メインメニューを開く

リアム・スミスLiam Smith、男性、1988年7月27日 - )は、イギリスプロボクサーリヴァプール出身。元WBO世界スーパーウェルター級王者。兄はプロボクサーのポウル・スミス。トレーナーはジョー・ギャラガー。エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ所属。

リアム・スミス
基本情報
通称 Beefy(がっしりした男)
階級 スーパーウェルター級
身長 176cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1988-07-27) 1988年7月27日(31歳)
出身地 マージーサイド州リヴァプール
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 26
KO勝ち 14
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示


来歴編集

2008年10月10日、リヴァプールのエバートン・パーク・スポーツ・センターでデビュー戦を行い、4回判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2012年12月15日、ロンドンエクセル展覧会センタースティーブ・オメーラとコモンウェルスイギリス連邦スーパーウェルター級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が116-112、118-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年9月21日、リヴァプールのリヴァプール・オリンピアエリック・オチーンBBBofC英国スーパーウェルター級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が117-112、116-113)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年12月7日、リヴァプールのエコー・アリーナ・リヴァプールマーク・トンプソンと対戦し、4回13秒TKO勝ちを収めBBBofC英国王座の初防衛に成功した。

2014年7月26日、マンチェスターフォンズ4uアリーナ・マンチェスタージェイソン・ウェルボーンと対戦し、6回36秒KO勝ちを収めBBBofC英国王座の2度目の防衛に成功した。

2014年10月25日、リヴァプールのリヴァプール・オリンピアでゾルタン・セラWBAコンチネンタルスーパーウェルター級王座決定戦を行い、3回1分53秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年4月18日、リヴァプールのエコー・アリーナ・リヴァプールでデビッド・エゼキエル・ロメロWBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座決定戦を行い、7回1分10秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年10月10日、マンチェスター・アリーナデメトリアス・アンドラーデの王座剥奪に伴いジョン・トンプソンとWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を行い、7回1分44秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2015年12月19日、マンチェスター・アリーナでWBO世界スーパーウェルター級8位のジム・ケリーと対戦し、7回2分35秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[2]

2016年6月4日、リヴァプールのエコー・アリーナ・リヴァプールでWBO世界スーパーウェルター級11位のプレドラック・ラドセビッチと対戦し、2回1分34秒KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[3]

2016年9月17日、テキサス州アーリントンAT&Tスタジアムで元2階級制覇王者サウル・アルバレスと対戦し、プロ初黒星となる9回2分28秒KO負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[4][5]

2017年4月8日、マンチェスター・アリーナでWBO世界スーパーウェルター級2位のリアム・ウィリアムズとWBO世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦を行う予定だったが、前日計量でスミスが規定体重の154ポンドを1.9ポンド超過の155.9ポンドを計測し計量失格となった為[6]、ウィリアムズが勝てば王座を獲得しスミスが勝てば王座は空位となる条件で試合は行われ、ウィリアムズの9回終了時棄権により王座は空位となった[7][8]

2017年11月11日、ニューカッスル・アポン・タインメトロ・ラジオ・アリーナでWBO世界スーパーウェルター級2位のリアム・ウィリアムズとWBO世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、12回2-0(117-111、116-112、114-114)の判定勝ちを収め7ヵ月ぶりの再戦を制し王座への挑戦権獲得に成功した[9][10]

2018年5月12日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート&カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターにてWBO世界スーパーウェルター級王者サダム・アリと対戦する予定だったが、アレルギー性皮膚炎を発症した為欠場となった[11][12][13][14]

2019年1月9日、エディ・ハーンが率いるマッチルーム・スポーツと契約[15]

獲得タイトル編集

  • コモンウェルスイギリス連邦スーパーウェルター級王座
  • BBBofC英国スーパーウェルター級王座
  • WBAコンチネンタルスーパーウェルター級王座
  • WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座
  • WBO世界スーパーウェルター級王座(防衛2)

脚注編集

  1. ^ フラナガン2回TKO勝ち、スミスWBO・SW級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月11日
  2. ^ スミスがケリーをストップ WBO・S・ウェルター級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  3. ^ スミスが圧勝V2、井上尚弥の挑戦者決定戦は中止 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月5日
  4. ^ Canelo dethrones Smith with ninth round KO Fightnews.com 2016年9月18日
  5. ^ カネロ次戦はリアム・スミス、WBO・S・ウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月25日
  6. ^ Flanagan, Petrov, Williams make weight, Beefy nearly 2 lbs heavy Fightnews.com 2017年4月7日
  7. ^ Smith beats Williams on cut, WBO interim 154lb title remains vacant Fightnews.com 2017年4月8日
  8. ^ フラナガンV5、ウィリアムズ棄権でスミス勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月9日
  9. ^ Liam Smith beats Liam Williams again Fightnews.com 2017年11月11日
  10. ^ ジェイコブス再起戦勝利、スミスはWBO・SW級挑戦権 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月12日
  11. ^ "Former junior middleweight titlist Liam Smith withdrew on Friday" ESPN 2018年4月27日
  12. ^ Liam Smith Gutted, Forced To Withdraw From Sadam Ali Fight BoxingScene.com 2018年4月27日
  13. ^ Liam Smith out of Sadam Ali fight BOXINGNEWS 2018年4月27日
  14. ^ メキシコのホープ ムンギア&オカンポ世界挑戦決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月2日
  15. ^ Liam Smith Inks Promotional Pact With Eddie Hearn”. Boxing Scene.com (2019年1月9日). 2019年1月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
デメトリアス・アンドラーデ
WBO世界スーパーウェルター級王者

2015年10月10日 - 2016年9月17日

次王者
サウル・アルバレス