ランビール・シング

ランビール・シング(Ranbir Singh, 1830年8月 - 1885年9月12日)は、北インドジャンムー・カシュミール藩王国の君主(在位:1856年 - 1885年)。

ランビール・シング
ジャンムー・カシュミール藩王国君主
Maharajah Ranbir Singh of Jammu and Kashmir.jpg
在位 1856年 - 1885年

出生 1830年8月
ラームガル
死去 1885年9月12日
ジャンムー
子女 プラタープ・シング
アマル・シング
父親 グラーブ・シング
テンプレートを表示

生涯編集

1830年8月、ランビール・シングはジャンムーを支配していたドーグラー朝の君主グラーブ・シングの息子として、ラームガルで生まれた[1]

1856年2月20日ジャンムー・カシュミール藩王となっていた父グラーブ・シングが退位し、藩王位は息子のランビール・シングが継承した[1]

1857年5月インド大反乱が北インド一帯で勃発していたが、ランビール・シングはイギリスに協力し、その鎮圧に努力した。同年6月30日に父グラーブ・シングが死亡した[1]

その治世、ランビール・シングはシュリーナガルを夏季の首都、ジャンムーを冬季の首都とすることを定めた。これは現在に至るまでインドで続いている。

1885年9月12日、ランビール・シングはジャンムーで死亡し、息子のプラタープ・シングが継承した[1]

出典・脚注編集

関連項目編集

先代:
グラーブ・シング
ジャンムー・カシュミール藩王国君主
1856年 - 1885年
次代:
プラタープ・シング