メインメニューを開く

ラ・パロマ』(スペイン語: La Paloma, 「鳩」の意)は、1974年(昭和49年)製作・公開、ダニエル・シュミット監督によるスイスフランス合作の長編劇映画である。

ラ・パロマ
La Paloma
監督 ダニエル・シュミット
脚本 ダニエル・シュミット
製作総指揮 イヴ・ペイロ
音楽 ゴットフリード・ヒュンスベルク
撮影 レナート・ベルタ
編集 イラ・フォン・ハスペルク
製作会社 スイスの旗 アルトコ・フィルム、シテール・フィルム
フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
配給 フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
日本の旗 アテネ・フランセ文化センター / 駐日スイス大使館
日本の旗 シネセゾン
公開 フランスの旗 1974年8月28日
日本の旗 1984年12月22日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 ドイツ語
英語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1972年(昭和47年)、『今宵かぎりは…』を監督してスクリーンデビューしたダニエル・シュミットの劇場用映画第2作である。デビュー作に引き続きイングリット・カーフェンを主演に起用、相手役はおなじく同作に出演したペーター・カーンを起用した。

タイトルの『ラ・パロマ』はカーフェン演じる娼館の歌手ヴィオラの通称であり、スペインの作曲家セバスティアン・イラディエルが作曲したハバネラの楽曲『ラ・パロマ』(1860年)に由来する。

DVDは、日本でのみリリースされており[1]、2001年(平成13年)にパイオニアLDC(現在のジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)が発売したが、2010年(平成22年)現在は廃盤である。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

関連事項編集

編集

  1. ^ La Paloma/DVDInternet Movie Database (英語)、2010年2月3日閲覧。

外部リンク編集