦を経て、オーストリア軍とロシア軍はプロイセン軍との戦闘を小休止しなければならなかった。プロイセン王フリードリヒ2世はその間に同盟国イギリスとハノーファーの指揮官フェルディナント・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルにヘッセンにいるフランス軍への攻撃を要請、プロイセン軍7千を援軍として派遣した[1].。1761年1月26日、フランス軍はテューリンゲンフランケンハウゼン英語版で小規模な戦闘に勝利した[2]

経過編集

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ズューブルクドイツ語版率いるプロイセン軍はフリードリヒ・フォン・シュペルケン率いるハノーファー軍と合流し、フランスのスタンヴィル伯とザクセンのゾルムス伯ドイツ語版と戦った。

両軍はウンシュトルト川両岸で激突した。フランス軍は大雨で濡れた中、ぬかるんだ谷を進んだため行軍が困難であった。フランス軍のうち1個縦隊は悪路で道からそれてしまい、浅瀬で渡河する羽目になった。またフランス砲兵隊の位置が低すぎて高台で行軍しているプロイセン騎兵に砲撃できなかった[3]

戦闘の結果はフランスとザクセン軍の敗北に終わり、2千人が戦死または捕虜になった[4]

影響編集

フェルディナントは勢いに乗じてハノーファー軍1万5千でカッセルを包囲、また同時にツィーゲンハインマールブルクも包囲した。しかし、フェルディナントは3つの包囲で全て敗北し、1761年3月21日のグリューンベルクの戦いでもブロイ公に敗北した。一方のフリードリヒ2世もオーストリア軍と神聖ローマ帝国軍が南からプロイセン軍を脅かしていたため、フランス軍に追撃できなかった[5]

ランゲンザルツァにおける敗北はスタンヴィル伯の兄でオーストリアとの同盟を推進していたフランス宰相エティエンヌ・フランソワ・ド・ショワズールの名声を損なった。

脚注編集

  1. ^ Frédéric II, Œuvres historiques ; Tome IV [V]: Histoire de la guerre de Sept Ans, pp. 101-102.
  2. ^ Philippe-Henri de Grimoard, Tableau historique et militaire de la vie et du règne de Frédéric le Grand, 1788, p. 190
  3. ^ Correspondance inédite de Victor-François, duc de Broglie, maréchal de France, t. III, p. 635, 641
  4. ^ Philippe-Henri de Grimoard, Tableau historique et militaire de la vie et du règne de Frédéric le Grand, 1788, pp. 189-190.
  5. ^ Frédéric II, Œuvres historiques ; Tome IV [V]: Histoire de la guerre de Sept Ans, pp. 103-104.

参考文献編集

  • Thomas Carlyle, Works of Thomas Carlyle, 1891, [lire en ligne]
  • Philippe-Henri de Grimoard英語版, Tableau historique et militaire de la vie et du règne de Frédéric le Grand, 1788 .
  • Frédéric II, Œuvres historiques ; Tome IV [V]: Histoire de la guerre de Sept Ans.
  • Correspondance inédite de Victor-François, duc de Broglie, maréchal de France, t. III, Paris, 1817.

座標: 北緯51度06分29秒 東経10度38分48秒 / 北緯51.1080度 東経10.6468度 / 51.1080; 10.6468