メインメニューを開く
ラ・フォーレ号(JRバス東北)
ラ・フォーレ号(JRバス東北)
かつて津輕号で運用されていた車両(弘南バス)
かつて津輕号で運用されていた車両(弘南バス)

ラ・フォーレ号(ラフォーレごう)は、東京都千代田区青森県青森市を結ぶ、JRバス東北が運行する夜行高速バス路線。

本項目では、弘南バス2010年2月28日出発便まで「ラ・フォーレ号」を運行)が同区間で運行する津輕号(つがるごう)についても記載する。

概要編集

青森と東京を結ぶ直通路線として弘南バス京浜急行電鉄京浜急行バスの前身。のち羽田京急バスに移管[1])が青森駅前 - 品川バスターミナル間を、JRバス東北JRバス関東は青森駅前 - 東京駅八重洲南口間の運行をそれぞれ計画していたが、競合路線の併願を認めない方針を打ち出していた当時の運輸省(現・国土交通省)より需給調整が指導された。協議の結果、4社による青森駅前 - 東京駅八重洲南口間の共同運行となった。

2009年7月31日出発便の運行をもってJRバス関東が撤退。同年9月1日運行分からは、3社による共同運行を終了し、JRバス東北と弘南バス・羽田京急バスの2グループが同じ「ラ・フォーレ号」の愛称でありながら別路線として運行しており、乗車券販売方法が異なっていたほか、異なる会社グループをまたいでの往復割引の適用ができなくなった[2]

さらに2010年2月28日出発便の運行をもって羽田京急バスが撤退。翌3月1日出発便より、弘南バスは「津輕号」に愛称を変更。「ラ・フォーレ号」よりも割安な特別運賃・キャンペーン運賃を設定して差別化を図ったが、「ラ・フォーレ号」も同年4月1日出発便より運賃を「津輕号」と同額に引き下げた[3]

2010年9月23日出発便より、「津輕号」は東北新幹線全線開業前に割安感をアピールする狙いとして、同路線の片道運賃の値下げを実施した[4]

東北新幹線の全線開業後、JRバス東北が運行する「ラ・フォーレ号」は利用客数が全線開業前より20~25%減少したといい、外国人と観光客の利用が新幹線により減ったことが大きな打撃としている[5]

現行系統編集

ラ・フォーレ号編集

運行会社
運行経路

東京ディズニーランド - 東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - (仙台宮城IC) - 青森駅(8番のりば)

  • 仙台宮城ICは乗務員交代のための停車。
  • 青森行は大谷PA花輪SAの2箇所、東京行は岩手山SA羽生PAの2箇所で休憩を行う。他にも2箇所のPA/SAにも停車するが、乗務員休憩のため乗客は外に出ることはできない[6]

津輕号編集

運行会社
  • 弘南バス
    • 青森営業所が担当。青森ナンバー。2人乗務。
    • 東京側ではJRバス関東が運行支援業務を行い、東京支店に入庫する。
運行経路

東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - バスタ新宿(新宿駅) - (佐野SA) - (国見SA) - (紫波SA) - あおもり健康ランド - 青森港フェリーターミナル - 青森駅(9番のりば)

  • 国見SAは乗務員交代のための停車で、乗客は外に出ることができない。また佐野SA・紫波SAの休憩中にも乗務員交代を行う。
  • 青森港フェリーターミナルは、「東京・函館きっぷ」利用者のみ乗降可[7]

過去の運行会社編集

  • ジェイアールバス関東
    • 2009年7月31日をもって撤退したが、運行支援業務は継続。
    • 乗務員はワンマン運転で、東京 - 仙台宮城IC間は東北道統括支店(当時)が担当、仙台宮城IC - 青森間はJRバス東北仙台支店に運転業務を委託していた。仙台宮城ICと阿武隈PAで乗務員交代をしていた。
    • 車両は東北道統括支店担当であったが、東京支店(江東区)に管理業務を委託しており足立ナンバーであった。
  • 羽田京急バス
    • 2010年2月28日をもって撤退。
    • 東京営業所大田区)が担当していた。品川ナンバー。2人乗務。

運賃編集

 
バス指定券

2019年6月21日現在。ラ・フォーレ号と津輕号との組み合わせでの往復割引の適用および相互変更は不可。

ラ・フォーレ号
  • C期間:大人片道7,700円
  • B期間:大人片道8,200円
  • A期間:大人片道9,200円
  • S期間:大人片道10,700円
津輕号
  • 通常期:大人片道8,000円
  • 準繁忙期:(金曜日日曜日及び春休み期間):大人片道9,000円
  • 繁忙期(年末年始ゴールデンウィークお盆期間):大人片道9,500円
    • 「あずましーと」利用の場合は1,000円増し(大人・小児とも)となる。
    • 2010年3月1日出発便から同年3月31日出発便まで、リニューアル運行キャンペーン価格として、大人片道6,500円で運行した(往復割引なし)。
  • 津輕号は楽天トラベルのシステムによる予約・決済が可能。

乗車券発売箇所編集

旅行会社での発券は、取扱旅行会社毎に設定される旅行業務取扱料金が運賃とは別途徴収される。また、ジェイアールバス東北(津輕号は弘南バス)への電話予約の内容を旅行会社に伝達して発券を行うことは不可。

ラ・フォーレ号
津輕号
  • 弘南バス
  • 日専連旅行センター
    • 本店
    • サンロード青森店
  • JTB東北青森支店・TL青森IY
  • 東武トップツアーズ青森支店
  • ファミリーマート・ローソンのコンビニ端末
  • 楽天トラベルやハイウェイバス・ドットコムなどの高速バス予約サイト
  • ただし、「東京・函館きっぷ」利用時は、先述の予約窓口からの予約ではなく、楽天トラベルからのみの予約となる。詳細は弘南バスホームページを参照のこと[8]
なお、京浜急行バスにおける東京側の予約・発券業務は2010年9月22日をもって終了した(予約・発券の取扱いは同日の出発便まで)[9]

歴史編集

  • 1989年平成元年)7月1日 - 運行開始。
  • 2003年(平成15年)
    • 9月1日 - 往復割引開始。
    • 10月1日 - 京浜急行電鉄のバス部門を分社化。京浜急行バスが継承。
  • 2004年(平成16年)7月16日 - 1日2往復に増便。
  • 2005年(平成17年)
  • 2007年(平成19年)11月30日 - この日の青森発便より、東京駅の到着場所を日本橋口に変更。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - 京急側の運行が京急観光バスから羽田京急バスに変更。
  • 2009年(平成21年)
    • 8月1日 - JRバス関東が撤退。
    • 9月1日 - この日の出発便より3社による共同運行を終了、JRバス東北(2・3号)と弘南バス・羽田京急バス(1・4号)がそれぞれ別路線として運行。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月28日 - この日の1・4号の運行をもって羽田京急バスが撤退、単独運行となる弘南バス側が翌日(3月1日)発車便より愛称を「津輕号」に変更し、運賃も変更(キャンペーン運賃を導入)[10][11]
    • 4月1日 - 「ラ・フォーレ号」の運賃を「津輕号」と同額に改定。
    • 9月22日 - 京浜急行バスにおける「津輕号」の予約受付業務を終了(取扱いは同日出発便まで)[9]。同社の運行支援も同日を以て終了(これまで同社の大森営業所に入庫していた)。
    • 9月23日 - 「津輕号」、この日出発便より運賃改定(往復割引運賃を廃止し、片道運賃を値下げ、繁忙期運賃を設定)。
  • 2011年(平成23年)4月27日 - 「津輕号」に通常座席(18席)と「あずましーと」(6席)全席に仕切りカーテンを装備した新型車両を充当[12]。「あずましーと」は通常料金の1,000円増。
  • 2012年(平成24年)12月18日 - この日より「東京・函館きっぷ」が新たに「津輕号」に設定。それに伴い、発着地を青森港フェリーターミナルに延長。
  • 2013年(平成25年)
    • 7月16日 - 「津輕号」、この日出発便より新宿高速バスターミナルとあおもり健康ランドに停車[13]
    • 12月1日 - 「ラ・フォーレ号」の運賃をシーズン制(閑散期・B期間、通常期・A期間、特定期・S期間)に移行。往復割引運賃を廃止(同年11月30日発車の往路発売便まで)。
  • 2014年(平成26年)3月1日 - 「津輕号」の運賃値上げ。[14]なお、この値上げで、通常・閑散期料金と繁忙期料金が設定される。あずまシート料金は据え置き。
  • 2015年(平成27年)3月13日 - 「津輕号」、この日乗車分から、運賃値上げと、これまでの「通常期」・「繁忙期」運賃に加え、「準繁忙期」運賃が設定される。この「準繁忙期」運賃は、金曜日と日曜日が適用日となる。また、2015年は3月13日から31日の期間も、「準繁忙期」が適用される。[15]なお、あずまシート料金は据え置き。
  • 2016年(平成28年)
    • 4月4日 - この日から、「津輕号」が新たに開業する『バスタ新宿』(新・新宿高速バスターミナル)から出発。ただし、降車については、5月9日までは、『バスタ新宿』ではなく、新宿駅西口での扱いとなる[16]
    • 4月5日 - JRバス東北・ジェイアール東日本物流・東北鉄道運輸の三社で設立した地域活性化物流LLP(有限責任事業組合)による、「ラ・フォーレ号」東京駅行きの荷物室を利用した地産品輸送の第1便が出発[17][18]
    • 8月31日 - 同日発車の便を以て、みどりの窓口での乗車券発売を終了。
  • 2018年(平成30年)4月中旬 - 「津輕号」の車両置き換えに伴い、「あずましーと」の販売を終了[19]
  • 2019年(平成31年)4月16日 - 「ラ・フォーレ号」東京側の発着地を東京ディズニーランドに変更。あわせて下り続行便を「ラ・フォーレ3号」(東京駅発)とする[20]

車両編集

  • 通常、トイレ付き独立3列シート車(ハイデッカー車またはスーパーハイデッカー車)で運行される。
    • ラ・フォーレ号は、2011年4月15日より、26人乗り、マイカーテン・各座席コンセント完備の新型車両を充当[21]
    • 津輕号は、2011年4月27日より、通常座席(18席)と「あずましーと」(6席)全席に仕切りカーテンを装備した車両を充当した[12]が、2018年4月中旬に車両を28人乗りワイドシート車両に入れ替えた[19]
  • 繁忙期はトイレなし、4列シートの観光バス車両で運行する場合がある。この場合、2時間に1度のトイレ休憩を設けるほか、運賃を500円割り引く。
    • なお、2009年年末年始より、「ラ・フォーレ2・3号(JRバス東北運行便。号数は設定開始当時)」の臨時便では2人掛け座席を1人で使用できるサービスを開始している(但し、運賃は通常運賃に据え置き)。
  • 運行開始当初は京浜急行バスと弘南バスはノクターン号と同じデザインの車両を運用していた。現在も弘南バスの夜行高速車の中には後部に「NOCTURNE」と書かれた車両が在籍している。

使用車両画像一覧編集

過去の車両

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 2,494 56,649 155.2 22.7
2003(平成15)年度 366 2,373 47,635 133.2 20.1
2004(平成16)年度 365 2,269 47,294 129.6 20.8
2005(平成17)年度 365 2,185 43,544 119.3 19.9
2006(平成18)年度 365 1,961 37,980 104.1 19.4
2007(平成19)年度 366 1,822 34,021 93.0 18.7
  • 東北運輸局の高速バス輸送実績では常に上位に挙げられるが、近年は利用者が減少傾向にある。平成15年度は前年比84.1%、平成16年度は同99.3%[22]、平成17年度は同92.1%[23]、平成18年度は同87.2%[24]、平成19年度は同89.6%[25]となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 組織としては2018年4月に京浜急行バスに復帰。
  2. ^ 東京~青森間高速バス「ラ・フォーレ号」運行に関するお知らせ(JRバス東北プレスリリース 2009年7月29日)
  3. ^ 「ラ・フォーレ号」4月1日出発便より運賃割引! JRバス東北新着情報(2010年3月3日)
  4. ^ 新幹線開業控え高速バス運賃大幅引き下げ/弘南バス陸奥新報:2010年9月14日(2010年9月24日閲覧)
  5. ^ 追跡 東北新幹線「第3部 開業1年 県内への影響」東奥日報:2011年11月27日朝刊
  6. ^ ラ・フォーレ号”. ジェイアールバス東北 (2018年12月21日). 2019年1月16日閲覧。
  7. ^ 大好評!『東京・函館きっぷ』に『津輕号』が新登場!(弘南バスホームページ)
  8. ^ 東京函館きっぷ - 弘南バスホームページ
  9. ^ a b 当社における青森ゆき「津輕号」予約受付の終了について 京浜急行バス トピックス(2010年8月23日)
  10. ^ 【高速バス】 青森ゆき「ラ・フォーレ」号の運行について(京浜急行バス:2010年1月22日発表)
  11. ^ 3月1日より「ラ・フォーレ1号・4号は「津輕号(つがるごう)」としてリニューアル運行いたします。(弘南バス:2010年1月25日発表)
  12. ^ a b 弘南バスプレスリリース (PDF)
  13. ^ 高速路線バス『津輕号(青森~東京線)』新宿乗り入れのお知らせ。(2013年7月12日 弘南バス) (PDF)
  14. ^ 高速バス「青森~東京線 津輕号」運賃改定のお知らせ(2014年1月27日 弘南バス) (PDF)
  15. ^ 高速バスの運賃改定について(パンダ号・スカイ号・津輕号) (PDF) - 弘南バス・2015年2月9日リリース(閲覧2月28日)
  16. ^ 新宿駅の「バスのりば」変更のお知らせ (PDF) - 弘南バス・2016年3月4日リリース
  17. ^ JR東日本物流、地域活性物流スタート 青森から第1号便”. 物流ニッポン新聞社 (2016年4月11日). 2016年8月15日閲覧。
  18. ^ 地産品輸送(地域活性化物流)開始!”. JRバス東北 (2016年5月9日). 2016年8月16日閲覧。
  19. ^ a b ☆“あずましーと”販売終了のお知らせ”. 弘南バス (2018年4月9日). 2018年4月26日閲覧。
  20. ^ 【高速バス】2019年4月16日より「東京ディズニーランド(R)」へ乗り入れます”. ジェイアールバス東北 (2019年4月1日). 2019年4月27日閲覧。
  21. ^ 高速・東京 - 青森線「ラ・フォーレ号」新車で運行中(JRバス東北新着情報:2011年4月21日)
  22. ^ [1]
  23. ^ [2]
  24. ^ [3]
  25. ^ [4]

関連項目編集

外部リンク編集