メインメニューを開く

ラ・コンチャ海岸

スペインのビーチ
ラ・コンチャ湾から転送)
ラ・コンチャ海岸
ラ・コンチャ海岸の位置(スペイン内)
ラ・コンチャ海岸
ラ・コンチャ海岸
スペインにおけるラ・コンチャ海岸の位置
ラ・コンチャ海岸の位置(ドノスティア内)
ラ・コンチャ
ラ・コンチャ
ラ・スリオラ
ラ・スリオラ
ラ・オンダレータ
ラ・オンダレータ
サン・セバスティアン中心部における海岸の位置

ラ・コンチャ海岸バスク語: Kontxa Hondartza [ˈkontʃa onˈdarts̻a], スペイン語: Playa de La Concha [ˈplaʝa ðe la ˈkoɲtʃa])は、スペインバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンにある砂浜海岸

歴史編集

19世紀後半にはサン・セバスティアンがスペインにおける夏の首都英語版となり、マリア・クリスティーナを筆頭とするスペインの王侯貴族やブルジョワジーが夏季をサン・セバスティアンで過ごすようになった。1893年には浜辺にミラマール宮殿が建設された。1940年代からはビーチサッカー大会が、2001年からはビーチラグビー大会が開催されており、またトライアスロン大会なども開催されている。

地理編集

ビスケー湾大西洋)にあるラ・コンチャ湾に面して砂浜のビーチが広がっており、両側をモンテ・ウルグルとモンテ・イゲルドというふたつの丘に挟まれている。コンチャ(Kontxa, Concha)とはバスク語カスティーリャ語のことであり、貝殻のように弧を描くビーチの形状に由来している[1]。ラ・コンチャ海岸はヨーロッパでもっとも人気のある都市型ビーチのひとつであり、夏季にはヨーロッパ各国からの海水浴客でにぎわう[1]。海岸に沿ってラ・コンチャ海岸通りという車道が走り、車道と海岸の間には町のシンボルでもある遊歩道が設置されている[1]。ラ・コンチャ湾の中央部にはサンタ・クララ島があり、夏季のみサン・セバスティアンの港から小型船が運航される。海岸の延長距離は約1,350m、砂浜の幅は約70m、海岸の面積は約54,000m2である[2]。遠浅で岩がなく、正面にサンタ・クララ島があるおかげで波が小さいことが特徴である[3]

ラ・オンダレータ海岸編集

ラ・コンチャ海岸の西側には静かで落ち着いたラ・オンダレータ海岸がある[3]。1977年には彫刻家のエドゥアルド・チリーダがラ・オンダレータ海岸の浜辺で25年に渡って製作を続けていた彫刻作品『風の櫛』が完成した[4]

ラ・スリオラ海岸編集

ラ・コンチャ海岸から旧市街やモンテ・ウルグルを挟んで東側にはラ・スリオラ海岸があり、ラ・スリオラ海岸の前方にはサンタ・クララ島のように波を遮るものがなく、やや波が高いためサーフィンボディボードを行う海水浴客に人気がある。

 
海水浴客でにぎわうラ・コンチャ海岸

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c 交流都市 サンセバスティアン(スペイン)”. 丸亀市. 2014年9月25日閲覧。
  2. ^ Kontxa Donostiako Udala 2012年8月18日
  3. ^ a b サーフィン&ビーチ”. Lacunza. 2014年9月25日閲覧。
  4. ^ エドゥアルド・チリーダ”. 高松宮殿下記念世界文化賞. 2014年9月27日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯43度19分03秒 西経1度59分12秒 / 北緯43.31750度 西経1.98667度 / 43.31750; -1.98667