メインメニューを開く

リアスは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が盛岡駅 - 宮古駅間を山田線経由で運行する快速列車の列車名である。

ここではお盆と年末年始に運行される臨時快速列車「ふるさと宮古」についても記載する。

目次

運行概況編集

リアス編集

リアス
運行者   東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
運行区間 盛岡駅 - 宮古駅
経由線区 山田線
使用車両 キハ110系気動車
盛岡車両センター
テンプレートを表示

盛岡駅 - 宮古駅間を約2時間で結ぶ。

  • 上り宮古発盛岡行き列車が1日1本、下り盛岡発宮古行き列車が1日2本の運行である。
  • 区界駅は、2019年3月15日までの間、上下1本ずつ停車する。(翌16日以降は全便通過)

使用車両編集

停車駅編集

盛岡駅 - 上盛岡駅 - 山岸駅 - 上米内駅 - 陸中川井駅 - 茂市駅 - 宮古駅

ふるさと宮古編集

ふるさと宮古
運行者   東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 (臨時)快速列車
運行区間 盛岡駅 - 宮古駅
経由線区 山田線
使用車両 キハ58系気動車ジョイフルトレイン「Kenji」
(盛岡車両センター)
テンプレートを表示

基本的に下り盛岡発宮古行き列車が年末とお盆前半に、上り宮古発盛岡行き列車が年始とお盆後半に、それぞれ1本運行される。

使用車両編集

停車駅編集

盛岡駅 - 陸中川井駅 - 茂市駅 - 宮古駅

山田線速達列車沿革編集

※優等列車の停車駅ははまゆりを参照

  • 1965年昭和40年)3月20日:盛岡駅 - 釜石駅間の準急列車として「リアス」・「五葉」・「そとやま」運転開始。「五葉」・「リアス」は3両、「そとやま」は4両。「五葉」と「そとやま」には1等車が連結されていたが、「リアス」には1等車は連結されなかった。
    • 同年10月1日:「五葉」の1等車連結終了。
  • 1966年(昭和41年)3月5日:「リアス」・「五葉」・「そとやま」急行列車に昇格。
    • 同年10月1日:「そとやま」が3両編成に縮小し、1等車の連結も終了。
  • 1982年(昭和57年)11月15日:「リアス」・「五葉」廃止。「そとやま」快速列車に格下げ。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:盛岡駅 - 宮古駅間の特別快速として「リアス」の名称が復活。「そとやま」は廃止。
    • 1986年(昭和61年)11月1日改正時点での運転時刻
      3642D 盛岡駅11時38分→宮古駅13時48分
      3623D 宮古駅6時54分→盛岡駅8時58分
    • 停車駅:盛岡駅 - 上盛岡駅 - 陸中川井駅 - 茂市駅 - 宮古駅
  • 2004年平成16年)7月17日:盛岡駅 - 青森駅間(山田線・北リアス線・八戸線経由)で臨時快速「キハ58ぐるっと北リアス号」運転。
    • 7月19日:青森駅 - 盛岡駅間(山田線・北リアス線・八戸線経由)で臨時快速「キハ58海の日」運転。
  • 2005年(平成17年)7月:盛岡駅 - 宮古駅間で臨時快速「キハ58海の日」運転。
  • 2011年(平成23年)3月11日:「リアス」東日本大震災により運休。のちに1往復半復活。