メインメニューを開く

ランヴィール・シン(Ranveer Singh、1985年7月6日[1] - )は、インド俳優ボリウッドを中心に活動しており、同国で最も出演料が高額な俳優の一人であり、2012年以来フォーブス・インディア英語版セレブリティ100に選ばれている。

ランヴィール・シン
Ranveer Singh
Ranveer Singh
ランヴィール・シン(2015年)
本名 Ranveer Singh Bhavnani
生年月日 (1985-07-06) 1985年7月6日(34歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 俳優
活動期間 2010年 -
配偶者 ディーピカー・パードゥコーン(2018年 - )
テンプレートを表示

インディアナ大学ブルーミントン校で学士号を取得した後、インドに帰国して映画界に進む。広告の仕事を行った後、2010年にヤシュ・ラージ・フィルム製作の『Band Baaja Baaraat』で主演を務め、俳優デビューする。同作は興行的な成功を収め、ランヴィールはフィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版を受賞した。2013年にサンジャイ・リーラー・バンサーリーの『銃弾の饗宴 ラームとリーラ英語版』で主演を務め、同作のヒットによりボリウッドでの地位を確立した。その後もバンサーリーの『Bajirao Mastani』『パドマーワト 女神の誕生』で主演男優を務め、批評家から演技を高く評価されフィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版フィルムフェア賞 批評家選考最優秀主演男優賞英語版を受賞した。2018年にバンサーリー作品で共演したディーピカー・パードゥコーンと結婚した。

生い立ち編集

1985年7月6日、ムンバイシンド人英語版一家アンジュとジャグジット・シン・バヴナーニの息子として生まれる[2][3][4]。ランヴィールの祖父母はインド・パキスタン分離独立の際にカラチからムンバイに移住した[5][6]。彼にはリティカ・バヴナーニという姉がおり[1][7][8][9]ソーナム・カプールは母方の従姉に当たる[10]。ランヴィールは「名前が長過ぎ、音節が多過ぎる」という理由で「バヴナーニ」性を名乗っていない[11]

ランヴィールは俳優になることを熱望し、いくつかの学校演劇や討論会に参加していた[12]。ある年の祖母の誕生日にランヴィールは彼女から誕生祝いにダンスを踊るように頼まれ[13]、彼は芝生の上で『タイガー・炎の3兄弟』の「Chumma Chumma」を踊ったという[12]。彼はこれをきっかけに演技やダンスに関心を抱くようになったと語っている[12]。しかし、ランヴィールはH・R・カレッジ・オブ・コマース&エコノミクス英語版に入学した際、映画に出演する機会を得た人々の大半が何かしらのバックグラウンドを持っていたことを知り、映画業界で成功することの困難さを痛感した[12]。彼は脚本執筆に注目するようになり、アメリカ合衆国インディアナ大学ブルーミントン校に留学して文学士号を取得した[8]

大学では演劇コースを受講して演技を学び[12]、2007年に卒業してムンバイに帰郷してオグルヴィ・アンド・メイザー英語版ジェイ・ウォルター・トンプソンで数年間コピーライターとして働いた[8][13]。その後、助監督として映画業界で働くが、俳優になることを望み映画監督たちに履歴書を送った[13]。ランヴィールは数多くのオーディションに参加するが、良い機会に恵まれず、当時のことを「全てが荒涼としていました。私はとてつもない挫折感を抱き、正しいことをしているかどうかを考えることが何度もありました」と語っている[13]

キャリア編集

2010年 - 2014年編集

『Band Baaja Baaraat』DVD発売イベントに出席するランヴィール・シンとアヌシュカ・シャルマ
『銃弾の饗宴 ラームとリーラ』予告編公開イベントに出席するランヴィール・シン、サンジャイ・リーラー・バンサーリー、ディーピカー・パードゥコーン

2010年1月、ランヴィールはヤシュ・ラージ・フィルムのキャスティング部門責任者シャノー・シャルマからオーディションに参加するように依頼された[13]。同社副社長アディティア・チョープラー英語版はオーディション・テープを見てランヴィールの演技に感銘を受け、『Band Baaja Baaraat』の主役に抜擢した[14]。しかし、監督のマニーシュ・シャルマ英語版が難色を示したため、彼を納得させるために2週間オーディションを受け続けることになった[8]。オーディションの結果、ランヴィールは正式に主役に起用され、アヌシュカ・シャルマと共演した[14]。ランヴィールは典型的なデリーの青年を演じており[8]、役作りのためにデリー大学英語版で学生と交流した[12]。映画の公開前の時点では、アナリストたちはヤシュ・ラージ・フィルムの直近の作品の傾向からスター男優の不在と主演女優が当時「ほぼ忘れ去られた女優」だったアヌシュカだったことから、興行的な成功について懐疑的だった[15]。同作は事前の予想に反してスリーパー・ヒット英語版を記録し、NDTVアヌパマ・チョープラー英語版から演技を絶賛された[16]。同作は国内興行収入2億1,400万ルピーを記録しており[17]、ランヴィールはフィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版を受賞した[18]。『Band Baaja Baaraat』に続き、ランヴィールは『Ladies vs Ricky Bahl』で主演を務めアヌシュカ・シャルマ、パリニーティ・チョープラー英語版ディパンニタ・シャルマ英語版アディティ・シャルマ英語版と共演した[19]。同作は国内興行収入3億7,000万ルピーを記録している[20]

2013年にヴィクラマディティヤ・モトワーン英語版の『略奪者英語版』で主演を務め、ソーナークシー・シンハーと共演した[21]オー・ヘンリーの『最後の一葉』の翻案作品である同作は批評家から高く評価された[22][23]。ランヴィールの演技はラジーヴ・マサンドから賞賛されたものの[24]、興行収入は製作費をわずかに上回る程度の結果だった[25]。同年に『ロミオとジュリエット』を原作としたサンジャイ・リーラー・バンサーリーの『銃弾の饗宴 ラームとリーラ英語版』に出演し、ロミオに相当するグジャラート族の青年ラームを演じた[26]。バンサーリーは『Band Baaja Baaraat』でのランヴィールの演技に感銘を受け、彼を主役に起用した[27]。同作はランヴィールの演技などが高く評価され[28]インディア・トゥデイ英語版のロヒット・ヒルラニは「ランヴィールは4番目の主演作品でスターの存在感を示した」と批評している[29]。同作は当時のランヴィールにとって最大のヒット作となり[30][31]、興行収入は20億2,000万ルピーを記録した[32][33]。また、ランヴィールはフィルムフェア賞など複数の映画賞にノミネートされた[34]

2014年にアリ・アッバス・ザファー英語版の『ならず者たち英語版』で主演を務め、アルジュン・カプール英語版プリヤンカー・チョープラーイルファーン・カーンと共演した[35][36]。ランヴィールの演技は高く評価され、また彼とアルジュンのコンビも絶賛された[37]。同作はランヴィール主演作の歴代オープニング興行記録を更新し、最終的に10億ルピーの興行収入を記録している[38][39]。同年は『ファニーを探して』にカメオ出演した他、『Kill Dil』に出演したが、同作は興行的に失敗し、批評家からも酷評されている[40][41]

2015年以降編集

 
『Bajirao Mastani』製作発表会に出席するランヴィール・シンとディーピカー・パードゥコーン

2015年にゾーヤー・アクタルの『Dil Dhadakne Do』に出演し、アニル・カプールシェファリ・シャー英語版、プリヤンカー・チョープラーと共演した。ランヴィールの演技はムンバイ・ミラー英語版から賞賛されたものの[42]、興行的には製作費を多少上回る程度の記録に終わった[43]。同年にバンサーリーの『Bajirao Mastani』で主演を務め、ディーピカー・パードゥコーン、プリヤンカー・チョープラーと共演した。同作ではバージー・ラーオを演じるために頭髪を剃り、役作りのためにホテルの一室に21日間閉じ籠った[44][45]ラジャ・セン英語版はランヴィールの演技を「マッチョとグレース(優美さ)を以てキャラクターに活気を与えた」と批評し、彼の完璧な役作りを賞賛した[46]。同作は35億ルピーの興行収入を記録し、ランヴィールはフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞した[47][48]

2016年に『ベーフィクレー 大胆不敵な二人』で主演を務め、ヴァーニー・カプールと共演した。同作はアディティア・チョープラーの4番目の監督作品であり[49]、ランヴィールはインド映画としては数少ないヌードシーンに挑んでいる[50]バラエティ誌のジェイ・ウェイスバーグは映画におけるランヴィールの「躁病的行動」を酷評しており[51]、興行成績も10億ルピー程度に留まった[52]

2018年にバンサーリーの『パドマーワト 女神の誕生』に出演してディーピカー・パードゥコーン、シャーヒド・カプールと共演し、アラー・ウッディーン・ハルジーを演じた[53]。同作は「歴史的事実を歪めている」としてヒンドゥー右翼団体英語版から批判された。公開は一時延期され、いくつかの修正が行われた後に公開された[54][55]ハフポストのアンクル・パタックは、同作の女性蔑視と回帰的なテーマを批判したが、アラー・ウッディーンのバイセクシャルな描写を「鋭い輝き」と称賛した[56]。同作は20億ルピーの製作費を投じて製作され、最も高額な製作費が投じられたインド映画の一つとなった[57]。また57億ルピーの興行収入を記録し、インドで最も興行的に成功した映画の一つとなった[58][59]。ランヴィールは同作の演技を評価され、フィルムフェア賞 批評家選考最優秀主演男優賞英語版を受賞した[60][61]。同年『Simmba』に出演してソーヌー・スードサラ・アリー・カーン英語版と共演した[62][63]。同作は40億ルピーの興行収入を記録した[58]

2019年にゾーヤー・アクタルの『ガリーボーイ英語版』で主演を務め、アーリヤー・バットと共演した[64]。同作は第69回ベルリン国際映画祭英語版で上映された[65]

人物編集

2012年8月からディーピカー・パードゥコーンと交際を始め[66]、2018年10月に婚約を発表した[67]。同年11月、2人はイタリアコモ湖で結婚式を挙げている[68][69]。2012年以降フォーブス・インディア英語版セレブリティ100に選ばれており、2018年は第8位に選ばれている[70][70][71][72]。また、同誌はランヴィールの年収は8億4,670万ルピーと推定しており、インドで5番目に収入が多い俳優に選んでいる[73]。2017年にはGQの「最も影響力があるインド青年50」に選ばれている[74]。この他にアディダスh&sChing's SecretJack & JonesThums UpMakeMyTripなど複数のブランド大使を務めている[75][76][77][78][75][79]。2019年には国内のミュージシャンをプロモートするためのレコード・レーベル「IncInk」を設立した[80]

フィルモグラフィ編集

結婚式を挙げるランヴィール・シンとディーピカー・パードゥコーン
ランヴィール・シンとアミターブ・バッチャン

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ranveer Singh: Celeb Bio”. Hindustan Times. HT Media Ltd (2013年3月18日). 2014年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月19日閲覧。
  2. ^ Filmfare Awards: Ranveer’s sweet whispers for Deepika”. Times of India (2016年1月18日). 2016年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月24日閲覧。
  3. ^ Dandriyal, Sameeksha (2015年7月6日). “Quirky, cool, high on life: Why Ranveer Singh is the face of young India”. International Business Times. 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月11日閲覧。
  4. ^ KBR, Upala (2014年2月6日). “Buddy bonding for Arjun Kapoor and Ranveer Singh”. Daily News and Analysis. 2015年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月11日閲覧。
  5. ^ Archived copy”. 2016年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月13日閲覧。
  6. ^ Lodhi, Adnan (2015年12月9日). “I wish to visit Karachi once again: Ranveer Singh”. The Express Tribune. 2016年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  7. ^ Singh, Harneet (2011年3月12日). “Ranveer Singh: The new heart-throb”. The Indian Express (Indian Express Group). http://www.indianexpress.com/news/ranveer-singh-the-new-heartthrob/761516/0 2011年7月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d e Ramsubramaniam, Nikhil (2010年11月11日). “Introducing: Ranveer Singh”. Bollywood Hungama. pp. 1–6. 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月20日閲覧。
  9. ^ It's Ranveer Bhavnani and not Singh”. Mid Day. MiD Day Infomedia Ltd (2011年2月23日). 2011年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月11日閲覧。
  10. ^ Band Baaja Baraat hero distant cousin of Sonam?”. Mid Day (2010年12月14日). 2010年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月14日閲覧。
  11. ^ Vyavahare, Renuka (2014年1月2日). “Why did Ranveer Singh drop his sur name?”. The Times of India. オリジナルの2014年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141116095920/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/did-you-know-/Why-did-Ranveer-Singh-drop-his-sur-name/articleshow/28277610.cms 2014年1月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f Interview: Ranveer Singh”. Glamsham.com. Fifth Quarter Infomedia Pvt. Ltd (2010年12月9日). 2010年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月29日閲覧。
  13. ^ a b c d e Varde, Ashwin (24 December 2010). “Ranveer Singh – A Star Is Born”. Starweek Magazine (Mumbai, India: Magna Publication Co. Ltd): 23–27. オリジナルの29 December 2010時点によるアーカイブ。. http://www.pinkvilla.com/entertainment/discussion/ranveer-singh-star-magazine-star-born-do-you-agree-or-not 2010年12月31日閲覧。. 
  14. ^ a b YRF launches new face with Anushka Sharma”. New Indian Express (2010年2月4日). 2013年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月20日閲覧。
  15. ^ Nagpaul D'souza, Dipti (2010年11月5日). “Missing the mark”. The Indian Express. Indian Express Group. 2010年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月31日閲覧。
  16. ^ Chopra, Anupama (2010年12月10日). “Movie Review, Band Baaja Baaraat”. NDTV. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月31日閲覧。
  17. ^ Band Baaja Baaraat 5th Week Scores Over Tees Maar Khan 3rd Week”. Box Office India (2011年1月17日). 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月31日閲覧。
  18. ^ 56th Filmfare Awards 2010, A Night Of Glitz N' Glamour”. Glamsham.com. Fifth Quarter Infomedia Pvt. Ltd (2011年1月29日). 2011年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月31日閲覧。
  19. ^ YRF's Ladies V/S Ricky Bahl goes on floors in Delhi”. Mumbai: Business of Cinema (2011年4月6日). 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月8日閲覧。
  20. ^ Basu, Mohar (2013年5月21日). “Box Office Check: Aditya Chopra The Producer”. Koimoi.com. オリジナルの2013年6月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130614133145/http://www.koimoi.com/box-office/box-office-check-aditya-chopra-the-producer/ 2013年6月24日閲覧。 
  21. ^ “Sonakshi comfortable with Indian look”. India Today (India Today, Inc). (2011年11月18日). オリジナルの2011年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111120212648/http://indiatoday.intoday.in/story/sonakshi-comfortable-with-indian-look/1/160503.html 2011年11月20日閲覧。 
  22. ^ Bakshi, Dibyajyoti (2012年3月2日). “Sonakshi-Ranveer's Lootera inspired by O Henry's short story”. Hindustan Times (HT Media Ltd). オリジナルの2012年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120618091145/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Sonakshi-Ranveer-s-Lootera-inspired-by-O-Henry-s-short-story/Article1-819638.aspx 2012年8月22日閲覧。 
  23. ^ Lootera: a slow pace romantic saga worth watching, say critics”. Hindustan Times (2013年7月5日). 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月30日閲覧。
  24. ^ Masand, Rajeev (2013年7月15日). “'Lootera' review: Drop whatever you're doing and soak in this love saga”. CNN-IBN. 2013年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月20日閲覧。
  25. ^ Ranveer Singh”. Box Office India. 2014年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月20日閲覧。
  26. ^ “First look Ram Leela: Meet Romeo Ranveer and Juliet Deepika”. India Today. オリジナルの2013年9月27日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6JwCOFmHR?url=http://indiatoday.intoday.in/story/first-poster-of-ram-leela-ranveer-singh-deepika-padukone/1/247370.html 2013年7月16日閲覧。 
  27. ^ Ranveer Singh to romance Kareena in 'Ram Leela'”. Zee News (2012年5月30日). 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月24日閲覧。
  28. ^ Uniyal, Parmita (2013年11月15日). “Movie review: Bhansali's Ram-leela is his best ever, say critics”. Hindustan Times. オリジナルの2013年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131115083944/http://www.hindustantimes.com/entertainment/bollywood/movie-review-bhansali-s-ram-leela-is-his-best-ever-say-critics/article1-1151490.aspx 2013年11月15日閲覧。 
  29. ^ Khilnani, Rohit (2013年11月15日). “Movie Review: Ram Leela is a spectacular show!”. India Today. オリジナルの2013年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131115081937/http://indiatoday.intoday.in/story/movie-review-ram-leela/1/324858.html 2013年11月15日閲覧。 
  30. ^ Goliyon Ki Raasleela Ram-Leela' earns Rs 93.58 crores in opening weekend”. Deccan Chronicle (2013年11月16日). 2013年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月22日閲覧。
  31. ^ Ramleela Grosses 100 Crore Worldwide At The Box Office”. Koimoi.com. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月18日閲覧。
  32. ^ Goliyon Ki Raasleela Ram - Leela Set For 200 Crore Worldwide”. Box Office India (2013年12月9日). 2013年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月18日閲覧。
  33. ^ Ramleela All Set To Join Koimoi's 'Top Worldwide Grossing Movies' List”. Koimoi.com (2013年12月11日). 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月18日閲覧。
  34. ^ “59th Idea Filmfare Awards Nominations”. Filmfare. (2013年1月13日). オリジナルの2014年1月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140115044052/http://www.filmfare.com/news/59th-idea-filmfare-awards-nominations-5138.html 2014年1月14日閲覧。 
  35. ^ Misra, Iti Shree (2012年8月24日). “Ali Abbas and Yash Raj team up again”. The Times of India. 2013年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  36. ^ Gunday”. Yash Raj Films. 2013年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  37. ^ Khilnani, Rohit (2014年2月14日). “Movie review: Gunday is old wine in a new bottle, it tastes awesome!”. India Today. オリジナルの2014年2月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140224223702/http://indiatoday.intoday.in/story/gunday-review-starring-priyanka-chopra-ranveer-singh-arjun-kapoor/1/343438.html 2014年2月25日閲覧。 
  38. ^ Boxoffice: Gunday First Day Collections”. Box Office India. 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月15日閲覧。
  39. ^ Seshagiri, Sangeetha (2014年2月23日). “'Gunday' Box Office Collection: Ranveer-Arjun Starrer Grosses 100 Crore Worldwide”. International Business Times. オリジナルの2014年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140223153527/http://www.ibtimes.co.in/articles/540092/20140223/gunday-box-office-collection-100-crore-ranveer.htm 2014年2月25日閲覧。 
  40. ^ “After Ramleela, Ranveer Singh and Deepika Padukone to share screen space in Finding Fanny Fernandes”. Daily News and Analysis. (2013年10月10日). オリジナルの2013年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014000603/http://www.dnaindia.com/entertainment/1901468/report-after-ramleela-ranveer-singh-and-deepika-padukone-to-share-screen-space-in-finding-fanny-fernandes 2013年10月20日閲覧。 
  41. ^ “'Kill Dil' gets 'kill'ed officially; collects a mere Rs 20 crore in opening weekend”. The Indian Express. (2014年11月17日). オリジナルの2014年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141220142823/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/kill-dil-gets-killed-officially-collects-a-mere-rs-13-crore-in-opening-weekend/ 2014年12月20日閲覧。 
  42. ^ Guha, Kunal (2015年6月5日). “Film Review: Dil Dhadakne Do”. Mumbai Mirror. オリジナルの2015年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150606131650/http://www.mumbaimirror.com/entertainment/bollywood/Film-review-Dil-Dhadakne-Do/articleshow/47547376.cms 2015年6月5日閲覧。 
  43. ^ Dil Dhadakne Do”. Box Office India. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  44. ^ Gupta, Priya (2014年10月21日). “Exclusive: Ranveer Singh shaves his head for Bajirao Mastani”. The Times of India. オリジナルの2015年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150216022938/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Exclusive-Ranveer-Singh-shaves-his-head-for-Bajirao-Mastani/articleshow/44887453.cms 2015年12月19日閲覧。 
  45. ^ “When Ranveer Singh locked himself up in a hotel room for 21 days”. Mid Day. (2015年12月14日). オリジナルの2015年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151216203114/http://www.mid-day.com/articles/when-ranveer-singh-locked-himself-up-in-a-hotel-room-for-21-days/16770197 2015年12月19日閲覧。 
  46. ^ Sen, Raja (2015年12月18日). “Review: Priyanka, Ranveer are terrific in Bajirao Mastani”. Rediff.com. 2015年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月19日閲覧。
  47. ^ Worldwide 2015 – Dilwale Nearing Prem Ratan Dhan Payo”. Box Office India (2016年1月14日). 2016年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月24日閲覧。
  48. ^ “Full list of winners of the 61st Britannia Filmfare Awards”. Filmfare. (2016年1月15日). オリジナルの2016年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160316165017/http://www.filmfare.com/news/full-list-of-winners-of-the-61st-britannia-filmfare-awards-11841.html 2016年1月16日閲覧。 
  49. ^ Sarkar, Prarthna (2016年12月9日). “Befikre review round-up: Critics have given their verdict on Ranveer Singh and Vaani Kapoor's film”. International Business Times. 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  50. ^ Mehta, Sushant (2016年10月14日). “Exclusive: Ranveer Singh has gone butt naked for Befikre. For real!”. India Today. オリジナルの2018年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180125022316/https://www.indiatoday.in/movies/gossip/story/ranveer-singh-butt-naked-vaani-kapoor-befikre-interview-346592-2016-10-14 2018年1月24日閲覧。 
  51. ^ Weissberg, Jay (2017年1月3日). “Film Review: ‘Befikre’”. Variety. オリジナルの2017年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170104050548/http://variety.com/2017/film/reviews/befikre-film-review-1201950595/ 2017年1月3日閲覧。 
  52. ^ Befikre”. Box Office India. 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  53. ^ “Team Padmavati starts shooting today”. Filmfare. (2016年11月1日). オリジナルの2016年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161101164843/http://www.filmfare.com/news/team-padmavati-starts-shooting-today-16399.html 2016年11月1日閲覧。 
  54. ^ Ray, Saptarshi (2017年11月17日). “Bounty placed on Bollywood actress' head after Hindu-Muslim film outrage”. The Daily Telegraph. オリジナルの2017年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171118052745/http://www.telegraph.co.uk/news/2017/11/17/bounty-placed-bollywood-actress-head-hindu-muslim-film-outrage/ 2017年12月2日閲覧。 
  55. ^ Censor Board Wants "Padmavati" Renamed "Padmavat", 5 Changes To Film”. NDTV (2017年12月30日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  56. ^ Pathak, Ankur (2018年1月24日). “'Padmaavat' Review: Ranveer Singh's Queer Act Shatters The Glass Ceiling In Indian Film Writing”. HuffPost. オリジナルの2018年1月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180124061209/http://www.huffingtonpost.in/2018/01/23/padmaavat-review-ranveer-singhs-queer-act-shatters-the-glass-ceiling-in-indian-film-writing_a_23341645/ 2018年1月24日閲覧。 
  57. ^ Padmavati Being Aimed For A February Release”. Box Office India (2017年12月8日). 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月8日閲覧。
  58. ^ a b Bollywood Top Grossers Worldwide: 2018”. Bollywood Hungama. 2019年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  59. ^ Worldwide Alltime : Padmaavat 7th - Baaghi 2 22nd”. Box Office India (2018年4月26日). 2018年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月26日閲覧。
  60. ^ “Winners of the 64th Vimal Filmfare Awards 2019”. Filmfare. (2019年3月23日). https://www.filmfare.com/news/bollywood/all-winners-of-the-64th-vimal-filmfare-awards-2019_-33004-3.html 2019年3月23日閲覧。 
  61. ^ “Nominations for the 64th Vimal Filmfare Awards 2019”. Filmfare. (2019年3月12日). https://www.filmfare.com/news/bollywood/nominations-for-the-64th-vimal-filmfare-awards-2019_-32898-1.html 2019年3月13日閲覧。 
  62. ^ Ranveer Singh Stars In And As Simmba In Rohit Shetty, Karan Johar Film. Twitter's Thrilled”. NDTV. 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月7日閲覧。
  63. ^ “BREAKING: Ranveer Singh in and as Simmba; directed by Rohit Shetty”. Bollywood Hungama. (2017年12月7日). オリジナルの2017年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171212193142/http://www.bollywoodhungama.com/news/bollywood/breaking-ranveer-singh-simmba-directed-rohit-shetty/ 2017年12月12日閲覧。 
  64. ^ “Real Gully Boys Divine and Naezy praise Ranveer Singh: He soaked in our body language, our attitude”. Hindustan Times. (2019年2月6日). オリジナルの2019年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190214174335/https://www.hindustantimes.com/bollywood/real-gully-boys-divine-and-naezy-praise-ranveer-singh-he-soaked-in-our-body-language-our-attitude/story-CXjwVVTUdyrE5CG3T85CXN.html 2019年2月14日閲覧。 
  65. ^ Ramachandran, Naman (2019年2月13日). “Indian Hip-Hop Gets Big Screen Time in Berlin Festival Pic ‘Gully Boy’”. Variety. オリジナルの2019年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190213170049/https://variety.com/2019/film/spotlight/indian-hip-hop-gets-big-screen-time-in-berlin-festival-pic-gully-boy-1203138253/ 2019年2月14日閲覧。 
  66. ^ “Ranveer Singh: I haven’t met anyone like Deepika Padukone, ever!”. The Times of India. (2018年12月25日). オリジナルの2018年12月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181226115953/https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/ranveer-singh-i-havent-met-anyone-like-deepika-padukone-ever/articleshow/67242687.cms 2018年12月25日閲覧。 
  67. ^ “Deepika Padukone and Ranveer Singh announce wedding date”. The Indian Express. (2018年10月21日). オリジナルの2018年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181021190905/https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/deepika-padukone-ranveer-singh-wedding-card-date-5411450/ 2018年10月21日閲覧。 
  68. ^ “Deepika Padukone, Ranveer Singh are married now, wedding ceremony ends in Italy”. Hindustan Times. (2018年11月14日). オリジナルの2018年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181114143025/https://www.hindustantimes.com/bollywood/deepika-padukone-ranveer-singh-are-married-now-wedding-ceremony-ends-in-italy/story-OrrIJnMvTwI1wSwl7JbWqM.html 2018年11月14日閲覧。 
  69. ^ “Ranveer Singh-Deepika Padukone wedding: Sikh body upset over Anand Karaj performed outside gurdwara”. Hindustan Times. (2018年11月19日). オリジナルの2018年12月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181219134548/https://www.hindustantimes.com/bollywood/ranveer-singh-deepika-padukone-wedding-sikh-body-upset-over-anand-karaj-performed-outside-gurdwara/story-gtw6h2BVs7F2tCD3VjK85K.html 2018年12月19日閲覧。 
  70. ^ a b “Ranveer Singh”. Forbes. オリジナルの2018年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180822113743/http://www.forbesindia.com/celebprofile2016/ranveer-singh/1587/23 2018年8月22日閲覧。 
  71. ^ “2017 Celebrity 100”. Forbes. オリジナルの2018年7月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180711185628/http://www.forbesindia.com/lists/2017-celebrity-100/1665/all 2018年8月22日閲覧。 
  72. ^ “2018 Celebrity 100”. Forbes India. オリジナルの2018年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181205064833/http://www.forbesindia.com/lists/2018-celebrity-100/1735/all 2018年12月5日閲覧。 
  73. ^ “2018 Forbes India Celebrity 100: Meet the 25 highest-earning icons this year”. Forbes. (2018年12月5日). オリジナルの2018年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181205193403/http://www.forbesindia.com/aperture/2018-celebrity-100/2018-forbes-india-celebrity-100-meet-the-25-highestearning-icons-this-year/51959/8#photo#photo 2018年12月5日閲覧。 
  74. ^ “Ranveer Singh, Badshah, Rajkummar Rao at GQ's 50 Most Influential Young Indians of 2017”. Firstpost. (2017年7月8日). オリジナルの2018年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180822163555/https://www.firstpost.com/entertainment/ranveer-singh-badshah-rajkummar-rao-at-gqs-50-most-influential-young-indians-of-2017-3790559.html 2018年8月22日閲覧。 
  75. ^ a b Tewari, Saumya (2016年10月14日). “Why brands are going crazy over Ranveer Singh”. Livemint (HT Media). オリジナルの2016年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220105349/http://www.livemint.com/Consumer/XDN4pSQNquOu3hwsMfdxOK/Why-brands-are-going-crazy-over-Ranveer-Singh.html 2016年12月9日閲覧。 
  76. ^ “Ranveer Singh to represent adidas Originals in India - Times of India”. The Times of India. オリジナルの2015年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151120022922/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranveer-Singh-to-represent-adidas-Originals-in-India/articleshow/49126064.cms 2016年12月9日閲覧。 
  77. ^ www.ETBrandEquity.com. “Ranveer Singh dances to the moves of Farah Khan in new Head & Shoulders ad campaign - ET BrandEquity”. ETBrandEquity.com. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月9日閲覧。
  78. ^ Ravi Balakrishnan, Delshad Irani (2016年4月13日). “I consciously track the performance of my brands: Ranveer Singh”. Economic Times. オリジナルの2016年5月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160504103849/http://economictimes.indiatimes.com/magazines/brand-equity/i-consciously-track-the-performance-of-my-brands-ranveer-singh/articleshow/51796180.cms 2016年12月9日閲覧。 
  79. ^ “Ranveer Singh, Alia Bhatt endorse MakeMyTrip”. Livemint. (2016年2月17日). オリジナルの2018年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181128122902/https://www.livemint.com/Companies/AuqBvy2pMi2jE7VX4zGueP/Ranveer-Singh-Alia-Bhatt-endorse-MakeMyTrip.html 2018年11月28日閲覧。 
  80. ^ “Ranveer Singh launches independent music label, his dream project”. India Today. (2019年3月29日). https://www.indiatoday.in/lifestyle/celebrity/story/ranveer-singh-launches-independent-music-label-his-dream-project-1489257-2019-03-29 2019年3月30日閲覧。 
  81. ^ Whoa! Ranveer Singh makes a special appearance in Ali Zafar's Pakistani film Teefa In Trouble!”. Bollywood Hungama (2018年7月23日). 2018年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月23日閲覧。

外部リンク編集