メインメニューを開く

ランページ ランド ランカーズ』(Rampage Land Rankers)はスクウェア・エニックスより配信されていたスマートフォン用ゲームアプリ。2015年7月16日サービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。

ランページ ランド ランカーズ
Rampage Land Rankers
ジャンル RPG
対応機種 iOS
Android
開発元 ヘキサドライブ
運営元 スクウェア・エニックス
プロデューサー 間一朗
ディレクター 高橋光則
音楽 石元丈晴
美術 野村哲也
ロベルト・フェラーリ
運営開始日 2015年7月16日
テンプレートを表示

略称は『ランランラン』。

目次

概要編集

スクウェア・エニックスの新規IPによるRPG。

ディレクションの高橋光則やキャラクターデザインの野村哲也など、スタッフは『ファイナルファンタジーシリーズ』に携わったメンバーに中心に構成されている[1]

内容はマルチプレイスタイルのダンジョン探索型RPGで、スマートフォンという媒体の手軽さを活かし「ゆるい共闘」と称した、非同期型のマルチプレイシステムを採用している。

2016年6月15日をもってサービス終了。

ゲームシステム編集

プレイヤーはカードを使うことによって主人公の行動を決める。カードは移動用、戦闘用、共闘用などに分かれており、ダンジョン内で入手することも可能である[2]。 一度カードを使うと一定数のターンを終了するまで使用できない上、ゲーム内で所有できる枚数は限られている[2]。 プレイヤーが一つの行動を終えると、行動と状態が表示され、他プレイヤーの発見したものが紹介される[2]

ストーリー編集

ある日、冒険者協会(ランカーズユニオン)の調査部が謎の高エーテル反応を感知し、精鋭部隊・Exランカーを派遣した。 その地点にあった巨大建造物・バベル遺跡にはロストアーカイブと呼ばれる超古代文明時代の遺産が眠っていた。 同じころ、世界中では巨大ダンジョンが出現し、ロストアーカイブに関連する遺物(ロスト)が多数発見されるという、「ロストアーカイブ事件」が発生した。

ダンジョンは突如現れては消え去るということもあり、多くの冒険者たちが犠牲になった。それでも、冒険者協会はロスト入手及びロストアーカイブ攻略に全力を注ぐのであった。

登場人物編集

プレイヤーキャラクター
プレイヤーの分身となるアバター。ゲーム開始時に性別・外見・初期クラス(職業)を設定する。

ランカーズユニオン編集

ボス
声 - 岩崎ひろし
ランカーズユニオンの創設者である100歳超の老爺。ランカー達の自主性を重んじており、自分は裏方に徹する姿勢をとっている。
ハンニバル・バルカ
声 - 乃村健次
冒険者協会最強と名高いExランカーで、ビーコンで呼び出すことが可能。無口だが仲間思い。なお、ハンニバルという名前は先代から受け継いだ雅号である。
フローレンス・ナイチンゲール
声 - 三森すずこ
最年少Exランカーで、ナースコールで呼び出すことが可能。看護婦のような服装をしており、右目にはハート形の眼帯をしている。治療を趣味としており、負傷者の治療には積極的。ただし、かなりの毒舌家でもある。
ウィリアム・シェイクスピア
声 - 津田健次郎
協会の諜報員で、キーキューブで呼び出すことが可能。
多くのクラスでマスターを務めた経験を持つ元Exランカー。紳士的であることを重んじ、老若男女・敵味方問わず誰に対しても礼儀正しく接する。
エリザベス・テューダー
声 - 喜多村英梨
協会の運営に深く携わるExランカー。冷静な性格故、冷たい印象を抱かれがちだが、かなりの心配性であり、冒険者たちを家族のように思っている。

評価編集

GAME Watchは、「一人一人が共闘することで全体に良い影響が与えられ、高レベルのダンジョンでもクリアしやすくなる」という点については評価した一方、「自分の行動よりもロード時間が長いため、ちょっと行動してはしばらく待つの繰り返しになるため、サクサクとゲームを進められない」と評した[2]

脚注編集

  1. ^ スクエニの豪華クリエイターが手掛ける『ランページ ランド ランカーズ』のサービスがスタート!【動画あり】”. エンターブレイン (2015年7月16日). 2015年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c d “[http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150724_713093.html 【スマホアプリ今日の1本】長いよ待ち時間! 「ランページ ランド ランカーズ」 非同期の協力が紡ぐダンジョンの冒険。サクサクプレイへの改善へ期待!]”. GAME Watch (2015年7月24日). 2015年8月18日閲覧。

外部リンク編集