メインメニューを開く

ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド

ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド西: La Pequeña Copa del Mundo)は、かつてベネズエラで開催されていたサッカーの国際大会。南米欧州クラブチームが参加したため、スモールワールドカップ: Small World Cup)とも呼ばれた。1952年から1957年の間は毎年開催され、1963年にも開催された[1]。1965年にはカラカス市杯西: Trofeo Ciudad de Caracas)と名称を変え、1975年までほぼ毎年開催された。2005年にはヨーロッパ=アメリカ・トーナメント: European-America Tournament)と名称を変え、1回限りで開催された。

ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド
開始年 1953年
終了年 2005年
地域 ベネズエラの旗 ベネズエラ
加盟国 CONMEBOL
UEFA
最多優勝 スペインの旗 レアル・マドリード
ブラジルの旗 サンパウロ
(2回)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

1952年大会は1952年7月12日から7月29日に行なわれ、ベネズエラ・リーグ優勝のラ・セジェスペイン・リーグ3位のレアル・マドリードコロンビア・リーグ優勝のミジョナリオスリオデジャネイロ州選手権優勝のボタフォゴが出場した。各クラブが2回ずつ対戦し、6試合で勝ち点8(2勝4分)を獲得したレアル・マドリードが優勝した。

1953年大会は1953年2月10日から2月18日に行なわれ、コロンビア・リーグ優勝のミジョナリオス、アルゼンチン・リーグ優勝のリーベル・プレートオーストリア・リーグ優勝のラピード・ウィーンが出場した。各クラブが3試合または4試合を行ない、3試合で勝ち点5(2勝1分)を獲得したミジョナリオスが優勝した。3得点を挙げたミジョナリオスのアルフレッド・ディ・ステファノが得点王に輝いている。1954年大会にはサンパウロ州選手権優勝のコリンチャンスイタリア・2部リーグ優勝のローマ、カラカス市選抜(地元枠)、スペイン・リーグ優勝のバルセロナが出場した。各クラブが2回ずつ対戦し、6戦全勝のコリンチャンスが優勝した。1955年大会にはベネズエラ・リーグ優勝のラ・セリェ、スペイン・リーグ5位のバレンシアポルトガル・リーグ優勝のベンフィカ、サンパウロ州選手権3位のサンパウロが出場した。各クラブが2回ずつ対戦し、6試合で勝ち点8(3勝2分1敗)を獲得したサンパウロが優勝した。1956年大会にはイタリア・リーグ6位のローマ、スペイン・リーグ3位のレアル・マドリード、ポルトガル・リーグ優勝のポルト、リオデジャネイロ州選手権優勝のヴァスコ・ダ・ガマが出場した。各クラブが2回ずつ対戦し、6試合で勝ち点9(4勝1分1敗)を獲得したレアル・マドリードが優勝した。

1960年代初頭以降には参加クラブの質が低下し、大会の地位も急速に落ちていった[1]が、国際クラブ大会としての先駆けとなる公式戦であった。その後開催されたインターコンチネンタルカップのモデルとされる。

結果編集

ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド編集

開催年 優勝 準優勝 3位 4位
1952   レアル・マドリード   ボタフォゴ   ミジョナリオス   ラ・セジェ
1953   ミジョナリオス   リーベル・プレート   ラピード・ウィーン (3チームのみ参加)
1954   コリンチャンス   ローマ   バルセロナ   カラカス市選抜
1955   サンパウロ   バレンシア   ベンフィカ   ラ・セジェ
1956   レアル・マドリード   ヴァスコ・ダ・ガマ   ポルト   ローマ
1957   バルセロナ   ボタフォゴ 参加チーム数不明
1963   サンパウロ   レアル・マドリード 参加チーム数不明

カラカス市杯編集

開催年 優勝クラブ
1965   ベンフィカ
1966   バレンシア
1967   アスレティック・ビルバオ
1969   スパルタ・プラハ
1970   ヴィトーリア・セトゥーバル
1975   東ドイツ代表

ヨーロッパ=アメリカ・トーナメント編集

開催年 優勝クラブ
2005   フェイエノールト

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集