ランボルギーニ・アヴェンタドール

ランボルギーニ・アヴェンタドールLamborghini Aventador )は、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが2011年から2021年まで製造したスーパーカーである。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
概要
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2011年-2021年
ボディ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアオープン
駆動方式 4WD
パワートレイン
エンジン 6.5L V型12気筒 DOHC 48バルブ
最高出力 515kW(700PS)/8,250rpm
最大トルク 690N·m(70.3kgf·m)/5,500rpm
変速機 7速セミAT
サスペンション
前後:プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,700mm
全長 4,780mm
全幅 2,030mm
全高 1,136mm
車両重量 1,575kg
系譜
先代 ムルシエラゴ
後継 アヴェンタドールS
テンプレートを表示

概要編集

 
アヴェンタドールLP700-4
 
アヴェンタドールLP700-4 少し斜め上方に開くシザードア
 
アヴェンタドールJ(イオタ)

2010年で生産が終了したランボルギーニのフラグシップ12気筒モデルのムルシエラゴの後継車種内部コード名LB834として[1]、サンタガタボロネーゼでの最初の発表から5か月後の2011年3月1日より開催されたジュネーヴショー2011にて発表された。会場で披露されたのはオレンジ、ライトグレー、マットホワイトの3色。

スタイリング編集

デザイン担当は、フィリッポ・ペリーニ(Filippo Perini)による。エンジンフードカバーのデザインは、カメムシの外観から発想を得たもの。フロントやリア周りの意匠は、2007年に公開されたムルシエラゴがベースの限定車レヴェントンと、2008年に公開された4ドアのコンセプトカーエストーケのデザインが反映されている。ランボルギーニ縦置き12気筒モデルでは伝統のドアが上方に跳ね上がるシザードアカウンタックディアブロムルシエラゴまでのように真上ではなく少し斜めに拡がりつつ[2]上方に開く。

仕様と性能編集

仕様編集

鋼管スペースフレームシャシーのムルシエラゴとは異なりキャビン部分のみがモノコック構造で、前後をマルチチューブラーフレームとした構成のカーボンファイバー製セミモノコックを採用。サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV12となっている。トランスミッションはマニュアルを廃止しセミオートマのみとされ(メーカーとしても性能向上のためこの車種以降マニュアルは搭載しない考えである)、7速シングルクラッチ 自動マニュアルで、GrazianoTrasmissioniによって製造され、シングルクラッチであるにもかかわらず、ギアシフトは50ミリ秒で達成される。パワートレインの配置はカウンタックディアブロムルシエラゴと受け継がれている、運転席と助手席の後ろに置かれたエンジンの出力を、運転席と助手席の間のセンタートンネルに置かれたトランスミッションを経由した上で後輪に伝えている。新しい電子制御の4WDシステムは、スウェーデンの会社Haldex Tractionによって開発、供給され、第4世代のテクノロジーに基づいてトラクションとハンドリング機能を提供し、前後の駆動力配分は、0:100から40:60まで調整できる。センターコンソールに走りの特性のパフォーマンスセレクターがあり、一般公道での走行に適した弱アンダーの「ストラーダ」モード、シフトフィールが鋭くなる「スポーツ」モード、サーキットでの走行に適した加速ができる「コルサ」モードの3種類から選択できる。

エンジン編集

エンジンは内部的にはL539として知られ、350GTに搭載された3.5リッター以来、初めてのまったく新しいV12エンジンであり、ランボルギーニの5番目の社内エンジンで2番目のV12デザインである。700 PS(515 kW; 690 hp)6,498 cc 60°V12エンジン 重量235 kgの仕様である。

パフォーマンス編集

0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は350km/h以上(公称値。アメリカの雑誌の最高速データでは370km/hも記録されている。[3])に達する。ハンドリングの向上に注力した設計になっている。

歴史編集

2012年、ジュネーヴショーにおいてオープントップのワンオフモデル「アヴェンタドールJ(イオタ)」が発表された[4]。『J』はたった1台のみ製作され、後に事故で喪失したランボルギーニ・イオタに由来する。2012年11月12日(現地時間)、先代のムルシエラゴに続きロードスターモデルの「アヴェンタドールLP 700-4 ロードスター」が発表された(日本国内価格4,660万3,200円)。

2013年、ドバイパトカーに採用された[5]

2016年、ジュネーヴショーで同車をベースとしたワンオフモデル「チェンテナリオ」が発表された。

2018年、アヴェンタドールSVJをベースにランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」が手掛けたサーキット向けのワンオフモデル「SC18アルストン」が発表された[6]

日本での発売編集

日本国内では2011年9月から販売された[7]

2011年11月29日、ランボルギーニジャパンは東京の(旧)国立競技場陸上競技場[8]で記者発表会を開催した。研究開発担当ディレクターであるマウリツィオ・レジャーニは「アヴェンタドールは競合他社の2世代先を行くもの。すべての内容を再定義した。過去からのものをすべて否定し、ゼロベースで作った」と、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ボディのすべてが新開発であることをアピールした[9]。 日本での価格は、当初4,100万2,500円だったが2012年8月1日に4,197万3,750円に値上げ改定された[10]

バリエーション編集

アヴェンタドール LP700-4編集

上記ベーシックモデル。アヴェンタドールLP700-4の生産は4,000台の予定だったが、2016年には、5,000台のマイルストーンを達成し、改良されたアヴェンタドールSに置き換えられた。

アヴェンタドール LP700-4ロードスター編集

2012年12月27日に生産が発表された。取り外し可能なルーフは、重さ6 kgずつの2枚のカーボンファイバー製で、パネルは簡単に取り外せ、フロントラゲッジコンパートメントに収納する。エンジンのロールオーバー保護および換気システムに対応するために、リアピラーは剛性が補強してある。独自のエンジンカバーデザインと取り付け可能なウィンドデフレクターを備えており、超高速でのキャビンエアフローを改善する。Aピラー、フロントガラスヘッダー、ルーフパネル、リアウィンドウエリアはグロスブラックで仕上げられた。総重量は1,625kgで、屋根の重量に加えて、敷居とAピラーの追加の補強されクーペよりもわずか50 kg重い。上記クーペと同じエンジンを搭載し、時速0〜97 kmは2.9秒、最高速度349km。

アヴェンタドール LP720-4 50° アニヴェルサリオ編集

2013年上海モーターショーにて発表された[11][12]。これは、ランボルギーニの創業50周年を記念するモデルであり、世界限定200台の生産となる[12]。モデル名の「720」が示す通り、ベースグレードのエンジンはチューンアップされて720PSを発生し、0 - 100km/h加速は2.9秒・最高速度は350km/hを誇る[11][12]

アヴェンタドール LP700-4 ピレリ・エディション編集

2014年4月、ランボルギーニとイタリアのタイヤメーカーであるピレリは、ランボルギーニ初のプロトタイプ「350GTV」にピレリがタイヤを供給した1963年以来、パートナーシップを結んでいる。この長年の関係を祝して世界限定200台(クーペ105台、ロードスター95台)が製作された特別モデルである。ルーフ、エンジンカバー、ミラー、エアインテークには赤のピンストライプが入れられた。

アヴェンタドール LP750-4 SV編集

2015年のジュネーヴ・モーターショーで発表された。ランボルギーニのに伝統的(ミウラディアブロムルシエラゴ)上位モデルの「スーパーヴェローチェ(SV)」を冠したモデルである[13]V12エンジンは、更なるパワーアップが図られ、車名が表す通りに750PSを発生させる。車内外でのカーボンファイバーの増加により50kg軽量化され、パワーウェイトレシオは1hpから2kgになった。フロントスプリッターとリアディフューザー、CFRPリアウィングの空気力学が改善され、標準のアヴェンタドールクーペと比較してダウンフォースが180%増加された。車のドライビングダイナミクスもアップグレードされ、高速域での操縦性のために強化された電子ステアリング、磁気プッシュロッドサスペンション、シャーシも剛性を高められた。センターロックホイール(Dianthus)が初設定され、オプションで選択することができた。0 - 100km/h加速が2.8秒・最高速度が350km/h超のパフォーマンスを誇る[13]。車の納車は2015年の第2四半期に開始され、限定600台の生産は2017年7月に終了し、最後の車は特注メタリックシルバーに塗装された。

アヴェンタドール LP750-4 SVロードスター編集

2015年8月、ペブルビーチコンクールデレガンスで、SVを車名に持つモデルとしては初のオープンモデルとなる「ロードスター」が発表された[14]。標準のロードスターのようにトランクに収納できるコンパクトなツーピースカーボンファイバーハードトップが特徴。数々の軽量化対策により、ロードスターの重量は1,575 kgに減少し、標準のロードスターよりも50 kg軽量である。デリバリーは2016年の第1四半期に始まりクーペより生産数が100台少ない世界限定500台が生産された

アヴェンタドール LP700-4 ミウラ・オマージュ編集

Aventador Miura Homageは2016年6月にイギリスで行なわれた「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において公開された。2016年で50周年を迎える12気筒ミッドシップの始祖「ミウラ」へのオマージュとして、アヴェンタドールLP700-4をベースにランボルギーニの「Ad Personam」プログラムによるカスタマイズを施した50台の限定車である[15]。2トーンカラーが特徴的なエクステリアでは、赤い専用ボディカラー「Rosso Arancio Miura」がメインで[16]、他に「Verde Scandal」、「Blu Tahiti」など6色。ゴールドまたはマットシルバーの20/21インチホイール、サイド部にメタリック仕様の「Miura 50」のバッヂ、リアまわりにブラックのランボルギーニ・ロゴが与えられた。内装は専用の革シート背面にMiura 50のロゴ刺繍が添えられ、カーボンファイバーパッケージが標準装備された。レザー仕上げのダッシュボードにはLamborghiniのロゴが入る。

アヴェンタドール LP740-4 S編集

2016年に発表されたアヴェンタドールの新世代モデル。新技術が多く採用されて、エクステリアは大幅に改良されフロントのダウンフォースは130%増加したという。ランボルギーニのシリーズ・モデルとして初めて4輪操舵システムを採用。サスペンションには、磁性流体ダンパーを使った「磁気レオロジー・サスペンション」が採用された。さらに、前後輪に駆動力を配分する4輪駆動システムや、粘性の検知度が高まったというESC、3段階に可変するリア・ウイングを備えたアクティブ・エアロダイナミクスなども含め、上記の電子制御システムが全て、新たに採用された「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ」と呼ばれる制御ユニットで統合管理される。

ドライビング・モードには新たにドライバーの好みに応じてこれらの組み合わせをカスタマイズできる「EGO」モードが追加された。

エンジンは、アヴェンタドールと比べると最高出力が700PS/8,250rpmから740PS/8,400rpmに引き上げられ、最大トルク70.3kgm/5,500rpmは変わらず。トランスミッションもこれまで通り、「インディペンデント・シフティング・ロッド」と呼ばれる7速シングルクラッチのロボット式変速ユニットが組み合わされた。テールパイプが3本になったエキゾーストは従来より20%ほど軽量化されている。

アヴェンタドール LP770-4 SVJ編集

2018年8月に発表された、軽量高性能モデル。SV(スーパーヴェローチェ)とJ(イオタ)を併せ持った名称[17]。世界限定900台の生産となる。

6.5リッター自然吸気V12エンジンを搭載し、最高出力566 kW(770 CV)/8,500 rpm、最大トルク720 Nm / 6,750 rpm。0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h。乾燥重量は1525kg[18]

アヴェンタドール LP770-4 SVJ ロードスター編集

2019年のジュネーブモーターショーで発表されたSVJのロードスタータイプ。パワートレインはクーペと同一。

アヴェンタドール LP780-4 ウルティメ編集

アヴェンタドールの最後を飾るモデルとして、2021年7月にオンラインで発表された。600台の限定生産(クーペ350台、ロードスター250台)となる。アヴェンタドールSとSVJのすべての標準装備を備え、最高出力は780PS(574 kW)、最大トルクは720N⋅m。パフォーマンスは、0–100 km/h加速2.8秒、最高速度356km/hと発表されている。車重はクーペで1,550kg。このモデルを最後に、アヴェンタドールの全モデルの生産は2021年末までに終了する予定である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Automobili Lamborghini Japan (2011年1月25日). “ジュネーブモーターショー2011で公開されるムルシエラゴの後継車は、量産車では世界初となるプッシュロッド・サスペンションを採用” (日本語). 2011年6月29日閲覧。
  2. ^ カウンタックバカによる「新型カウンタック評」”. 清水草一 YAHOO! SPA! (2021年9月19日). 2021年9月19日閲覧。
  3. ^ Aventador TOP SPEED 370 km/h & Hockenheim Lap Test sport auto New Lamborghini LP 700-4”. Youtube (2011年12月14日). 2016年11月9日閲覧。
  4. ^ 究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】(webCG)
  5. ^ “ランボルギーニ アヴェンタドールにポリスカー…中東ドバイに配備完了”. (2013年4月12日). http://response.jp/article/2013/04/12/195868.html 2013年4月17日閲覧。 
  6. ^ ランボルギーニ「SC18アルストン」を発表!レース部門が開発した初のワンオフモデルに。|Idea Web Tools | 自動車とテクノロジーのニュースブログ” (日本語). Idea Web Tools | 自動車とテクノロジーのニュースブログ. 2019年1月4日閲覧。
  7. ^ Automobili Lamborghini Japan (2011年11月30日). “ランボルギーニ、新たなフラグシップ・モデル「アヴェンタドールLP 700-4」を初披露” (日本語). 2012年1月7日閲覧。
  8. ^ car.watch.impress (2011年11月30日). “ランボルギーニ、新フラッグシップ「アヴェンタドール」が日本上陸” (日本語). 2021年8月24日閲覧。
  9. ^ Car Watch ランボルギーニ、新フラッグシップ「アヴェンタドール」が日本上陸
  10. ^ http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20120801_550565.html
  11. ^ a b SUZUKI Fumihiko (2013年4月23日). “ランボルギーニ50周年を記念したアヴェンタドール|Lamborghini”. Web Magazine OPENERS. 2015年12月1日閲覧。
  12. ^ a b c 限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」”. Web Magazine「エキサイトイズム」 (2013年5月1日). 2015年12月1日閲覧。
  13. ^ a b アヴェンタドールにスーパーヴェローチェ登場|Lamborghini”. Web Magazine OPENERS (2015年3月3日). 2015年12月3日閲覧。
  14. ^ アヴェンタドールSVにロードスターモデル|Lamborghini”. Web Magazine OPENERS (2015年8月17日). 2015年12月3日閲覧。
  15. ^ ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売”. Response (20106-07-05). 2019年6月15日閲覧。
  16. ^ ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売”. response.jp (2016年7月5日). 2021年8月29日閲覧。
  17. ^ 最速のアヴェンタドールSVJがデビュー!伝説のイオタの名称も復活|ランボルギーニ|高級外車・輸入車の購入ならコーンズ・モータース”. コーンズ・モータース. 2019年1月4日閲覧。
  18. ^ Lamborghini Aventador SVJ Coupé” (jp). www.lamborghini.com. 2019年1月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集


ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール アヴェンタドールS
イオタ レヴェントン ヴェネーノ チェンテナリオ
V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ
FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ
エスパーダ
クロスカントリー4WD
SUV
LM002 ウルス
オーナー
親会社
フェルッチオ・ランボルギーニ ロセッティ、
レイマー
イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック Vパワー アウディ
試作レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)、ランボルギーニ・ハラマRS(1973)、ランボルギーニ・ウラッコ・ラリー(1973)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・エゴイスタ(2013)、ランボルギーニ・アステリオン(2014)、ランボルギーニ・テルツォ ミッレニオ(2017)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニジャンパオロ・ダラーラマルチェロ・ガンディーニパオロ・スタンツァーニ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa