ラークシャスブヴァンの戦い

ラークシャスブヴァンの戦いマラーティー語:राक्षसभुवनची लढाई, 英語:Battle of Rakshasbhuvan)は、1763年8月10日インドラークシャスブヴァンにおいて、マラーター王国ニザーム王国との間で行われた戦闘。

ラークシャスブヴァンの戦い
1763年8月10日
場所アウランガーバード近郊ラークシャスブヴアン
結果 マラーター側の勝利
衝突した勢力
Flag of the Maratha Empire.svgマラーター王国 Asafia flag of Hyderabad State.png ニザーム王国
指揮官
Flag of the Maratha Empire.svg マーダヴ・ラーオ
Flag of the Maratha Empire.svg ラグナート・ラーオ
Asafia flag of Hyderabad State.png ニザーム・アリー・ハーン
Asafia flag of Hyderabad State.pngヴィッタル・スンダル  
戦力
不明 不明

戦闘に至る経過編集

1761年1月マラーター同盟軍はアフガン勢力ドゥッラーニー朝パーニーパトの地で敗れ、大打撃を被り、その半年後にマラーター王国宰相バーラージー・バージー・ラーオが死亡した。

その後、王国の宰相位は息子のマーダヴ・ラーオが継承したが、バーラージーの弟ラグナート・ラーオは宰相位を要求したことから、両者の間に対立が発生した。マラーター王国と長年対立してきたデカン地方ニザーム王国はこれに介入し、問題は複雑化した。

同年11月にラグナート・ラーオは降伏したが、マラーター王国とニザーム王国との対立は続き、1763年3月7日にマーダヴ・ラーオはニザーム王国への遠征を行った。軍勢にはラグナート・ラーオをはじめ、ヴィサージー・トリンバクヤシュワント・ラーオ・ヴァブレーなどが付き従った。

一方、ニザーム軍もこれに迎撃する構えを見せ、ヴィッタル・スンダルを主将に、イスマーイール・ハーン・パンニーラグージー・ジャーダヴ・ラーオニンバールカル・カルデーカルを指揮官とする軍隊を派遣した。また、軍勢にはシャルル・ジョゼフ・パティシエ・ド・ビュシーによって率いられたフランス軍もいた。

戦闘とその後の経過編集

8月10日、マラーター軍はニザーム軍はアウランガーバード近郊ラークシャスブヴァンで激突した。なお、ニザーム側にはマラーター側を裏切った部隊の一部が味方していた。この日の戦いはマラーター軍の勝利に終わり、ニザーム軍の主将であるヴィッタル・スンダルが死亡した。

のち、両者はアウランガーバードで講和を締結し、ニザーム王国は講和の条件としてマラーター王国に82ラク(820万ルピー)の歳入を生み出すデカンの地域を割譲した。 講和成立後、マーダヴ・ラーオはプネーに帰還した[1]

なお、このとき割譲された領土は1818年にマラーター王国が第三次マラーター戦争に敗れたのち、イギリスによってニザームへと返還された。

脚注編集

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 
  • ビパン・チャンドラ、栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年。 

関連項目編集