ランス・カーター

ランス・デイヴィッド・カーターLance David Carter , 1974年12月18日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州出身の元プロ野球選手投手)。

ランス・カーター
Lance Carter
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブレイデントン
生年月日 (1974-12-18) 1974年12月18日(46歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 MLBドラフト21巡目
初出場 MLB / 1999年9月15日
NPB / 2007年3月24日
最終出場 MLB / 2006年5月26日
NPB / 2007年9月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1994年MLBドラフト21巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに入団。1999年9月15日、メジャーデビュー。

2002年タンパベイ・デビルレイズに移籍し、2003年には62試合に登板し7勝26セーブの成績を挙げ、オールスターにも出場した。

2006年ロサンゼルス・ドジャースに移籍。

2007年、ドジャースと業務提携しているオリックス・バファローズに入団。抑え投手の候補として期待されていた。シーズン当初は抑えを務めていたが、球威不足からリリーフ失敗を重ね、結局前年度のクローザーだった加藤大輔にその座を譲る。その後、投手陣再編で先発に転向し、5月22日の広島戦で初先発初勝利を飾った。

しかし、先発でも白星が伸びず、9月10日に登録抹消。そのまま1軍に昇格することなく、9月16日に球団から戦力外通告を受けた。

オフになり、トロント・ブルージェイズとキャンプ招待選手としてマイナー契約を結んだが、故障のため出場することができなかった。

プレースタイル・人物編集

外国人投手の中ではやや珍しく、高い制球力と変化球の多さを得意としている。ストレートは球速140km/h前後に留まるが、四球が少なく、変化球はカーブチェンジアップなど7種類あると言われる。また、ランナーを背負うと打ち込まれて失点するケースが目立った。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 KC 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 5.1 3 2 3 0 0 3 0 0 3 3 5.06 1.13
2002 TB 8 0 0 0 0 2 0 2 0 1.000 79 20.1 15 2 5 1 0 14 0 0 3 3 1.33 0.98
2003 62 0 0 0 0 7 5 26 2 .583 328 79.0 72 12 19 6 4 47 0 0 39 38 4.33 1.15
2004 56 0 0 0 0 3 3 0 7 .500 336 80.1 77 12 23 2 1 36 1 0 32 31 3.47 1.24
2005 39 0 0 0 0 1 2 1 5 .333 239 57.0 61 9 15 1 1 22 0 0 31 31 4.89 1.33
2006 LAD 10 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 59 11.2 17 1 8 0 0 5 2 0 11 11 8.49 2.14
2007 オリックス 34 11 0 0 0 3 5 6 2 .375 380 86.1 102 14 22 0 3 50 1 1 47 43 4.48 1.44
MLB:6年 181 0 0 0 0 13 12 29 14 .520 1062 253.2 245 38 73 10 6 127 3 0 119 117 4.15 1.25
NPB:1年 34 11 0 0 0 3 5 6 2 .375 380 86.1 102 14 22 0 3 50 1 1 47 43 4.48 1.44

記録編集

MLB
NPB

背番号編集

  • 53 (1999年)
  • 38 (2002年 - 2005年)
  • 36 (2006年)
  • 32 (2007年)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集