メインメニューを開く

ラヴェンナ包囲戦(ラヴェンナほういせん、英語: Siege of Ravenna)は490年から493年まで、東ゴート族の王テオドリックイタリア領主オドアケルのいるラヴェンナを包囲した戦闘。

ラヴェンナ包囲戦
戦争ローマ・ゲルマン戦争英語版
年月日490年 - 493年
場所ラヴェンナ(現イタリア領)
結果:東ゴートの勝利
交戦勢力
ヘルール族
スキリア族英語版
東ゴート族
ルギイー族英語版
指導者・指揮官
オドアケル テオドリック

包囲が3年間続いたのち、和平が成立するが、493年3月15日に行われた祝宴においてテオドリックがオドアケルを殺害した[1]

脚注編集

  1. ^ Spencer C. Tucker (2009). A Global Chronology of Conflict. ABC-CLIO. p. 179. ISBN 978-1-85109-672-5. https://books.google.com/books?id=h5_tSnygvbIC&pg=PA179.