メインメニューを開く

ラ チッタデッラ(LA CITTADELLA)は、チッタグループが運営する神奈川県川崎市川崎区小川町にある2002年(平成14年)にオープンした複合商業施設である。

ラ チッタデッラ
LA CITTADELLA
メインストリート。手前のアーチを潜って右手がチネチッタ
メインストリート。手前のアーチを潜って右手がチネチッタ
店舗概要
所在地 210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町4-1
開業日 2002年
正式名称 ラ チッタデッラ
施設所有者 株式会社チッタエンタテインメント
(代表:美須孝子)
営業時間 施設により異なる
駐車台数 320台
最寄駅 JR logo (east).svg 川崎駅
京急川崎駅
外部リンク http://lacittadella.co.jp/
LA CITTADELLA
テンプレートを表示

目次

概要編集

12スクリーンの映画館チネチッタと各種店舗を擁するマッジョーレ (MAGGIORE) 、店舗のみが入居するビバーチェ (VIVACE) 、ライブホールのクラブチッタ (CLUB CITTA') 、フットサルコートのアレーナチッタ(Arena CITTA’)などで構成され、ショップ、レストランが多数出店している。ウェディング施設も存在する。

デザインコンセプトはイタリアのヒルタウンをイメージしたものであり、福岡キャナルシティ博多東京汐留のデザインも担当したアメリカJPI社がデザインを担当した[1]

ラ チッタデッラが完成する前は、アスレチッタ、チネチッタ、クラブチッタなどが当地に存在していた。アスレチッタは2002年の改築で閉鎖、それ以外も移転リニューアルが行われた。

改築計画は当初3期を予定していた[2]。第1期がマッジョーレとクラブチッタの建設・移転、第2期がビバーチェの建設、第3期が店舗を有する高層マンションの建設となっており、六本木ヒルズラゾーナ川崎プラザのような商業施設と居住区(レジデンス)が同居又は近隣に併設する大規模な複合施設を計画していた。しかし、2014年現在も第2期までで計画が止まっており第3期は着工されず、アレーナチッタ(Arena CITTA’)として利用されている。

主な施設編集

MAGGIORE編集

VIVACE編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 株式会社カワサキ・ミス” (日本語). 川崎元気企業紹介 (2002年). 2008年5月6日閲覧。
  2. ^ 株式会社カワサキ・ミス” (日本語). 川崎元気企業紹介 (2002年). 2008年5月6日閲覧。