メインメニューを開く

ラージャ・オデヤ2世(Raja Wodeyar II, 1612年5月26日 - 1638年10月8日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1637年 - 1638年)。

ラージャ・オデヤ2世
Raja Wodeyar II
マイソール王
在位 1637年 - 1638年
戴冠 1637年5月14日
別号 ラージャ

出生 1612年5月26日
死去 1638年10月8日
シュリーランガパトナ
王朝 オデヤ朝
父親 ラージャ・オデヤ1世
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1637年5月2日、甥のチャーマ・ラージャ6世が死亡し、叔父のラージャ・オデヤ2世が王位を継承した[1]

1638年10月8日、ラージャ・オデヤ2世は死亡し、従兄弟のナラサー・ラージャ1世が王位を継承した[2]

出典・脚注編集

関連項目編集