ランボルギーニ・カウンタック

イタリアのスーパーカー

ランボルギーニ・カウンタックLamborghini Countach [1])はイタリアランボルギーニ1974年から1990年にかけて製造していた自動車(スーパーカー)である。

ランボルギーニ・カウンタック
LP500S
Lamborghini Countach LP500S.jpg
販売期間 1974年1990年
デザイン マルチェロ・ガンディーニ
パオロ・スタンツァーニ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 4.0L V12 DOHC
4.8L V12 DOHC
5.2L V12 DOHC
駆動方式 MR(縦置きエンジン)
最高出力 4.0L: 375ps/8,000rpm
4.8L: 375ps/7,000rpm
5.2L: 455ps/7,000rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン式
全長 4,140mm
全幅 1,890mm
全高 1,070mm
ホイールベース 2,450mm
先代 ミウラ
後継 ディアブロ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

Countachとは、イタリア北西部ピエモンテ地方の方言で「驚いた」を表すcontacc [kʊŋˈtɑtʃ](クンタッチ)の綴りを一部改変したもの。

概要編集

 
シザードアを開いたところ
 
インテリア(Second Countach prototype (chassis 1120001) at the Lamborghini factory museum)

いわゆるスーパーカーを代表する自動車であり、スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。1971年に発表されたベルトーネマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプのデザインは、文字通り世界中に驚きを与えた(当時はランチア・ストラトスの基になったショーカーのベルトーネ ストラトス HFゼロ等、似た様なアプローチの車種がいくつか登場している)。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。販売車種では珍しく、特殊なエアインテーク機構やNAで400馬力を超えるV型12気筒5,000ccのエンジンを搭載する等、コンセプト、デザイン、システム全ての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となった。

スーパーカーブーム時には「最高速300km/h」という公称値が話題となり、これが人気の一端を担っていたが、実際には当時の現行車種のLP400の最高速は300 km/hまで届いてはおらず、最終モデルである25thアニバーサリーでも295 km/hに留まる。また、車体下に気流が入って揚力が発生したり、巨大なエアスクープの空気抵抗、そして導入された気流によって後輪のトラクションが低下する等、ボディは空力的に問題が多い。この対策としてLP400S以降のモデルにはエアロパーツや、オプションでリアウイングが装備されるようになったが、このリアウイングによるリアのダウンフォースが強く、高速走行時には前輪の接地感が薄れるという欠点もあり、それを補う為のフロントウイングまでもディーラーオプションで登場するという始末であった。なお、特徴的なエアスクープと、その下にあるルーバーは別々の空気取り入れ口ではなくデザイン上の意匠であり、中で一つの大きなボックスになっている。

後期型に見られるV型12気筒48バルブとキャブレターの組み合わせは、市販車における唯一の採用例であり、LP5000QVの北米向けモデルは、インジェクションボッシュKジェトロニック)搭載エンジンであった。後期タイプのエンジン排気量アップはエンジン生産ラインの都合により、シリンダーヘッドとブロックの間にスリーブを挟むという強引な手法によるストローク伸長で実現されており、ディアブロになって、ようやくボア・ピッチが拡大された。

ガルウィングドアの代表的存在として認識される事が多いが、ガルウィングドアはルーフにヒンジがあり、正面から見て横開きに上がるもので、カウンタックのドアは前ヒンジで車体前方に上がるものであり、公式にはシザードアの名称が使われている。座席からの後方視界の悪さ(車室の後ろがすぐにエンジンルームになっているミッドシップなので、まるで見えない)から、ドアを開けサイドシル側に座り上半身を外に出しルーフ越しに後方を確認しつつバックさせる姿を「カウンタック(クンタッシ)・リバース」と呼ぶ。又、極端に車高が低く、5000QV以降はダウンドラフトタイプのキャブレターを採用した事により、エンジンフードに突起物が付き、後方視界は更に劣悪である。

ランボルギーニがクライスラーに買収される前、創立25周年記念モデルの開発がスタートした時に試作車のL150というモデルが開発された。デザインはジュリオ・アルフィエーリで、ベースとなったのは1986年式クワトロバルボーレのインジェクション仕様であったが、クライスラーの意向で廃案になり、現存は1台のみであり、現在日本にある。

販売期間が16年という長期に及んだ為、ランボルギーニ史上、ウラカンガヤルドウルスに次いで生産台数が多く、現在でも世界的な評価は高く、最初期のモデルであっても中古市場で約1500〜2000万円もの価格が付く。

車名の由来編集

カウンタックの車名は、ピエモンテ方言「Contacc」(驚異、驚きの感嘆詞)が由来。後年に元開発チームのマルチェロ・ガンディーニが明かし、パオロ・スタンツァーニが補足している。

経緯は、カウンタックのプロトタイプをジュネーブモーターショーの出展に間に合わせるため作業に追われていた時期に、ランボルギーニとベルトーネ両社でストライキが勃発。会社施設を使えなくなった事情で、ベルトーネ本社(ピエモンテ州トリノ)近郊の納屋に移して徹夜作業を再開する。納屋の近所に住む農夫が、深夜に物音がするので不審に思い確認をしにやって来た。その時プロトタイプを見て発した一言が、ピエモンテ方言の「contacc」(感動的驚きの表現)であった。この方言はベルトーネのスタッフから訊いて、後で意味がわかった。(パオロ・スタンツァーニ談)[2]開発スタッフの中にピエモンテ州出身者がおり、上述の件以降から作業中口癖のように「contacc」と冗談を言いあっていた。そして洒落のつもりで、いっそのことプロトタイプの車名にしてはどうかと提案。イギリス人スタッフのボブ・ウォレスに確認したところ発音的響きは悪くない結論に達し、正式に英語綴りで「Countach」に決まった。(マルチェロ・ガンディーニ談)[3]

モデルとバリエーション編集

LP500編集

 
量産型(LP400)のプロトタイプ
 
後部

カウンタックは、ミウラを凌駕する次世代のミッドシップ・スーパースポーツカーとして、エンジニアパオロ・スタンツァーニを中心に開発された。ミウラは横置きミッドシップのV型12気筒エンジンを導入して大成功を収めたが、極端に後寄りの重量配分に起因する高速走行時の不安定性、複雑なトランスミッションレイアウトに起因するシフトフィールの悪さなど、横置きエンジン固有の欠点が課題として残された。

とはいえ巨大なV12エンジンを縦置きにすると、理想的な重量配分は得られるものの、ホイールベースが長くなるために旋回性能が低下してしまう。スタンツァーニはこの問題を解決すべく、通常とは前後を反転しエンジンの前方にギアボックスを置くという配置を採用し縦置きエンジンであるにもかかわらずミウラよりさらに短い2,450 mmというホイールベースを確保するとともに、コクピット下にギアボックスがあるためワイヤーを介さずギアボックスに直接シフトレバーを取り付けることが可能となり良好なシフトフィールも実現した。エンジンから前方のギアボックスに駆動力が伝達され、更にそこから折り返されたシャフトはオイルサンプを貫通し、後輪のデファレンシャルギアに伝達される。

車体はセミモノコック、サスペンションは前後ともダブル・ウィッシュボーン式とした。これにマルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディを組み合わせ、カウンタックLP500は誕生した。LPはミッドシップ縦置き(Longitudinale Posteriore )、「500」は排気量(cc単位、10分の1表記)を示す。初登場は1971年のジュネーブショーで、革新的なデザインは大反響を呼んだ。しかしながらエンジンの冷却効率が悪くオーバーヒートが頻発し、量産には至らなかった。

ランボルギーニが経営危機に陥ったこともあって改良は難航した。LP500には市販車につながる形状の仮設エアインテークやダクトが設けられ、走行テストが繰り返された。最終的にクラッシュテストに使用された後に廃棄され、この車両は現存しない。LP500と市販のLP400の間には別のプロトタイプが存在し、緑色に塗られた1台はランボルギーニ博物館に展示されている。

LP400編集

 
LP400前部
 
LP400後部

市販モデルのLP400が登場したのは3年後の1974年である。オーバーヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。エンジンはより扱いやすくミウラで実績のある3,929ccエンジンに代わった。また車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックから丸鋼管を溶接して組み上げたバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せる仕様に変更され、剛性向上と軽量化を同時に果たしている。マルチェロ・ガンディーニのオリジナルデザインに一番近い生産型であるLP400は、わずか150台しか生産されなかった。なお、実際の車両重量についてはカタログ記載より約500kg程度重い1.6tであり、エンジン出力についても330英馬力程度と思われ、これらの数値は実際の各種テストデータ、0~400m13秒台後半、最高速度260km/hなどから考えても辻褄の合う内容である。運転手の頭部横に位置する天井部にペリスコープと呼ばれるのぞき窓がついているのが特徴だが、運転手が直接窓越しの景色を見ることは出来ず、ミラー越しに見ても後方が確認できない。

ウォルター・ウルフ・カウンタック編集

 
ウォルター・ウルフ・カウンタック1号車

LP400のスペシャルモデルとして有名なのが、わずか3台のみ製作されたウォルター・ウルフ・カウンタックである(スーパーカーブーム当時以来、日本では1、2号車は「LP500S」とも呼称される)。

1号車

カナダの石油王でF1ウォルター・ウルフ・レーシングチームのウォルター・ウルフはランボルギーニの経営に乗り出そうとしたほどのランボルギーニ・マニアであり、LP400の量産3号車を1974年に入手した。しかし、ウルフはこの車の仕上がりに不満を持ち、間もなく大型リアウィング、黒いオーバーフェンダー、コンセプトカーブラボーと同仕様のホイール、ピレリP7の超扁平ワイドタイヤなどが装着された赤の「1号車」をランボルギーニに製作依頼し、1975年に出荷された。

2号車

上記の1号車には、排気量がプロトタイプより1リッター縮小されたエンジンが搭載されていたが、その性能に不満を持ったウルフは、特別に手を加えたエンジンを搭載し、サスペンションの改良を受けたカウンタックをランボルギーニに製作依頼した。こうして青に金色ピンストライプ、ドアミラーは金の砲弾型の「2号車」が製作され1976年に出荷された。石油会社のelfのステッカーが前後に貼られた事もあった。尚、ウルフでは無いが1、2号車と同じオーバーフェンダー、ブラボーホイール、ウイングレスで青×金配色のシルベラ(ハイチの富豪)カウンタックが存在する。

3号車

その後青い2号車のエンジンはさらなるチューンを施された上でウルフF1のチームカラーであるネイビーブルーに金色ピンストライプの「3号車」に載せ替えられ、1978年に出荷された。ウイングの無い状態で1978年ジュネーヴ国際モーターショーにも出展され、エンジンの換装のみならず、ダラーラの指示でフレームやブレーキ、クラッチが強化され「究極のウルフ・カウンタック」となった。なお、エンジンを抜かれた2号車にはLP400のエンジンが搭載された。ボディ同色塗装のオーバーフェンダーは1、2号車とは異なり後のLP400Sの様な台形に近い形状になっておりLP400Sプロトタイプと呼称される事もある。エンジン換装やダラーラが各所に手を加えたいきさつが語られることがなかった上に、ウルフが手放した後に入手した日本人オーナーが一般に公開しなかった3号車は、その存在自体が確認されない「幻の存在」となる。オーバーフェンダーやリアウイング等の特徴的なデザイン処理は後のLP400S、5000S、5000クアトロバルボーレにも採用されている。

現在

各車の現在の状況だが、1号車はブームが去って以降も日本に留まり映画「蘇える金狼」の劇中車として使用されたり、僧侶・タレントの織田無道が所有していたことで知られていた。

2号車はウイングに翼端板が追加、ドアミラーが四角い空力的なものに変更されてドイツのロッソビアンコ・ミュージアムにて展示されていた。2016年5月、イタリアで開催された「Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2016」にて、ランボルギーニの元テストドライバーであるヴァレンティーノ・バルボーニの運転で会場に登場し、現存していることが確認。ドアミラーは黒いビタローニセブリングに交換されていた。

3号車は新たな日本人オーナーの手に渡り2014年レストア受ける前後にオーナー自らがウルフとダラーラと会い、3号車の開発のいきさつとエンジン換装についての確認を受けた。ネイビーブルーに赤色ピンストライプに仕上げられ、その内容が車雑誌「GENROQ」、「ベストカー」、「カーグラフィック」などに掲載された[4]

LP500R編集

シーサイドモーター[5]によって1977年に輸入され、スーパーカーブーム当時、赤いウルフ・カウンタック1号車と双璧を成した人気モデル。カウンタックGTまたはSSとも呼称された。シャシーナンバーは1120144。ブラックボディに細いホワイトのウェーブラインが特徴で外観はウルフ・カウンタックに似ているが翼端板付きリアウィング、リアのみの小振りなオーバーフェンダー、フロントエアダム等が異なり、15インチの当時は金、現在は黒のBBSメッシュホイールを履く。フロントフェンダー前のサイドマーカーは現在は丸形。エンジンは4000ccのLP400のものでありながらLP500Rと呼称され、1977年当初は左右ドアに「500R」の表記は無くリアにGTの表記があった。当時はホワイトラインのカラーリングやオーバーフェンダー、ウイング等を真似た車両も存在した。イオタSVR同様にミステリアスな個体であるが、ロッソ誌にて当時ファクトリーでテスト中のスクープ写真が掲載された。現在も日本で保存されており、イベントなどでその姿を見る事が出来る。

LP400S編集

 
LP400S(シリーズ 2)
 
1979 LP400S 映画キャノンボール仕様(オプションのフロントウイング付き)

1978年には、紺色のウォルターウルフ・カウンタック3号車を基にしたLP400Sが登場。前後オーバーフェンダー付きでリアタイヤは当時の市販車用で入手可能な最も幅広の345/35R15ピレリP7仕様。ハンドリングは、ワイドタイヤによって改善され、コーナリング中の車の安定性は向上した。ウルフ・カウンタックの人気からオプションでV字型リアウイングが用意され、ほとんどのオーナはウイング付きの車を注文した。後端のエンブレムは「countach」の横に角張った「S」が追加された。シリーズ1~3迄で、計237台が生産された

  • シリーズ 1 - シリアルナンバー1121100まで、生産台数50台。ルーフのペリスコープ廃止。ローボディ。極初期に5つの穴の縁が突き出たカンパニョーロ製の「ブラボー・ホイール」か、OZ製マグネシウム・ホイールがある。LP400と同じStewart Warner Stage III 8連メーター(縦オドメーター)を装備。
  • シリーズ 2 - シリアルナンバー1121310まで、生産台数105台。このモデルまでがローボディである。「ブラボー・ホイール」は縁が無い滑らかな5つ穴に変更され、OZ製ホイールの材質はマグネシウムからアルミニウムに変更された。8連メーターが7連に変更された。
  • シリーズ 3 - シリアルナンバー1121312から1121468、生産台数82台。シリーズ1および2の車に比べてサスペンションの車高が高いことで識別でき、室内スペースも高さが3cm増加した。

LP500S(5000S)編集

 
LP500S(5000S)

1982年には4,754 ccのLP500Sが登場し323台が生産された。V12エンジンの2バルブ、キャブレターはサイドドラフトでボディと内装はLP400Sシリーズ3を引き継ぎ、リアのエンブレム表記は5000Sとなっている。北米仕様はKジェトロニックのインジェクション。

5000QV編集

 
5000QV

1985年には競合車種のフェラーリ・テスタロッサに対抗すべくV12エンジンを4バルブ化、キャブレターをサイドドラフトからダウンドラフトに変更すると同時に排気量を5,167 ccまで拡大し、テスタロッサを75 馬力上回る最高出力455 馬力をマークした5000 Quatro Valvole(5000QV)が登場し632台が生産された。キャブレターを冷却向上のためにエンジンの側面から上部に移動したことにより、エンジンフードは膨らんだパワーバルジ付きデザインに変更され、すでに悪かった後方視界は更に悪化した。このエンジンは改良が施されてLM002にも搭載されている。

25thアニバーサリー編集

通称:アニバーサリー

 
25thアニバーサリー

1988年、ランボルギーニ創立25周年記念モデルとして25thアニバーサリーを発売。スタイリングを担当したのは、のちにパガーニ・アウトモビリ社を創業することになるホラチオ・パガーニ (Horacio Paganiであった[6]。リアバンパーが装着され、細部の形状が変更され、LP400Sからオプションであったリアウイングは無くなった。

本モデルがカウンタックの最終モデルとなり、1990年に生産を終了。カウンタックの各モデルの中で最多となる657台を生産した。最後にラインオフしたカウンタックは、当初デザイナーのマルチェロ・ガンディーニに寄贈される予定であったが、ガンディーニは「(自らの)過去の作品には興味がない」という理由によってこれを辞退した。このシルバーの車両(シャシーナンバー:ZA9C005AOKLA12085)は「ランボルギーニミュージアム」が所蔵することになった。

レース用車両編集

F1 セーフティカー編集

1980年から1983年にかけて、カウンタックはフォーミュラ1モナコグランプリにおけるセーフティカーに採用された[7][8]。1983年にはジャッキー・イクスが「LP500S」の車両を運転・先導した。

カウンタック QVX編集

1985年、イギリスの輸入業者によって製作されたグループCのレース用車両。「5000QV」ベースの5.7Lエンジンを搭載するが、C2マシンのティガCG83がベースのポルシェ・956のような外観で、テールライト以外にカウンタックの面影はない。

JLOC レーシング・カウンタック編集

1994年、寺井エンジニアリングが「25thアニバーサリー」を改造して全日本GT選手権に参戦した[9][10]。全5戦に参戦し、2回完走した[11]

スペック編集

性能
モデル名 全長 全幅 全高 ホイールベース 重量 排気量 最高出力 最大トルク 乗車定員 生産台数
LP500 4,140 mm 1,890 mm 1,029 mm 2,450 mm 1,130 kg 4,971 cc 440 馬力/7,400 rpm 51.0 kgm/5,000 rpm 2名 1台
LP400 4,140 mm 1,890 mm 1,070 mm 2,450 mm 1,065 kg 3,929 cc 375 馬力/8,000 rpm 36.8 kgm/5,500 rpm 2名 150台
LP400S 4,140 mm 1,995 mm 1,029 mm 2,443 mm 1,351 kg 3,929 cc 353 馬力/7,500 rpm 37.0 kgm/5,000 rpm 2名 237台
LP500S 4,140 mm 1,995 mm 1,029 mm 2,443 mm 1,490 kg 4,754 cc 375 馬力/7,000 rpm 41.7 kgm/4,500 rpm 2名 324台
5000QV 4,140 mm 2,000 mm 1,070 mm 2,500 mm 1,490 kg 5,167 cc 455 馬力/7,000 rpm 51.0 kgm/5,200 rpm 2名 632台
アニバーサリー 4,200 mm 2,000 mm 1,070 mm 2,500 mm 1,680 kg 5,167 cc 455 馬力/7,000 rpm 51.0 kgm/5,200 rpm 2名 657台

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「カウンタック」という発音は日本独特のものである。イタリア語では[kunˈtatʃ][1]「クンタッチ」、フランス語では[kuntaʃ][2]「クンタッシュ」、英語では[kuːnˈtɑːʃ]発音)「クーンターシュ」のように発音される。イタリア語の方言ピエモンテ語感嘆詞で、特に美女を見たとき男性が発する言葉で「マブい」「ハクい」「イケてる」程度の意味である。アメリカでは「クーンタッチ」等と発音する場合もある。
  2. ^ ランボルギーニの黄金時代を作り上げた人物│パオロ・スタンツァーニ”. Octane Japan (2019年4月8日). 2021年3月11日閲覧。
  3. ^ 「カウンタック」命名秘話、名付け親自らが語る”. Esquire (2018年8月26日). 2021年3月11日閲覧。
  4. ^ Web CG
  5. ^ LP500Rが盗まれた! その8”. castel-dino. 2021年5月29日閲覧。
  6. ^ 「アニバーサリー」『Lamborghini』ネコ・パブリッシング〈ROSSOスーパーカーインデックス〉、2003年、31頁。
  7. ^ Peter Orosz (2010年7月10日). “Holy Ferruccio! A Lamborghini Countach Safety Car”. Jalopnik. 2015年10月14日閲覧。
  8. ^ Top 10 F1 Safety cars”. Car Keys (2017年8月16日). 2018年12月16日閲覧。
  9. ^ “スーパーカー、サーキットを駆ける!”. スーパーカー&クラッシックス (ネコ・パブリッシング) 22: 84-89. 
  10. ^ Racing Countach”. JLOC. 2018年10月13日閲覧。
  11. ^ ティームの歴史”. JLOC. 2018年10月13日閲覧。

参考文献編集

  • いのうえ・こーいち『世界の名車14 ランボルギーニ&デ・トマソ』保育社、1986年。
  • 『ランボルギーニ 』 ネコ・パブリッシング〈ワールド・カー・ガイド〉、1995年。
  • 『自動車アーカイヴ Vol.8 70年代のイタリア車編』二玄社〈別冊CG〉、2003年。
  • 福野礼一郎「スーパーカーのスーパーカー」『幻のスーパーカー』双葉社、1998年。のち双葉社〈双葉文庫〉、2004年。
  • 『ランボルギーニ:カリスマの神話』二玄社、2006年。
  • 『ランボルギーニ・カウンタック』ネコ・パブリッシング〈NEKO MOOK 1250 ROSSOスーパーカー・アーカイブス〉、2009年。
    のち『復刻版ランボルギーニ・カウンタック 〈NEKO MOOK 1502 ROSSOスーパーカー・アーカイブス〉、2010年。
  • 『Car Styling』Vol.4、三栄書房、2010年。

関連項目編集

外部リンク編集


ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール アヴェンタドールS
イオタ レヴェントン ヴェネーノ チェンテナリオ
V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ
FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ
エスパーダ
クロスカントリー4WD
SUV
LM002 ウルス
オーナー
親会社
フェルッチオ・ランボルギーニ ロセッティ、
レイマー
イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック Vパワー アウディ
試作レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)、ランボルギーニ・ハラマRS(1973)、ランボルギーニ・ウラッコ・ラリー(1973)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・エゴイスタ(2013)、ランボルギーニ・アステリオン(2014)、ランボルギーニ・テルツォ ミッレニオ(2017)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニジャンパオロ・ダラーラマルチェロ・ガンディーニパオロ・スタンツァーニ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa