ラヴィ・ティドハー

ラヴィ・ティドハー(Lavie Tidhar、ヘブライ語: לביא תדהר‎、1976年11月16日 - )は、イスラエル生まれの作家。イギリス南アフリカ共和国に長期間居住したほか、ラオスバヌアツにも居住経験がある。2013年現在はロンドン在住。[1]

ラヴィ・ティドハー
Lavie Tidhar
LavieTidhar.jpg
2006年ロンドンにて撮影
誕生 (1976-11-16) 1976年11月16日(44歳)
イスラエル
職業 作家
国籍 イスラエル/南アフリカ共和国/イギリス
ジャンル ファンタジーSFスリップストリーム
代表作 Osama、『完璧な夏の日』、A Man Lies DreamingCentral Station
公式サイト lavietidhar.wordpress.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

2012年、長編Osama世界幻想文学大賞長編部門を受賞。2015年、長編『黒き微睡みの囚人』A Man Lies Dreamingジャーウッド・フィクション・アンカヴァード賞を受賞。[2]2017年、長編Central Stationジョン・W・キャンベル記念賞ニューコム・インスティテュート・スペキュレイティヴ・フィクション文学賞を受賞。[3][4][5][6]

生涯編集

イスラエルのキブツで育つ。15歳から世界中を旅しており、その経験は創作にも活かされている。[7]アンソロジー・シリーズThe Apex Book of World SF Series(2009-14年)の編纂や、The World SF Blogの運営を通じて、世界SFの英語圏への紹介者としても活動している。[8]

主な作品・主な受賞歴編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

長編編集

  • Osama(PS Publishing, 2011)
  • The Violent Century. Hodder & Stoughton, 2013
  • A Man Lies Dreaming(Hodder & Stoughton, 2014)
    • 『黒き微睡みの囚人』押野慎吾訳、竹書房文庫、2019年
    • 2015年 ジャーウッド・フィクション・アンカヴァード賞 受賞
  • Central Station(Tachyon Publications, 2016)
    • 2018年 ニューコム・インスティテュート・スペキュレイティヴ・フィクション文学賞 受賞
    • 2017年 ジョン・W・キャンベル記念賞 受賞


《ブックマン秘史》三部作
  • 『革命の倫敦』The Bookman. Angry Robot Books, 2010(小川隆訳、ハヤカワ文庫SF、2013年)
  • 『影のミレディ』Camera Obscura. Angry Robot Books, 2011(小川隆訳、ハヤカワ文庫SF、2013年)
  • 『終末のグレイト・ゲーム』The Great Game. Angry Robot Books, 2012(小川隆訳、ハヤカワ文庫SF、2014年)

その他編集

  • 2012年 英国SF協会賞ノンフィクション部門 受賞(The World SF Blogに対して)

脚注編集

外部リンク編集