ラーマ川(ラーマがわ、ラマ川、ロシア語: Ла́ма, ラテン文字表記: Lama)は、ロシアモスクワ州およびトヴェリ州を流れる河川で、ヴォルガ川の右支流ショーシャ川の支流。長さは139キロメートル、流域面積は2,400平方キロメートル。11月には凍結が始まり、3月末から4月初めにかけて氷が解ける。

ラーマ川
ラーマ川 2006年10月撮影
ラーマ川
延長 139 km
流域面積 2,400 km²
水源の標高 -- m
河口・合流先 ショーシャ川
流域 ロシア
テンプレートを表示

歴史的にラーマ川は、ノヴゴロドからヴォルガ上流を経てモスクワリャザンへ至る内陸水路の一部として重要であった。ヴォルガを下った小舟はショーシャ川からラーマ川へ入り、ラーマ川沿いの町ヴォロコラムスクで舟と荷物を川から揚げて運んで丘を越え、数キロ先のモスクワ川上流で再び船を浮かべた。ヴォロコラムスクは12世紀から交易上重要な町であった。