メインメニューを開く
ランタン・シールド

ランタン・シールドは特異な武具武器が一体となった形状をしている。 16-17世紀イタリアで作られ、時にスイス軍の盾と呼ばれる。 夜間防衛のために設計された、この攻防一体の武具は約30cmほどの金属バックラーと篭手が一体となり、篭手からは鋸歯状の長いスパイクが伸びている。 それだけではなく、盾には着用者の腕と平行に剣身が取り付けられており、これは盾から30cmほど伸びていた。剣身はシールドの端から使用者の肘に向かっても伸びている。

盾には光を漏らさないようにフラップのついたランタンを取り付けることができ、フラップを開けることでランタンの灯りで相手の目をくらますことができたという。

ただし、そのような精巧な仕掛けが実戦的であったとは言い難い。

参考資料編集

関連項目編集