湾の景色

ラン島(ランとう、Run Isle、または、Run Island)とは、インドネシア領のバンダ諸島に属する、小さなである。かつてインドネシアにおける香辛料貿易の中心地であったことで知られる。

概要編集

ラン島はおおよそ、南緯4度33分、東経129度41分に位置する、長さ約3km、幅は約1km程度に過ぎない、バンダ海に存在する小さな島である。この島はナツメグ(ナツメグの皮で作られるメースも含む)の交易により。17世紀には経済的に重要な意味を持った島であった。イギリスの東インド会社の探検隊に属していた船乗りが、1603年にこの島に到達し、この時彼らは、島の住民とコネクションを持つことに成功した。これを皮きりに、この島は西欧諸国が繰り広げた香辛料貿易の覇権争いに巻き込まれる。この後、オランダとイギリスの覇権争いの結果、19世紀初頭にはBandalontorに、インドネシアにおける香辛料貿易の中心地は移ってしまった。しかしながら、ラン島には現在でもナツメグの木は生育している。

参考文献編集

  • Milton, Giles (1999) "Nathaniel's Nutmeg (reissue, illustrated ed.)"(Nathanielのナツメグ。再刊版。図解版。) Penguin Books. ISBN 978-0-14-029260-2. OCLC 44871451

座標: 南緯4度33分25.87秒 東経129度41分01.63秒 / 南緯4.5571861度 東経129.6837861度 / -4.5571861; 129.6837861