メインメニューを開く
空中に張り巡らせたネットにダンサーが体を装着して演じるパフォーマンス
パフォーマンスの一部
船(ナウマン号)で移動して港に停泊させ、甲板やマストなどを舞台装置として使ってスペクタル・ショーを行なう[1]

ラ・フラ・デルス・バウス(La Fura dels Baus)は、スペインの演劇集団。野外を中心とした前衛的でスペクタクルな演出を得意とする団。1992年のバルセロナオリンピック開会式の演出で世界的に有名になり、その後、オペラ・演劇・映像作品の演出も務めている。

歴史編集

1979年、スペインのカタルーニャ州で子供向け街頭劇団として発足[1]。パレードやサーカスのようなパフォーマンスを行なっていたが、1980年代半ばから、破壊的でカオティックな前衛的活動を始める。

1992年、バルセロナオリンピック開会式の演出を行った。1996年、グラナダファリャ作曲『アトランティーダ』を演じた。2002年、マンハイムでテレビ会議施設を舞台装置としたオペラ『大理石の崖にて』(エルンスト・ユンガー作の同名の作品を脚色)の演出を手掛け、世界各地でのオペラや舞台の演出を行なっている。

2004年には中古船を改造した「ナウマン号」を就航、世界中で船上パフォーマンスを展開。

1989年には初めて日本を訪れた。横浜市の新山下倉庫内を駆け回り、生肉を引きちぎり、血や水が飛び交う過激な作品「Suz/O/Suz」の公演を行った[2]

「フラ言語」編集

主な特色は、観客に積極的に参加するよう働きかけることと、舞台作品を各公演の会場となる空間の要素に合うように脚色する点にあり、こうした上演方式は「フラ言語」(Fura language)と呼ばれ[3]。ワークショップを開き、指導にもあたる。フラ言語を使った最初の演目は「Accions」1984年[2]である。

ナウマン号編集

2004年、ノルウェー貨物船を改造した船上劇場「ナウマン号」を就航、世界各国でショーを催行。

映画編集

オペラ、オラトリオ (演出)編集

世界初演編集

初演出編集

日本公演編集

メンバー編集

  • カルルス・パドリッサ(カルロス・パドリッサ)
  • アレックス・オリエ
  • Marcel·lí Antúnez Roca
  • Pere Tantinyà
  • Quico Palomar y Teresa Puig
  • Miki Espuma
  • Jürgen Müller
  • Pep Gatell
  • Jordi Arús
  • Hansel Cereza y Michael Summers
  • Quico Palomar
  • Teresa Puig y Mireia Romero

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 驚異のパフォーマンス集団「ラ・フラ・デルス・バウス」クラシカ・ジャパン番組解説
  2. ^ 横浜コンテンポラリー・ダンス史 【前編】公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、2012.06.25
  3. ^ ラ・フラ・デルス・バウス「変身」名古屋公演中京テレビ公演公式サイト、2005年

関連項目編集

外部リンク編集